ムナグロ8人衆、現る!

午後1時ごろ、潮が満ち始めた干潟に旅鳥のムナグロ8羽が現れました。
よく似ている常連のダイゼンも数羽いたので見分けるのが難しいのですが、英名で“Golden Plover”と言う通り、金色に光ってました。
(写真では、ハマシギも一緒に写っています)


img_6446-1

自然情報 | 更新日:2017.10.04

トビハゼ調査しました

本日谷津干潟にてトビハゼの調査を実施しました。
東京湾で数が減りつつあるトビハゼ。谷津干潟でもその姿を見かけることは少なくなっています。
トビハゼはいるかなぁと期待半分で泥の上を探していたら…、泥の上をキラリとしたものが。

「トビハゼいた!」

歓喜の声と共に、ぴょんぴょん跳ねる魚の姿が。まさしくトビハゼ!
1匹目が見つかると、他にもあちらこちらにトビハゼの姿が確認できました。
前回の調査では1匹も見つからなかったので、今回の出会いは喜びもひとしおです。

魚でありながら水の中にいるよりも泥場を好む性質で、巣穴を掘って生活をします。
カエルみたいな顔がみょうに愛らしいです。

これからも谷津干潟でたくましく生きてくれるといいな。
2
3

自然情報 | 更新日:2017.10.04
ページの先頭へ戻る