鈴木まもる講演会「鳥の巣と絵本のふしぎ~鳥の巣が教えてくれたこと」を行いました!

5月20日に絵本作家で鳥の巣の研究家として活躍されている鈴木まもるさんをお招きし、
絵本作りや鳥の巣の魅力をお話していただきました。

会場に集まったお客さまは100名を超え、イラストを描きながらの笑いの絶えないまもるさんのお話しはライブ感満載!
実物の鳥の巣を見たりさわったりして、子どもも大人も興味津々。
講演後の絵本販売とサイン会も長い列になるほどの人気ぶりでした。

また、当日は地元図書館との連携で図書館スタッフさんによる、
まもるさんの絵本の読みきかせでイベントを盛り上げてくれました。
img_4308a

img_4332a

img_4350a

イベント情報 | 更新日:2018.05.26

カイツブリ、卵を抱く

以前より淡水池で巣作りをしていたカイツブリの夫婦がいましたが、本日とうとう卵を確認しました。
親鳥が巣の上で卵を抱く姿も確認しています。
元気なヒナ鳥が無事に産まれてきますように!

写真は観察センターの中から撮影しました。
観察の際はカイツブリを驚かさないように、ご配慮をお願いします。
img_3566
img_3626

自然情報 | 更新日:2018.05.25

谷津干潟オリジナルストラップが出来ました!

観察センターのスタッフが描いた、谷津干潟で子育てをした野鳥の親子の
イラストをもとに、市内の社会福祉法人〝花の実園〟さんに
ストラップを作っていただきました。
観察センタースタッフも納得のかわいらしいデザインに仕上がっています。
双眼鏡、望遠鏡、カバン。どこに付けてもグッド!!

種類はカイツブリ、カルガモ、セイタカシギの3種。各300円。
観察センターの売店ちどり屋のみで販売しております!
数に限りがあるのでお早めに。

sutorappu3 seitakasigist kaituburist img_0771

売店「ちどり屋」 | 更新日:2018.05.24

谷津干潟の夕焼けとチュウシャクシギ

先日5月19日(土)の夕方。
満ちてきた潮に夕陽が反射し、とてもきれいでした。
チュウシャクシギも100羽以上集まっていたようです。
空が金色から紫色に変化していく様子がとても幻想的でした。


img_1651

img_1703

img_1678

img_1726

img_1780

img_1786

自然情報 | 更新日:2018.05.23

ヘビーな2匹のヘビ

今日は通称ふにふに池にアオダイショウ2匹が泳いでいました。一方は細めの2メートル、もう一方は太めの2.5メートルくらい。両者は泳ぎながら互いの存在を確認していたようですが左右に分かれて離れてしましました。
心の中で、ヘビー級のバトルが見られるとちょっと期待してしまいました。
(写真は2.5m級のアオダイショウです。)

dscn1871-s

dscn1863-s

自然情報 | 更新日:2018.05.19

ヒナをひろわないで!!

「ひろっているではないか!」とお思いになるでしょう。事情は以下のとおりです。

先日、「鳥のヒナが動けないのでなんとかしてほしい」との連絡が観察センターの窓口にあり、現場に向かうと、干潟の遊歩道の植栽と住宅地の間の道路に3名ほどの人が立っていました。

その人たちの視線の先を見ると、道路脇の排水溝のフタの上に大人の親指ほどしかない小さな鳥がうずくまっています。フタの穴に落ちないよう両手で包み込むと、おとなしく収まってくれました。まだ人を知らず警戒心のない巣立ちヒナでした。ケガはありません。
周囲を見ると、すぐ真上の木に親鳥のエナガがいたので、これはすぐに親の元に返せば大丈夫、とわかりました。

一度、低木の枝に乗せたのですが、ふわっと道路側に舞降りてしまいました。もう一度ひろって道路と反対側のしっかりした枝に載せると乗ってくれました。

そこで、周囲にいた人たちに「ここで見ていると、親鳥が近づけないので、干渉しないように離れましょう」と声をかけ、協力してもらいました。

その後どうなったかわかりませんが、無事だといいなあ。

皆さんも、もしヒナを見かけたら、親鳥が近くにいることもあるので、まずはそっと様子を見ましょうね。


img_1452-1

img_1453

img_1451

自然情報 | 更新日:2018.05.18

カワウの羽品評会

観察センター前浜でカワウが集まり、日向ぼっこをしていました。
胸が白い若いカワウから真っ黒い体の大人のカワウまで10羽ほどが集まっていました。

羽を広げてバサバサと振る姿はまるで、自分の羽を自慢して羽の品評会をしているようでした。


img_3495
img_3500
img_3513

自然情報 | 更新日:2018.05.17

谷津干潟でスナメリ

5月7日、谷津干潟でイルカの仲間のスナメリが見つかりました。
大きさ1.9メートルのメスで、残念ながらすでに死んでしまっていたため、翌日8日に引き揚げられました。
今後は千葉県立中央博物館で詳しく調べ、標本展示や研究で役立てていくそうです。

スナメリは千葉県のレッドデータブックで絶滅危惧種とされています。
観察センターでも初めての確認で、驚きのニュースでした。
sunameri

自然情報 | 更新日:2018.05.16

ハマヒルガオとチュウシャクシギ

この時期、観察センター前浜を彩るハマヒルガオの花。
午後から満ちてきてチュウシャクシギのお休み処になりました。
爽やかなこの写真は常連のお客さまから提供いただきました。
%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%83%92%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%82%aa%e3%81%a8%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%ae-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

自然情報 | 更新日:2018.05.15

雨降る夕方に突然現れたクイナ

観察センターの閉館する間際、ヨシ原の中からひょっこり現れたクイナ。口ばしが赤く、羽の模様もくっきりして綺麗でした。クイナは冬に見られますが、初夏の5月に確認したのはとても珍しです。
(写真はジュニアレンジャーの中学生から提供いただきました)

img_2641-s

自然情報 | 更新日:2018.05.13
ページの先頭へ戻る