2019年6月23日(日)最後の実習日…

こんにちは!
実習生の和田です!


今日も雨ですね…外には出れない日が続きますね…こんな日はトロピカルドーム内の展示をゆっくりみるのは、いかがですか?
トロピカルドームでは、いま「ヘリコニア・ロストラータ」がたくさん咲いています!


またホワイト・キャットの異名を持つ「タッカ・インテグリフォリア」も1年8か月ぶりに咲いています^^


上を見上げると世界三大花木の「カエンボク」も咲いています!高い位置にあるので、探してみてくださいね~


ここから先は、カエルのお話です!苦手な方はご注意を!
さて、今日で実習は最後なので、自分が好きな「ツチガエル」のみ前回紹介したより詳しくお話したいと思います~


いるのは、トロピカルドーム内「ヘリコニア・ロストラータ」周辺の水辺です!
洞窟に入ってすぐの穴から覗くと、右下の方にいる確率が高いです!


さっそく発見しました^^あいかわらずかわいいですね~


さあ、詳しく形態や生態を見ていきましょう!

「ツチガエル」の学名は、Glandirana rugosa で、アカガエル科ツチガエル属のカエルです!
別名イボガエルと言われ、背中に、イボイボがたくさんあるから、そう呼ばれています!
アカガエル科の仲間は、足や手に吸盤を持たないため、ジャンプ力が凄いカエルが多いです!
実際に見てみると、良い筋肉をしていますね~自分もこのくらいほしいです…


足を見たので、手を見てみましょう~
人間でいうところの親指あたり、少しふくらんでますよね!抱きダコといいます!

これは、カエルのオスのみに出る特徴で、オスは繁殖期にメスに抱きついて、繁殖を行いますが、
オスがメスを離さないようにするため、この抱きダコが役に立ってくれるわけです!

次にカエルってどこから、音を聞いているのか見てみましょう!
目の横に円状の板のようなものがありますね~これが鼓膜なんです!ここで音を聞いているわけなんですね!


次は生態です~
主に池や渓流などに住んでいるカエルたちです!
「ツチガエル」のオタマジャクシもいたので紹介します!
大きい物だと8cmほどになって、冬をオタマジャクシのまま越します…
そして1年たったくらいで、カエルになるのです!


ちなみにカエルってどこから水を取り入れるかご存知ですか?
実は、お腹から水をいれるのです!写真みたいに水を飲みます!


さあ次は「ツチガエル」最大の必殺技、死んだふりです…
ピクリとも動かなくなることで、油断した敵からうまく逃げるようです!


背中のイボからも変な臭いを出すことも可能なんです!たくさん必殺技もっていますね!
繁殖の時期は5月~8月くらいです!その間は、洞窟周辺で鳴き声が聞こえると思います!カエルは夜行性なので、特に夕方聞こえると思います!

いかがだったでしょうか…カエル1種にポイントを定め、詳しい解説をしました!
いままでのブログもそうですが、自分のブログを見て、楽しんで頂けたのなら幸いです!

自分が書いたブログを見て頂き、本当にありがとうございました!
またどこかでお会いしましょう!

その他もろもろ情報 | 更新日:2019.06.23
ページの先頭へ戻る