先輩社員の一日

『地域の人々と関わりを深め、一緒に公園を作りあげていきたいです。』【新卒採用】吉田有希(管理運営事業部京葉地区幕張海浜公園):愛媛大学農学部卒業。2007年3月に西武造園に入社し、新人研修と事務所勤務を経て、幕張海浜公園の管理業務担当に。主にイベントの企画運営やボランティア活動、県民協働などのサポートを担当している。

8:20 出勤

担当の幕張海浜公園管理事務所に出勤。

8:30 朝礼

所長以下、スタッフとその日のイベントや業務内容を確認。終了後、簡単に事務所の清掃。

9:00 事務所でイベントの企画

県に提案した年間計画を元に、次のイベントの詳細内容を企画。新緑や紅葉など公園の季節感を大切にし、幕張海浜公園なら公園内に茶室があるので茶道教室をするなど、公園の特性をいかしたイベントができるよう心がけている。ハンドクラフトのイベントなどでは必要に応じて講師を依頼することも。

11:00 園内でイベントの準備

リーフ制作のイベントに向けて、材料の準備。園内を巡回しながら、小枝や木の実、松ぼっくりなど必要なものを拾い集める。

12:30 ランチ

事務所でスタッフと一緒にお弁当。

13:30 打ち合わせ

所長、副所長と共にイベント内容の相談、確認。

14:15 アンケート調査

所長と公園内に立ち、利用者にアンケート用紙を配布してニーズの調査。利用者意識の吸い上げを強化することが、よりよい公園作りには不可欠。

15:30 イベントのセッティング

翌日に行われるイベントのセッティング。この日は、木片に樹の名前を書き、子どもたちがデコレーションをする樹名板作りの準備。他のスタッフにも手伝ってもらいながら、公園内で集めた端材を切り、やすりをかけてニスを塗っておく。

17:00 事務作業

デスクに戻り、その日の仕事の整理。経理書類の入力、回収したアンケート用紙の整理など、内容はその日によってさまざま。イベントでの子どもたちの写真を整理して、掲示板に掲示するためのレポートにまとめることも。

18:00 退社

翌日の準備をして退社。

入社を希望する方へのアドバイス:若くても責任のある仕事を任される、チャンスのある職場だと思います。相談できる上司はいても、基本的には自分の裁量。その分、自分で考えなければいい仕事はできません。自分のがんばり次第で良くも悪くもなるということを、やる気につなげてほしいですね。公園管理の仕事は、利用者の声を直接聞けるのが魅力。イベントを企画して、利用者に「楽しかったよ」と喜んでもらえると、心からうれしくなりますよ。

ページの先頭へ戻る
技術紹介

社会の変化とニーズに対応した新しい技術や技法など、技術開発の情報がご覧いただけます。

採用情報

新卒・中途の募集情報、人事担当・先輩社員からのメッセージなどがご覧いただけます。

ビジネスパートナーの皆様へ

当社の安全書類・請求書などの書式が、ダウンロードできますのでご活用ください。