先輩社員の紹介

『公園は自分の原点。経理の仕事を通してモノづくりを体感しています。』【新卒採用】釜沢通(経理部経理課):立教大学経済学部経済政策学科卒業。2013年3月に新卒入社。子どもの頃からの公園好きと、大学で学んだ簿記のスキルを活かし経理部で公園作りのバックアップを務めている。

西武造園に入社した理由は?

小さい頃から、公園で遊ぶことが大好きでした。公園で友だちと始めたサッカーが楽しくて、今でも会社の人たちとチームを作ってプレイしていますし、大学で陶芸サークルに入ったのも、子どもの頃に公園で泥団子作りに夢中になったことがきっかけでした。学生時代も、授業の後によく近くの公園に行き、芝生に寝転がって風や季節を感じていたものです。そうするうちに、こんなに穏やかな気持ちにさせてくれる公園を、作る側になったらどんな感じだろう、と思うようになりました。それから公園により興味を持つようになり、大学でも経済学部で簿記を学びつつ、ゼミでは公園作りについて学びました。西武造園に入社したのは、公園作りに関わりたいという自分の夢を実現するためでした。

職場での仕事風景

現在の業務内容は?

経理部で入金業務を担当しています。まず、契約書が届き、一部のお金が支払われ、工事が完成してお客様からのOKが出ると、残りの支払いがあって、完了となります。支払われた金額から業者に支払いをし、その後に、お客様から西武造園にメンテナンスもしてほしいという依頼が来ることもあります。実際にモノづくりの現場に立ち会っているわけではないですが、経理の仕事を通して公園が作られ、維持されているという全体の流れを肌で感じることができますし、支払われたということは、お客様が満足してくださったんだろうと考えることができます。経理のスキルを磨きながら、公園作りの一端を担っていると実感しています。

仕事のやりがいや苦労するところは?

公園作りのバックアップができるというのは、自分にとって大きなやりがいです。でも、入金という大切な業務を任されているので、決して間違いがあってはいけません。最初のうちは、それが重いプレッシャーになっていました。フォローしてくださったのは、同じ部署の先輩方です。頼りになる方ばかりで、仕事がうまくいっているときも、いっていないときも、同じように声をかけてくださって、さりげなく助けてくださいます。自分もあんな風になりたい、負けたくない、と思える先輩がいることが、日々のやる気につながっているような気がします。経理部以外でも、西武造園ではモチベーションの高い、さまざまな経歴を持ったスタッフが活躍しているので、刺激になっています。

入社を希望する方へのアドバイス:ただ目の前の業務をこなすだけでなく、会社の動きを知り、いろんなことを経験すると、仕事に取り組む姿勢が変わってくると思います。経理という専門性を伸ばせるのはもちろん、人間的にも成長させてくれる職場です。

ページの先頭へ戻る
技術紹介

社会の変化とニーズに対応した新しい技術や技法など、技術開発の情報がご覧いただけます。

採用情報

新卒・中途の募集情報、人事担当・先輩社員からのメッセージなどがご覧いただけます。

ビジネスパートナーの皆様へ

当社の安全書類・請求書などの書式が、ダウンロードできますのでご活用ください。