知らないを知る

2017年8月3日

【知らないを知る】

お客様からよく「水は何日に一回?」と聞かれ
「乾いたらたっぷりあげてください」と答えていました。

しかしその乾いたら!!が曖昧なんだと!!
どうなったら乾いているのかが分からないと言われたのです。

自分が知っていることは当たり前ではない。
花の育て方を知らない方が
何を知らないかを知ることが大切なんですね…

私自身数学が苦手で、分からないところは?と聞かれても
分からないところが分からない状態だったので、それと同じかも…

では!!

乾いた!の定義をわかりやすく説明いたしましょう( ´ ▽ ` )ノ

まず植物を見る!

そして土に指を刺す!!

表面を触るくらいじゃ足りません。
ブスッと第一関節くらい入れてください。

すると濡れていたり、中だけ濡れていたり、カサカサしていたりすると思います。

濡れていたら現状維持。

中だけ濡れていたら、様子見。

カサカサなのは今すぐ水をあげてください!!

水の量は鉢の下から出るくらいたっぷりと!

これが人でいう排泄の役目があり、病気になりにくくなったりしますよ!

(ちなみに中だけ乾いたら様子見を詳しく説明すると、
乾きに強い植物はまだ水はいらないけど、乾きに弱い植物は水を欲しているかも…と言う状態。)

植物によって原産地や特性は異なります!
ぜひあなたはどんな植物なの?
と興味をもって見てあげてくださいね!

20604159_259317807918251_6227467252032988683_n
フラワーショップ ピッコロ
平賀ゆき

フラワーショップ ピッコロ | 更新日:2017.08.03
ページの先頭へ戻る