サルハマシギがやってきた!

昨日に引き続き、本日もサルハマシギが確認されました。
谷津干潟への飛来は2014年5月以来の飛来となりました。
ハマシギによく似ていますが、顔からおなかにかけての赤茶色が特徴的です。
周りにはハマシギ、ダイゼン、トウネン、キョウジョシギ、キアシシギなどのシギ・チドリ類でにぎわっていました。

そんな谷津干潟でシギやチドリをじっくり観察できるイベントがあります。
バードウォッチング初心者の方、シギ・チドリ類をあまり知らない方、
たくさんの種類の鳥を見てみたいという方にオススメです。
谷津干潟自然観察センターのスタッフが収集してきた野鳥飛来データを分析した結果
分かったこと、飛来の傾向などもお伝えします。


「谷津干潟のシギ・チドリ類をさぐろう」
日時:2018年5月12日(土)、13日(日)10:00~12:30
定員:各日20名 ※荒天中止
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
参加費:1人300円+入館料
予約:電話(047-454-8416)または観察センター窓口にて受付中
img_3208
img_3236

自然情報 | 更新日:2018.05.09

チュウシャクシギのねぐら入り

今の時期、渡り鳥のチュウシャクシギが日没時にねぐら入りをします。
満潮時には観察センター前の浜に降り立つこともあります。
この写真は数日前の日没後に前浜で撮ったもので、
チュウシャクシギが街灯りに照らされていました。

自然情報 | 更新日:2018.05.09
ページの先頭へ戻る