2017年9月27日アメジストセージやキンモクセイが見頃です♪

すっかり過ごしやすい気候となり、まさに散歩日和です!
季節の変わり目をいちはやく教えてくれるのは、
私たちを五感で楽しませてくれる、植物なのではないでしょうか?

今回は小田原フラワーガーデンでご覧いただける、
見て・触って・嗅いで楽しむ秋の植物をご紹介します!!


まず、駐車場でお客様が車から降りた途端に出迎えるのは、
心地よい香りがするキンモクセイです♪
あまりにも良い香りなので、名前をご存知の方は多いはず。
dsc_0177

当園のキンモクセイは顔の近くで花を見られます。
香りだけでなく、どんな見た目のお花をつけているのか、観察してみてくださいね!


駐車場のすぐ横にある建物(管理棟)の裏手にまわると、
ハーブ園が見えてきます。
アメジストセージは毛が密集しており、
ふわふわとした感触が可愛いお花です!優しく触ってみましょう♪
dsc_0167

カレープラントは名前が美味しそうですね!
実はこれにもちゃんと理由があります。嗅いでみましょう。
dsc_0169-2

プランターにはケイトウを植えました!
鶏(ケイ)の頭(トウ)、つまりトサカみたいな花です(^^)
dsc_0171-2

梅園の渓流、中流付近ではシモバシラが開花しています。
花茎が空に向かって伸びる様子が印象的ですね!
dsc_0187

なんとこの植物は地上部の茎が枯れてからが見所であったりもします。
その様子は下記のブログをご覧ください♪

★昨年のブログはこちら★


トロピカルドーム温室では、写真映えばっちりの鮮やかな花々が開花しています!

今年のヘリコニア・ロストラータは花持ちが良く、9月一杯までお楽しみいただけそうです!!
新聞やラジオで取り上げられた、オウムのクチバシのような、房の長い花です。ぜひご覧ください!
dsc_0205

東南アジアに生育しているバンダは、樹木や岩などに着生するランの一種です。
dsc_0188

花の模様も様々ご覧いただけます!エキゾチックなまだら模様や、
dsc_0201

目を引く網目模様のブルー、
dsc_0203

吸い込まれそうな濃ピンクの花!
dsc_0204

花だけでなく、根にもご注目下さい!!
湿度の高い環境が大好きなバンダは、スポンジ状の厚い細胞包まれた根で、
空気中の水分を吸収し、生育します。毎日の水やりはかかせません!
dsc_0200

ハナアナナスは、葉から水分を吸収するティランジア属の一種です。
ピンクのしゃもじから青紫の花が両脇に2つ咲く花です(^^)
dsc_0207

ティランジアはエアプランツとも呼ばれており、
樹木などに着生するワイルドな見た目や、そこから咲く可憐な花は大変美しく、
雑誌などでも紹介され、いま話題の植物でもあります!!
そんなお洒落なティランジアのイベントが今週、当園にて開催されます!!!

ティランジア生産者として趣味の園芸への出演や、都内でのワークショップ開催など幅広く活躍中の、
SPECIES NURSERY代表 藤川史雄さんが特別来園♪♪
ティランジアの植付&トークイベントを行います!

まだ定員に余裕がございます!!
ぜひ、ティランジアの世界に魅せられてください♪

★ティランジアの植付&トークイベントについてはこちら★


10月の始めから、イベント盛りだくさんの週末となります!
オータムフェスタのチェックも、よろしくお願いします(*^^*)

★オータムフェスタについてはこちら★

皆さま、秋の小田原フラワーガーデンで、植物とふれあいの一日を過ごしましょう♪
お待ちしております!!

お花情報 | 更新日:2017.09.27
ページの先頭へ戻る