谷津干潟自然観察センター(谷津干潟公園センターゾーン)

お知らせ

2017.12.3

特別展示「薮内正幸原画展~谷津干潟の希少な野鳥とシロハヤブサ」開催

%ef%be%8d%ef%be%97%ef%bd%bc%ef%bd%b7%ef%be%9e
谷津干潟自然観察センターでは3回目の開催となる、薮内正幸さんの原画展。
今回は谷津干潟に飛来した希少な野鳥や薮内さんが憧れていたシロハヤブサなどの作品を展示します。

観察センターちどり屋では観察センターと薮内正幸美術館のコラボ商品を新発売。
日本の野鳥「うみのとり」(福音館)の原画をデザインしたオリジナルノートやマウスパットを販売します。
他にも複製画、Tシャツ、便箋などもとりそろえています!
皆様のご来場お待ちしております。

会場 谷津干潟自然観察センター特別展示コーナー
期間 2017年12月22日(金)~2018年1月30日(火)
※特別展示の観覧は入館料が必要です(入館料:中学生以下無料、高校生以上370円、65歳以上180円)
※休館日:月曜日、年末年始(12/28~1/1)
協力 薮内正幸美術館 ホームページはこちら

<薮内正幸プロフィール>
1940年、大阪生まれ。幼少時代より生き物に興味を抱き、身近な生物の飼育に明け暮れる。
小学生の頃より始まった動物園通い、動物学者との文通を通じ動物の知識を得て、
あわせて独学で動物画を描き始める。
1959年、高校卒業と同時に上京。図鑑画を描くために福音館書店に入社し図鑑や絵本の画を担当。
1965年、「くちばし」で絵本デビュー、「どうぶつのおやこ」(福音館書店)、
「冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間」(岩波書店)など絵本や物語挿絵、広辞苑、世界大百科事典など図鑑挿絵、
記念切手や広告などへ動物画を提供。サントリー愛鳥キャンペーンでは朝日広告賞第2部グランプリ、
第30回サンケイ児童出版文化賞、「日本の恐竜」(福音館書店1989年)で第9回吉村証子記念日本科学読物賞を受賞。
2000年6月、逝去。


詳しくはこちらをご覧ください
薮内正幸原画展2017

ワークショップ開催
「絵を描いてオリジナル缶バッチを作ろう」
動物画家の薮内正幸さんの絵本の印刷をてがける精興社が缶バッチづくりのワークショップを行います。
どなたでも気軽にご参加いただけます。薮内さんのイラスト缶バッチも販売します。
日 時:1月13日(土)・14日(日)10:00~16:00
参加費:500円+入館料
%e7%bc%b6%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e5%86%99%e7%9c%9f

ページの先頭へ戻る