ブリスベン×谷津干潟ジュニアレンジャー交流しました!

ブリスベンのお客様との交流を楽しみにしていたジュニアレンジャーたち。
今日はグループ対抗のゲームはおなじみのプログラムにアレンジを加えたもので、
元ジュニアレンジャーの高校生やボランティア、学生インターンがサポートに入ってくれました。

ゲーム中はダンゴムシを一緒に探したり、紙飛行機をいっせいに飛ばして歓声をあげたり、
時には鳥の解説をしあったりする様子も見られました。
「この鳥はオーストラリアにいるの?」「英語でなんて言うの?」「カモーン!!」
など知っている英語をたどたどしく喋りながらコミュニケーションをとっていました。

最後に子ども達からは「コアラが家の庭に来る話を聞いてすごいと思った!」や、
「オーストラリアの鳥の話を聞けて良かった」などの感想があり、
谷津干潟とつながりのあるブリスベンの人たちとの交流を楽しんだようでした。
また、ブリスベンの方からは
「グループの子たちが親切に色々教えてくれてよかった」
「みんなパワフルで元気でいいですね」といった感想があり、
谷津干潟ジュニアレンジャーの様子を直に感じていただけたようです。

活動終了後、ブリスベン市の職員から
レンジャーにジュニアレンジャーのシステムやプログラムの詳細についての
質問がたくさんありました。
今後もお互いの子ども向けのプログラムの発展のために情報交換を続けていきたいと思います。
img_4999
img_4966
img_4985
img_1671
img_5007

谷津干潟ジュニアレンジャー | 更新日:2017.09.10

水色男子!

現在、観察センターで開催中の「箕輪義隆作品展」。
繊細なタッチの野鳥の絵がメジロ押し!
今日も箕輪さん自らご案内くださいました。
谷津干潟ジュニアレンジャーに囲まれて、まるで親子のようでした。

展示は、9月15日(金)16時までです。
まだご覧になってない方はぜひ。ラッキーな方は作者の箕輪さんに会えるかも!


img_0082

谷津干潟ブログ | 更新日:2017.09.10
ページの先頭へ戻る