続報です。”秋の渡り”2番手はキアシシギ!

本日の午後、メダイチドリに続きキアシシギもやって来ました!
2年連続、7月10日午後の飛来です。
なんと規則正しい渡り鳥なのでしょうか。
シギチドリ類の生態ははかりしれませんね。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.10

アイス、はじめました!

谷津干潟も10日ぶりの晴れ間が広がり、汗ばむ陽気です。

暑い夏はCafé Oasisで冷たいデザートを食べながら、
水辺の自然を楽しみませんか?
カフェの窓辺で、コシアキトンボを今シーズン初めて観察しました。
羽がとてもきれいで、羽化したてのようでした。




観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.10

”秋の渡り”1番乗りはメダイチドリ!

シベリアなどの北国で子育てを終えたシギ・チドリが
越冬地を目指して移動する「秋の渡り」シーズンが到来しました。

メダイチドリは2年連続、1番乗り。
しかも昨年と同じ7月10日に飛来したので驚きです。
次はどんなシギ・チドリが渡って来るのか楽しみです。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.10

大きいかに~?!

今朝、センター周辺で見つけたクロベンケイガニは、
甲羅のはば約4センチのビックサイズ。
スタッフのスマートフォン(長さ約12センチ)と同じくらいの大きさでした。
大きなはさみで持ち上げてしまいそうなほどです。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.10

今朝の”収穫”第2弾!

カニカニカニカニ・・・。
7月2日にカニの館内侵入のお知らせをお伝えした後、カニの侵入口のひとつである玄関ドアの隙間を埋めたところ
前回の70匹に比べ本日は50匹でした。
隙間が狭くなった分、小さいサイズのカニ達が入ってきてしまったようです。
朝からスタッフは観察フロアやトイレ、事務所などを横歩きでうろうろするカニ達の捕獲に追われました。
まだ”隙”があるようです・・・。



観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.07

この夏は干潟の貝で風鈴づくり!

館内プログラム「季節のあ~と」は小さなお子さまから気軽に楽しめる工作イベント。
7月のテーマは「すずやか♪貝がら風りん」です。
貝がらにひもやビーズを通したり、短冊に好きな絵を描いて完成!
ちなみに貝がらは谷津干潟のマガキやホンビノスガイ、オオノガイなどをつかっています。
優しい音色の貝がら風鈴で涼しく過ごしてみませんか。

●7月の季節のあ~と「すずやか♪貝がら風りん」
 開催日:土・日・祝日14時30分~15時10分
 受 付:開始5分前
 定 員:20名 
 参加費:無料(入館料が必要)



観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.05

公園のそっくりさん?

午前中の強い雨が止んだあと、
倉庫の壁を数匹のカタツムリが歩いていました。
その中の一匹をよく見ると、複雑な色合いとうずまき模様がなんとも美しく、干潟の巻貝「キサゴ」に似ているなぁと思いました。

カタツムリは陸上の貝であることを改めて感じた出来事でした。



キサゴの貝殻


観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.03

カラスの雨やどり

センター周辺の木の下で雨やどりしていたハシボソガラス。
看板にとまって濡れた羽を休ませ、雨の様子を伺っているように見えました。

観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.07.01

ボランティア入門講座 第2回「干潟の生きもの観察」を行いました!

午前中は五感を使った干潟の生きもの観察。
初めて谷津干潟に入る方が多く、干潟の泥の感触や歩き心地に若干戸惑いながらも、
泥の感触を懐かしがったり、アオサや巻貝・二枚貝の量の多さに驚いていました。
午後は、プランクトンネットを使ってプランクトンを採取しました。
少し赤潮気味だったのか、大量のプランクトンを顕微鏡で見て、
「おもしろい!あきない!」と声あげる受講生。
二枚貝の浄化実験などを通じて、干潟の生きものの働きや生きもののつながりを学びました。

1日の活動のふりかえって、
「生きものや浄化の働きはテレビで見たことがあったけど、本物に触れ、五感で感じることができた」
「プランクトンはとっても小さくて動きが早い。満ち潮の流れの強さを感じた」
との感想がありました。
次回のテーマは「バードウォッチング入門」
渡り鳥との出会いに期待をふくらませています。








観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.06.27

雨の日にきらめく

雨上がりの朝、クサグモの棚網に丸い雨粒がくっついて、きらきら輝いていました。
雨の日のならではの自然の芸術作品です。





観察センターからのお知らせ | 更新日:2015.06.27
ページの先頭へ戻る