*2017年1月12日枯草に注目?!自然がつくる氷の柱*

一見、普通の枯草と思われがちなこの植物。
でも、今のこの姿だからこそお伝えできる、面白い特徴があるんです!!
何だと思いますか??
s-dsc_0240

株元をよーく見ると…
s-dsc_0241

なんと氷の結晶がついています!!
これは一体どういうことなのでしょうか。

実は地上部の茎は枯れていますが、土の中の根っこはちゃんと生きています!!
つまり、水分を吸収しているんです。
水分は茎へと向かいますが、それは枯茎をやぶって外側に飛び出し、
その時氷となってできたのが株元の氷の柱です。

しかしこれは、
水分が氷にならなければいけないので①氷点下の気温であったこと、
そして氷が溶けてしまうので、②早朝の日が照っていない状態であることなど、
条件をクリアしていないと見ることができません(^^;)
(この写真も8時30分前に撮影しています。その時点で日は出ていましたから、
もう少し早くに撮影していれば、氷がより大きかったのかもしれません。)

また、一度氷の柱ができると茎は壊れてしまいますから、
もう一度この現象が起きるのは難しいようです。

今の時期だけの、自然が作り出す、ちょっと珍しい現象なのです!!!

この植物は「シモバシラ」と言います。

『ザクザク踏んで楽しいシモバシラのこと??』
s-dsc_0244

確かにそれもシモバシラといい、園内でもたくさん踏めますが、
それとは全く別物です!!
この植物の名前が「シモバシラ」なんです!!!
シソ科の多年草で、きっと今年の秋頃に花を咲かせ、またこの時期に氷柱を見せてくれることでしょう♪

開園時間中に氷柱を見るのはなかなか難しいですが、
梅園に植栽されているので、ぜひ注目してみてくださいね!!


話を変えまして、ウメの開花情報です!!
早咲きの八重寒紅や八重野梅、紅冬至や、辻村早咲き等が見頃です!!

辻村早咲き。枝いっぱいに花をつけています!!
冬の青空に映える、とても美しい光景です♪
s-dsc_0246

中咲きの品種もすこしずつ開花がはじまっており、
例年よりも大分はやい進み具合です(><)

竜峡小梅
s-dsc_0259

世界の図
s-dsc_0261

杉田
s-dsc_0251

梅園全体でいうと1~2分咲き。
全体の見頃は例年では2月中旬~2月下旬ですが、
今年はずれこむ可能性もあります。


こまめにフラワーだよりや★facebook★の確認をお願い致します~!


お花情報 | 更新日:2017.01.12
ページの先頭へ戻る