第9回 こどもイラストコンクール結果発表!

第9回こどもイラストコンクール結果発表!!

今年は72点の可愛らしい作品が集まりました。
子どもたちが一生懸命描いた、「フラワーガーデンの花・風景・思い出」の数々に、
投票してくださった来園者の皆さまのコメントにも力が入ります。
どの作品も、世界で1つだけの思い出のイラスト。
賞を決めるのは心苦しいですが、皆さまの投じた307票をもとに、5つの作品を選びました!

まずは、グランプリ!!
田中 七穂さん 12歳 「人生初のブラック・キャット」


「すばらしい観察力の作品ですね!」「リアルで上手!」
「色合い、バランス、GOOD!細かい所までよく描けています」
「作品を見た後に温室に入ってブラックキャットを見たら、作品と全く同じ光景ですごいと思いました。」
「線や色がデザイン的で美しい!暗い色合いの花を、明るい背景や葉の配色とのコントラストで魅せるセンス!」
など、

圧倒的な観察力と技術、そしてセンスが光るパーフェクトな作品が
投票者の皆さまの印象に残り、見事グランプリに選ばれました。

素晴らしい作品、本当にありがとうございます!



つづきまして、準グランプリ!
山中 千優さん 11歳 「咲いているよ、色とりどりの花」

「お花を見ている姿が良いなと思いました」
「画面いっぱい咲きほこる温室の花々がすてき」
「ヒスイカズラ、ハイビスカス、ヘリコニアなど1つ1つの花がていねいに描かれていて、すぐに何のお花かわかるのがすごい!」
「線がくっきり、すっきりしていて、画面いっぱいの花が賑やかな作品ですね」など、

1つ1つ丁寧にえがいた南国の花が画面いっぱいに広がる、
カラフルで華やかな作品に票が集まりました。
準グランプリおめでとうございます!


そして、園長賞3作品をご紹介します!

園長賞
 濱田 にいなさん 9歳 「色は青色 味はマンゴー?!さい高の夏休み!」

「とてもおいしそう!」「コットンキャンディーの宣伝効果あり!!」
「わたあめのグラデーションが繊細できれい」
「受付カウンターの温室のお花の掲示までしっかり描いてあってスゴイ!」
「タイトルが本当に楽しそうですてき!」など、

フラワーガーデンで夏休みを思いきり楽しむ姿が伝わってくるような、
見ているこちらまで楽しくなる作品です。
にいなさん、おめでとうございます!


園長賞
ヴァルガ堀 兼大さん 6歳 「うめ」

「初夏の梅園のさわやかな雰囲気が伝わります!」
「梅の実をえらんだところがしぶい」「梅の葉や枝の間からのぞく太陽が良い」
「ほんのり赤く日焼けした梅の実がかわいい」など、

梅の実をモチーフに選んだ着眼点のすばらしさと、
初夏の梅園のさわやかな空気が伝わる作品です。
兼大さん、おめでとうございます!

園長賞
 秋山 瑞稀さん 8歳 「私のすきなバラ ピースとプリンセス ドゥ モナコ」
「色づかいがすてき」「本物のバラみたいとても可愛くて、きれいです」
「遠目からでも目を引く美しさでした!」「かわいい!!」
「大小のバラを散りばめて、絵に奥行きがあってすてき」
「バラの品種の特徴をしっかり捉えていて、とても良く描けています」など、

毎年バラの花をえがいた作品は多く寄せられますが、
バラの品種を決めて、しっかりと観察して描かれた作品は初でした!
瑞稀さん、おめでとうございます!



入選する作品を見ていると、以下のような絵が選ばれています!!

・フラワーガーデンでしか描けない絵
・その子ならではの、創造的な絵
・想いや感動が伝わり、ストーリーがある
・背景まで色鮮やか など

ぜひ参考にして、来年も挑戦してくださいね(*^^*)

8月25日(日)は表彰式が開催されました!!

表彰台に立つ子どもたちの表情は、嬉しさ半分、緊張半分。

まずは田代園長より表彰状・記念品の授与。

インタビューにも上手に答えてくれました。

最後はみんなで記念撮影!


参加賞の「思い出のバッチ作り」は29日(木)まで参加できます。
世界で1つだけの絵で、オリジナルのバッチを作れます♪♪

応募してくれた皆さま、投票してくれた皆さま、どうもありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします!

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.08.23

2019年6月23日(日)最後の実習日…

こんにちは!
実習生の和田です!


今日も雨ですね…外には出れない日が続きますね…こんな日はトロピカルドーム内の展示をゆっくりみるのは、いかがですか?
トロピカルドームでは、いま「ヘリコニア・ロストラータ」がたくさん咲いています!


またホワイト・キャットの異名を持つ「タッカ・インテグリフォリア」も1年8か月ぶりに咲いています^^


上を見上げると世界三大花木の「カエンボク」も咲いています!高い位置にあるので、探してみてくださいね~


ここから先は、カエルのお話です!苦手な方はご注意を!
さて、今日で実習は最後なので、自分が好きな「ツチガエル」のみ前回紹介したより詳しくお話したいと思います~


いるのは、トロピカルドーム内「ヘリコニア・ロストラータ」周辺の水辺です!
洞窟に入ってすぐの穴から覗くと、右下の方にいる確率が高いです!


さっそく発見しました^^あいかわらずかわいいですね~


さあ、詳しく形態や生態を見ていきましょう!

「ツチガエル」の学名は、Glandirana rugosa で、アカガエル科ツチガエル属のカエルです!
別名イボガエルと言われ、背中に、イボイボがたくさんあるから、そう呼ばれています!
アカガエル科の仲間は、足や手に吸盤を持たないため、ジャンプ力が凄いカエルが多いです!
実際に見てみると、良い筋肉をしていますね~自分もこのくらいほしいです…


足を見たので、手を見てみましょう~
人間でいうところの親指あたり、少しふくらんでますよね!抱きダコといいます!

これは、カエルのオスのみに出る特徴で、オスは繁殖期にメスに抱きついて、繁殖を行いますが、
オスがメスを離さないようにするため、この抱きダコが役に立ってくれるわけです!

次にカエルってどこから、音を聞いているのか見てみましょう!
目の横に円状の板のようなものがありますね~これが鼓膜なんです!ここで音を聞いているわけなんですね!


次は生態です~
主に池や渓流などに住んでいるカエルたちです!
「ツチガエル」のオタマジャクシもいたので紹介します!
大きい物だと8cmほどになって、冬をオタマジャクシのまま越します…
そして1年たったくらいで、カエルになるのです!


ちなみにカエルってどこから水を取り入れるかご存知ですか?
実は、お腹から水をいれるのです!写真みたいに水を飲みます!


さあ次は「ツチガエル」最大の必殺技、死んだふりです…
ピクリとも動かなくなることで、油断した敵からうまく逃げるようです!


背中のイボからも変な臭いを出すことも可能なんです!たくさん必殺技もっていますね!
繁殖の時期は5月~8月くらいです!その間は、洞窟周辺で鳴き声が聞こえると思います!カエルは夜行性なので、特に夕方聞こえると思います!

いかがだったでしょうか…カエル1種にポイントを定め、詳しい解説をしました!
いままでのブログもそうですが、自分のブログを見て、楽しんで頂けたのなら幸いです!

自分が書いたブログを見て頂き、本当にありがとうございました!
またどこかでお会いしましょう!

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.23

2019年6月19日(水)ハナショウブ池の生き物たち

こんにちは^^
実習生の和田です!
今日もとっても暑い一日です!ジメっとした暑さではなく、カラっとした暑さですね(~_~;)
たまに吹く風が気持ちいいですね!

さて今回はハナショウブ池の生き物たちを紹介します!

まず、池の中を覗いてみると「ニシキゴイ」がいます(゜))<<
このコイは、観賞用に改良されたコイで、「ニシキゴイ」が誕生したのは、はるか昔の江戸時代だそうです~
管理棟1階では、ガチャガチャでコイの餌も販売しているので、やってみてはいかがですか?


次に小さい魚がよく見るといます…
「メダカ」です!


「メダカ」の名前の由来ってご存知ですか?漢字で書くと、
「目高」と書きます!目が高い位置に見えるため、「メダカ」というらしいです!


今度は、空中を見てみましょう!
トンボがたくさんいます!ありがたいことに友人に名前を教えてもらったので、3種類ご紹介します!

まず、きれいで小さいこのトンボは「クロイトトンボ」です~


この写真の個体は、オスのようですが、メスは緑に近い色をしたトンボです!
美しい色をしていますね!


お次は「オオシオカラトンボ」です!
このトンボの特徴は、メスが水面で産卵をしている間はオスが警戒して上空をつきまとうそうです!やさしいオスですね^^


最後に「ギンヤンマ」です!
きっとみなさん聞いたことある名前だと思います!地域によっては、個体数を減らしているトンボです!悲しいですね…


以上がハナショウブ池の生き物たちを紹介しました!
きっとここで紹介した以上に生き物たちがいるので、「ハナショウブ」を見ながら探してはいかがでしょうか?

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.19

2019年6月18日(火)サボテン温室の紹介

こんにちは!
実習生の和田です!
今日もとっても暑いです(~_~;)こんな日は水と塩分しっかりとって熱中症に気を付けなくてはいけませんね…

さて本日は今の気温より暑いサボテン温室についての紹介をします!
この温室は、当園内の駐車場のそばにあります~しかもトロピカルドームより温かいです!


中はこのように多くの熱帯の植物があります!その中で一部の植物を紹介します!



まず池を見ていきましょう~池の中には、「シクリッド」の仲間が泳いでいます!


そしてこの青紫の花が「熱帯スイレン」です!ハナショウブの池にあるスイレンは「温帯スイレン」です!2種の違いとして、
花が水面につくのが、「温帯スイレン」、水面につかず、伸びるのが「熱帯スイレン」です^^



次に「ハナキリン」です!可愛い花のような色つきの葉をつける多肉植物です!


凶悪なトゲを持っていますが、サボテンの仲間ではありません!



次も多肉植物の「ウチワサボテン」です!まるで西部劇に出て来そうなサボテンですね!
名前の由来は、見た目通り、茎がウチワみたいだからです~



また真っ赤な「ハイビスカス」も花が咲いています!南国と言えば、この花ですね^^
その種類は1万以上あるとか…すごい量です!



トロピカルドームと同様「バナナ」もあります!大きな実です~これだけ近くで見れるのは、サボテン温室ならではですね!


今回は、サボテン温室の一部植物の紹介をしました~
ぜひ、この温室だからこそ見れる植物をあなたの目で見に来てはいかがでしょう?

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.18

2019年6月16日(日)トロピカルドーム内の実をつけている植物たち

こんにちは!実習生の和田です。
今日は、お日様が出てきて、非常に暑くなっています^^
そんなトロピカルドーム内では、「ヒガシニホントカゲ」が体温調節のため、日向ぼっこをしていました~

気持ちよさそうです!体が光って見えるのがトカゲの特徴でもあります!


さて今日は、ドーム内の実をつけている植物について紹介します!

まず、「グアバ」です!グアバジュースの元の実です!この植物の実は、1個(300g)でビタミンCが660㎎も含まれています!
1日必要なビタミンCは100㎎なので、「グアバ」1個で6日分補えます!すごいです!


この黒い実の植物は「ジャボチカバ」です!味は甘酸っぱい味で、タンニンやシアニンを多く含む植物です^^


次に紹介するのは、「ビリンビ」です~キュウリみたいですが、全く違う種類です!
味も酸味のみで桃やリンゴに香りが似ているそうです^^


今度は上を見てみましょう!
真ん中に実がなっているこの植物は「セロウム」です~
実はサトイモの仲間で、バナナみたいな実ができています!


「ビヨウタコノキ」も実ができています!
大きいです~この実は食用にはならないそうです!残念!


最後に「パンノキ」です^^
クワの仲間で、実は焼くとパンのような食感になるらしいです!美味しそうですね~


紹介は以上です~他にも実をつけている植物はたくさんあるので、ぜひ実際に見に来てくださいね^^

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.16

2019年6月15日(土)ドームの動物と助け合う植物

こんにちは!実習生の和田です。
本日はあいにくの雨となってしまい、気温が急に下がり、少々寒く感じます…
しかし、ドーム内は22度で一定に保たれているので、温かいです!
そんなドーム内の植物で、動物と助け合っている植物を今回ご紹介します~

まず、当園自慢の「ヒスイカズラ」
です!
まだなんとか咲いています…
原産地がフィリピン諸島のこの植物は、花粉をなんとコウモリに運んでもらい、
受粉を手伝ってもらっています。その代りに花のミツを提供しています!



他にも「オウギバショウ」というマダガスカル原産の大きな植物は、別名タビビトノキと呼ばれますが、
「エリマキキツネザル」という猿が花粉を運び、蜜を提供してあげます~



こちらの「ゴクラクチョウカ」は南アフリカが原産の植物で、「タイヨウチョウ」という鳥に花粉を運んでもらい、蜜を提供しています!



この不気味な花を咲かせる「アリストロキア・ギガンティア」は、異臭を放ち、ハエを呼ぶことで受粉を手伝ってもらいます!



葉が大きいこの植物は「アルカンタレア・インペリアス」は中心部に水が溜まり、そこでヤドクガエルが生活します!

以上がドーム内の動物と助け合っている植物です。多くの植物・動物が自然の中で助け合っているのがわかると思います!
しかし、今回の紹介は一部のみのなので、ぜひ当園に実際にご覧になってみて下さい!

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.15

2019年2019年6月13日(木)梅園の生き物

こんにちは、実習生の和田です。
今日は昨日と、うってかわって気温が上がり、暑い温度となりました(~_~;)

さて、昨日はトロピカルドーム内の「ツチガエル」を紹介しましたが、本日は、屋外の梅園で生き物を見つけてみました!


生き物を紹介する前にちょっと梅園の説明をします!
小田原フラワーガーデンの梅園には、約200品種480本の梅が植栽されています。
小田原産の高級梅「十郎梅」という品種もあり、今まさに梅の実をつけているところです^^
※梅の実含む園内の生き物の許可のない採取・持ち帰りは法律によって禁止されています。



さて、そんな梅園にどんな生き物がいるかというと…
いました!
「コクワガタ」
です^^


名前の通り、小さいクワガタですが、スリムでカッコいいです!

他にも「ニホンヤモリ」を発見!
イモリとよく間違われますが、ヤモリは陸の上で生活する

爬虫類ですが、イモリは水中で生活する両生類です!
梅園には、梅以外にも魅力あふれる生物がまだいるかもしれません。
ご来園の際は、梅園を散歩しながら生き物を探してみるのもオススメですよ!

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.13

2019年6月12日(水)トロピカルドームの意外な生き物

はじめまして。博物館実習で日本大学から来ました、和田です。
今回は、小田原フラワーガーデン内にいた意外な生き物の紹介をします!

その生きものは、真っ赤なつぼみの「ヘリコニア・ロストラータ」周辺の水辺に
ひっそりと住んでいます…


それは…
「ツチガエル」です!


イボガエルとも呼ばれるカエルですが、実はドーム内に「ツチガエル」がいて、
実際に繁殖もしているようです。
また耳をすませると「ギュウ…ギュウ…」という鳴き声が聞こえてきます!


鮮やかな植物を見ながら、カエルの鳴き声を聞くのはいかがでしょうか…

そんなカエルたちが暮らすドーム内では、
現在「アリストロキア・トリカウダタ」も開花中です~
干しダコのような見た目の花を咲かせる変わった植物です!


ぜひ小田原フラワーガーデンの生き物や植物を見に来てください。

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.12

2019年5月23日(木)満開のバラに囲まれて「花衣wedding撮影」

春バラが見ごろの最中、
先日、小田原フラワーガーデンにて行われた「花衣wedding撮影」
その模様を少しご紹介いたします!
※当ブログ掲載の写真はカメラマンさんの撮影ではなく、当園スタッフが撮影したものです!



撮影当日は、季節の花を頭や体に纏うサービス『花衣』を提供する「ルナフルージュ」さんがご来園、
ドレス・タキシード姿のご夫婦の撮影が行われました!

まずは、春バラで一杯のバラ園にて花衣に使用する花を一つ一つ丁寧に摘んでいきます。
ピンクや黄、紫など色とりどり♪


その後、フラワーアーティストの清和千尋さんにより、
園内の花々を用いた髪飾りやブーケが作成されました。


お二人ともとっても華やかな装いに(^^)


そして、満開のバラに囲まれて撮影!


ご家族3人揃っての記念撮影も。


場所を変えて梅園でも1枚!
新緑の梅園では白い衣装と鮮やかな花衣が引き立ちますね♪


バラ園や梅園、トロピカルドーム温室などでたくさんの写真を撮影。
皆さん終始笑顔で素晴らしい撮影会となりました(*^^*)
ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!


★ルナフルージュさんについてはこちら★
★昨年の花衣weddingの様子はこちら★

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.05.24

春のサクラ・ヒスイカズラ季節限定メニュー!

ただいまテイクアウトカフェ ハイビスカスでは、
桜やヒスイカズラの開花にあわせて、
春の季節限定メニューをご用意しております!




『翡翠のしずくフロート』 400円(税込)

春限定の人気メニュー!

ヒスイカズラをイメージした当園オリジナルの翡翠色のサイダーに、

バニラアイスをのせました♪




『桜の花ジェラート』 380円(税込)

昨年好評をいただいた、桜の花ジェラートが再登場!

塩漬けの花びらと葉を使用した、桜餅風味のジェラートです。吉野葛がアクセント♪





『桜ぜんざいジェラート』 『抹茶ぜんざいジェラート』 450円(税込)

さらに、桜の季節にピッタリの和スイーツも!

小倉あんと桜の花アイスを合わせた『桜ぜんざいジェラート』はまさに桜餅。

大人な味わいの『抹茶ぜんざいジェラート』もご用意しました。

今年は期間限定で、当園オリジナルの『梅だれ餅』を添えています♪

春爛漫のスイーツをぜひお召しあがりください。



その他にも『ピザ』『梅しらすピラフ』『カレーライス』など、

お食事メニューもご用意しております。

ご来園の際は、ぜひカフェ ハイビスカスへお越しくださいませ。


その他もろもろ情報 | 更新日:2019.03.23
ページの先頭へ戻る