淡水池に降りたヨシゴイ

先週から何度か目撃情報があったヨシゴイ。
14時過ぎ、淡水池に飛んできたとボランティアから報告を受け、ようやく観察できました!
ヨシゴイは首を伸ばしてガマの草に隠れるようにとまっていました。

自然情報 | 更新日:2019.06.20

カルガモ親子の子育て

今朝、2組のカルガモの親子が同時に観察されました。
1組目は5羽のヒナがいる家族で、ヒナはまだ小さく、母ガモにくっつくようにして前浜で休憩していました。
2組目はヒナが4羽おり、カフェから見える淡水の池で採食していました。
こちらのヒナは大分成長し、母ガモから離れた場所へ泳ぐこともありました。

大きくなるにつれ、子ガモの行動範囲が広がっていきますが、
どちらの母ガモも子ガモの動きに気を配り、周りを警戒しているようでした。

自然情報 | 更新日:2019.06.06

カナヘビ、お出まし!

観察センター前広場で見つけたカナヘビ。
カメラを向けるとピタッと止まりましたが、しばらくすると地面をすべるような速さで草むらの中に入っていきました。

自然情報 | 更新日:2019.06.05

今シーズン初のカルガモ親子

昨日、5羽のヒナのカルガモ親子が観察センター前の通称“ふにふに池”に現れました。
引っ越しの初日だったのでしょうか。親ガモは首を長くし、とても警戒している様子でした。

自然情報 | 更新日:2019.05.31

カイツブリにヒナが産まれました!

カフェから見える淡水の池にカイツブリがヒナを連れている様子が確認されました。
24日に初めて確認されたのですが、本日は3羽のヒナが池で泳いでいました。

親が子をおんぶして泳ぐ姿で知られるカイツブリですが、これから見られるでしょうか。

写真はジュニアレンジャーが撮影したものです。

自然情報 | 更新日:2019.05.26

鳥たちも暑いっ!

谷津干潟公園の気温は30℃まで上がり真夏日ような天気。
干潟ではカワウやハシブトガラスが口をあけて暑そうでした。
カワウの写真は常連の小学生が提供してくれました。

自然情報 | 更新日:2019.05.25

アカエリヒレアシシギがやってきた!

朝から大雨の谷津干潟。
15時過ぎ、約40羽のアカエリヒレアシシギの群れを確認しました。
渡りの途中で暴風雨にあい、谷津干潟に避難に来たのでしょうか。
干潟ではくるくると動き回り、針のような細長いくちばしで地面をつついて採食する様子も見られました。



自然情報 | 更新日:2019.05.21

コチドリの水あび

観察センターの前浜でコチドリが水浴びをする姿が見られました。
キョロキョロあたりを見回しつつも、水浴びする様子はとても気持よさそうです。
コチドリが水の中で体をばたつかせるたびに、周りに波紋が綺麗にできあがっていました。

自然情報 | 更新日:2019.05.19

谷津干潟に流れてくるプラスチックゴミ

東京湾と繋がる水路沿いを歩いていると、目に入ってくるのがプカプカと漂っているプラスチックゴミ。
今朝は、わずか400mの距離を歩く間にレジ袋3袋にペットボトル2本、弁当のパック、おしぼりの袋、発泡スチロールなどが満潮に乗って運ばれてきました。
レジ袋は私達の生活にとって欠かせない便利道具になっていますが、「もらわない」、「使わない」、「使用後は何度も再利用する」ことが大事と、流れてくるゴミを見ながら痛切に感じました。

観察センターの売店「ちどり屋」では、4月からレジ袋を有料(10円)にし、レジ袋の代わりに新聞紙で作るエコ袋を作って買い物を持ち帰ることをお奨めしています。
小さな試みですが、一人一人が環境や生きもの、未来の子どたちに対してできることをやっていきたいと思います。







観察センターからのお知らせ | 更新日:2019.05.11

チュウシャクシギのねぐら入り情報&観察会受付中!

5月8日18時30分過ぎ、今シーズン最大172羽のチュウシャクシギがねぐら入りしました!
日中も10数羽が干潟に残って休んだり採食しています。

11・12日の観察会ではチュウシャクシギのねぐら入り観察と飛来数を数えます。
一番近い数を予想した方にチュウシャクシギのグッズプレゼント!

イベント「谷津干潟の夕日とチュウシャクシギのねぐら入りを見よう」は受付中です。
●日 時 5月11日(土)、12日(日)各日17:00~18:30 ※各日雨天決行
●定 員 各日40人
●対 象 小学生以上(小学生は保護者同伴)
●参加費 1人1,000円(税込)(お茶菓子付き)
●申込み 事前申込制・受付中 電話047(454)8416


自然情報 | 更新日:2019.05.09
ページの先頭へ戻る