今日も出た!アカちゃん、キリちゃん(^O^)/

本日も午後、潮が上がって来て現れました。
キリアイはトウネンの群れに混じって観察センターの前に、アカアシシギは津田沼高校側の杭の列に現れました。

キリアイは先日からお知らせしている通り、脚を負傷しているようで、片脚を引きずって歩いています。この先が心配になります。


img_5988


img_6001

自然情報 | 更新日:2017.09.16

868匹のカニカニカーニバル⁉︎

昨日の夕方、観察センター前の通称「フニフニ池」の周囲にクロベンケイガニの大群が集まって来ました。数えてみると、なんと868匹!
一体、何が始まるの?と思うほど不思議な光景でした。
見た感じでは、ハサミが立派なオスが多く、甲羅の幅が2センチほどの小さなサイズのカニは目立ちませんでした。


img_5944


img_5945



自然情報 | 更新日:2017.09.15

は〜るばる来たぜ、谷津干潟ァ〜♪

オナガガモの群れが14羽。ハシビロガモと一緒にいました。
昨年は9月11日がオナガガモの初認でした。

冬の鳥が渡って来ると、秋を感じますね。


img_5962

自然情報 | 更新日:2017.09.15

トウネン・キリアイ・アカアシシギ

午前中にだんだんと潮が満ちはじめると、観察センターの前のヨシ原の端からアカアシシギがひょっこり姿を見せました。
しばらくはヨシの茂みに隠れるようにいて、なかなか開けたところに来てくれませんでした。
そして、たくさんのトウネンがアカアシシギの周りに集まってきました。その数ざっと34羽。そしてその中にキリアイ1羽。このキリアイはちょっと足を負傷しているようです。
現在16時半過ぎ。今もこの3種は前の浜にいらっしゃいます!
明日も来てくれますように・・・。

img_5942s

img_5906s

img_5251_s

自然情報 | 更新日:2017.09.14

東京湾シギ・チドリ一斉カウント調査に参加しました!

この調査は東京湾各湿地で一斉にシギ・チドリ類を数えるものです。
カウント結果をもとにNPO法人バードリサーチがとりまとめています。
9月10日の調査日、湿地交流で訪れていたブリスベンの皆さんと集まったボランティアや
一般参加の皆さん総勢15名が集まり、にぎやかな雰囲気の中で谷津干潟に飛来したシギ・チドリを数えました。

調査に参加したブリスベンの方からは
「オーストラリアに比べると谷津干潟は鳥との距離が近くて観察しやすくていいですね!」
「谷津干潟の皆さんがシギ・チドリを大切にしていることがわかった」などの感想がありました。

オーストラリアのクイーンズランド州では200か所の調査地点があり、
東京湾の調査のように同時刻にカウントし、主に満潮時に行っていることなど
調査についての情報交換をし、交流を深めました。
%e9%87%8e%e9%b3%a5%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%880910%e2%91%a0

%e9%87%8e%e9%b3%a5%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%880910%e2%91%a1

%e9%87%8e%e9%b3%a5%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%880910%e2%91%a2

%e9%87%8e%e9%b3%a5%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%880910%e2%91%a3

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.13

アカアシシギ参上!

今日の朝、東側の観察デッキからアカアシシギが見られました。
しばらく寝ていましたが、起きると伸びをするように羽を伸ばして、歩きはじめました。
アカアシシギの確認は2016年の12月以来です。
%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b7%e3%82%ae%ef%bc%91hp

%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b7%e3%82%ae%ef%bc%92hp

自然情報 | 更新日:2017.09.13

谷津干潟を愛するキアシシギ「C6」

2011年9月5日に谷津干潟で標識フラッグをつけられ、キアシシギ「J2」※と同じく毎年、秋の渡りで7〜9月に谷津干潟に滞在しています。
今年は8月13日に確認されていますので、明日でちょうど1ヶ月滞在したことになります。
標識をつけて今年で6年目。片道1万キロとすると、繁殖地から越冬地まで12万キロの旅を続けていることになるのでしょうか。

いつまでも元気な姿を見せてほしいものです。

※青いフラッグには、アルファベットや数字を組み合わせた刻印があり、望遠鏡で読み取ることができます。


img_5786

自然情報 | 更新日:2017.09.12

ブリスベン×谷津干潟ジュニアレンジャー交流しました!

ブリスベンのお客様との交流を楽しみにしていたジュニアレンジャーたち。
今日はグループ対抗のゲームはおなじみのプログラムにアレンジを加えたもので、
元ジュニアレンジャーの高校生やボランティア、学生インターンがサポートに入ってくれました。

ゲーム中はダンゴムシを一緒に探したり、紙飛行機をいっせいに飛ばして歓声をあげたり、
時には鳥の解説をしあったりする様子も見られました。
「この鳥はオーストラリアにいるの?」「英語でなんて言うの?」「カモーン!!」
など知っている英語をたどたどしく喋りながらコミュニケーションをとっていました。

最後に子ども達からは「コアラが家の庭に来る話を聞いてすごいと思った!」や、
「オーストラリアの鳥の話を聞けて良かった」などの感想があり、
谷津干潟とつながりのあるブリスベンの人たちとの交流を楽しんだようでした。
また、ブリスベンの方からは
「グループの子たちが親切に色々教えてくれてよかった」
「みんなパワフルで元気でいいですね」といった感想があり、
谷津干潟ジュニアレンジャーの様子を直に感じていただけたようです。

活動終了後、ブリスベン市の職員から
レンジャーにジュニアレンジャーのシステムやプログラムの詳細についての
質問がたくさんありました。
今後もお互いの子ども向けのプログラムの発展のために情報交換を続けていきたいと思います。
img_4999
img_4966
img_4985
img_1671
img_5007

谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2017.09.10

水色男子!

現在、観察センターで開催中の「箕輪義隆作品展」。
繊細なタッチの野鳥の絵がメジロ押し!
今日も箕輪さん自らご案内くださいました。
谷津干潟ジュニアレンジャーに囲まれて、まるで親子のようでした。

展示は、9月15日(金)16時までです。
まだご覧になってない方はぜひ。ラッキーな方は作者の箕輪さんに会えるかも!


img_0082

谷津干潟ブログ | 更新日:2017.09.10

ブリスベン×谷津干潟湿地交流やってます!

本日と明日9日に、オーストラリアブリスベン市から3名の方が谷津干潟自然観察センターにいらっしゃいます。
本日の午前中は、センターのボランティアと共に、ヨシ原の中をかき分けてオオヨシキリの巣を探しました。
暑い中での作業でしたが、みなさん見つけた巣を掲げて笑顔で写真撮影をしてくれました。
午後からはブリスベンの方とセンタースタッフとでお互いのフィールドについて発表しあい、それぞれの湿地の現状を伝え合うことができました。

明日は谷津干潟ジュニアレンジャーとの交流や、谷津干潟での鳥のカウントを行います。
今回の交流を通じてブリスベン市と習志野市の絆がより深まるといいですね!

img_4944
img_4949
img_5740

観察センターからのお知らせ | 更新日:2017.09.09
ページの先頭へ戻る