お知らせ

2012.01.25

株式会社プリンスホテルとの共同体として、国営昭和記念公園、国営武蔵丘陵森林公園の運営を受託

西武造園株式会社(本社:東京都豊島区 取締役社長:林 輝幸 以下西武造園)と株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区 取締役社長:小林 正則 以下プリンスホテル)は、2社の共同体として2012年1月16日(月)に国土交通省関東地方整備局と国営昭和記念公園(東京都立川市、昭島市)ならびに国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町、熊谷市)の運営維持管理業務の契約を締結いたしました。これに基づき、西武造園を代表企業、プリンスホテルを構成企業として、さまざまな創意工夫により良質なサービスを実現すべく、2012年4月1日より両公園の運営を開始いたします。なおプリンスホテルとしては今回が初めての公の公園運営の受託となります。

2003年9月に施行された地方自治法の一部改正に基づき、公募による競争入札を経て、民間企業が指定管理者として公の施設の運営を行なうことが可能になったことにより、西武造園では2005年4月から指定管理者として公園をはじめとした公の施設の運営を開始しました。その後も着実に実績を積み重ね、2010年には市場化テストにより、国営東京臨海広域防災公園の運営を受託。現在、関東、関西を中心に44ヶ所の施設の管理運営を行っております。
一方、プリンスホテルでは2011年7月1日より、社内に専門のPPPチーム(Private Public Partnership)を設け、専門知識を持ったスタッフを配置。また、2011年12月16日よりビジネス開発部を設置しました。今後も、これまでホテル・レジャー事業として培ってきた企画力、収益力、施設の維持管理といったノウハウ、そしてホスピタリティを活かし、コンベンションセンターや美術館、文化センターなど様々な分野の公の施設の運営をはじめ、自社施設で力を入れている「MICE」事業においても、積極的に大型イベントホールなどの運営獲得を目指し、イベントに伴う宿泊や食事の提供など、自社施設との相互メリットを産出してまいりたいと考えております。

今後も、西武造園、プリンスホテルはグループ会社としてのシナジーを発揮し、新たな施設の運営を通じて、グループスローガン「でかける人を、ほほえむ人へ。」の実践を目指してまいります。

◎本件に関する報道各位からのお問合せ先は
西武造園株式会社    管 理 部:伊東、藤井     TEL:03-3989-2751
株式会社プリンスホテル 広報担当:中尾根、岩元、新倉 TEL:03-5928-1154

PDFはこちら

ページの先頭へ戻る
技術紹介

社会の変化とニーズに対応した新しい技術や技法など、技術開発の情報がご覧いただけます。

採用情報

新卒・中途の募集情報、人事担当・先輩社員からのメッセージなどがご覧いただけます。

ビジネスパートナーの皆様へ

当社の安全書類・請求書などの書式が、ダウンロードできますのでご活用ください。