ジュニアレンジャーとよしずグループがヨシ刈りをしました!

今日集まった17名のジュニアレンジャーの半数は鎌初体験。
作業前から淡水池の泥地に足をとられ、泥だらけになるメンバーが続出しましたが・・
気を取り直して、観察センターボランティアのよしずグループから鎌の使い方や運び方などを教わり、
淡水池のヨシを刈り、協力して陸地に運びだしました。

活動後、ジュニアレンジャーからは
「鎌はななめにひくとうまく刈れる」
「レンジャーやボランティアさんみたいに、うまく刈れるようになりたい」
「ヨシが多くて大変だったけどだんだん視界が開けて楽しかった。また来年もやりたい!」
などの感想がありました。

刈ったヨシは約半年間乾燥させ、よしず作り教室やジュニアレンジャープログラムの
ヨシ笛などの材料として活用します。









谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2018.11.24
ページの先頭へ戻る