クロワさんの死亡

11月7日(月)に、「クロワさん」の愛称で親しまれてきた
ダイオウグソクムシが死亡いたしました。

ねったいかんにやってきたのが2013年10月23日。
当時の特別展示「冷たい海の生き物」に合わせ当館にやってきました。
死亡時の全長は26.8cm、重量560gでした。

11月7日に死亡原因特定のため解剖を行った結果、
遊泳肢と呼ばれる泳ぐためのひれ状の一部に、黒く壊死した部分が確認できました。
体内の内臓や筋肉に損傷や痩せた箇所は見られず、非常にきれいな状態でした。


経過としては、10月20日より水槽内でひっくり返ることが多く観察されるようになったので、
水槽内に擬岩(ニセモノの石)のシェルターを入れ、落ち着けるように展示を改善いたしました。
その時より、遊泳肢の壊死が一部に認められた状態で、
ゆっくりと回復してほしいと願っていましたが、残念な結果となりました。


企画展示「体感水族館」での深海生物タッチは、特にお客様から人気がありました。
また「クロワさん」という素敵な名前をお客様につけていただき、
ねったいかんの人気者だったため大変残念です。

「クロワさん」を可愛がってくれた皆様、本当にありがとうございました。
皆さまと共に、ねったいかんスタッフ一同、
「クロワさん」が天国でも楽しくゆったりと暮らしていけることを願っております。

IMG_9931-001

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2016.11.08

キッズガーデナー第7回目「土のリサイクル」

あっという間に10月も終わり。
10月といえば、ハロウィン。
ねったいかんでもカボチャでみな様をお出迎えしていました。

写真1

写真2

そして、10月のキッズガーデナーは7回目。
後半にはいり、みんなも仲良くなってワキアイアイ!!!
元気いっぱい!!!
 
当日は雨予報だったので、屋根の下での作業。
今回は私たちにとって、とても大切な土の再生です。
一度植物を育てた土はそのままでは使えないので、再利用するための作業。

第一段階。
荒目のふるいにかけて古い根やゴミを取り除き、大粒を分けます。ミミズがいたら別にします。
「ワ~ワ~、キャ~キャ~」はじめはミミズにさわれなかった子たちも終わる頃には大丈夫になりました。

図3

写真4

第二段階。
細かめのふるいに第一段階でふるった土をかけ、小粒と細かい微塵とに分けます。
細かい粒子の微塵は目詰まりの原因にもなるのでよけるのです。
こうしてふるい分けられた小粒の土を再利用。

本来ならば真夏の暑い日差しで殺菌しますが、今回はそのまま石灰、腐葉土、肥料を混ぜ込みました。
私たちは普段この混ぜ込む作業はスコップを使用しますが、
みんなは「スコップなんていらなーい」と手で混ぜ混ぜ。
「今までで一番たのし~い!」の声があがりました。
さすがはキッズガーデナー!たのもしい。

写真5

図6
…それともうひとつ。
作業の前にお話。カーネーションチームの花壇に雨だれが落ち、場所をずらして作り直しをしたのが先月。
これで問題解決!!!…と思いきや、今度は落ちた雨だれによる泥ハネが苗にあたり、
それが原因で枯れてしまうことがわかりました。
キッズガーデナー1年目。想定外のことが次々と起こります。
どうするべきか考えた結果、防草シートを敷きその上に石をまいてみるという、苦肉の策。
効果は絶大で、泥はねによる被害はなくなりました。
さて、お次はどんなことが起こるでしょうか…???

図7

写真8

(Hg記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.10.30

ディコリサンドラ・ティルシフロラが咲き始めました!(見どころ情報10月23日号)

マレーハウス近くにディコリサンドラ・ティルシフロラが咲き始めました。
ツユクサ科の青い花です。別名ブルージンジャーとも呼ばれます。

写真①ディコリサンドラ・ティルシフロラ-001
ディコリサンドラ・ティルシフロラ 
Dichorisandra thyrsiflora

 

その向かい側にあるミズレンブにはたくさん実がなっています!少し高いところに実がなっているので見上げてみてくださいね。
果実は熟すと赤に変わっていきます。食べ頃になるまではもう少しかかりそうです。

写真②ミズレンブ-001
ミズレンブ
Syzygium aqueum



ブリッジの手すりに並べられているのは、ビヨウタコノキの実が落ちたものです。
落ちた実からは甘い香りがするので来館された方は是非、香りも楽しんでくださいね。
でも、食べられませんので注意!

写真③ビヨウタコノキ (2)-001

写真④ビヨウタコノキ-001
ビヨウタコノキ
Pandanus utilis



冷室には、きれいなバンダが咲いています。ランの仲間です。

写真⑤バンダ パチャリーデライト-001
バンダ パチャリーデライト
Vanda ‘Patcharee Delight’



さらに進むとフラグミペディウムが咲いています。
こちらも同じくランの仲間です。
ぷっくりしていて可愛らしいですね。

写真⑥フラグミペディウム-001
フラグミペディウム
Phragmipedium cv.

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.10.23

メディニラ・スぺキオサが見頃です(見どころ情報9月29日号)

メディニラ・スぺキオサの花と実が見られます。
写真は小さな花を拡大して撮ったものです。花序の色と形からサンゴノボタンとも呼ばれます。

写真1メディニラ スペキオサ・花-002

写真1.5メディニラ スペキオサ・実-002
メディニラ・スぺキオサ Medinilla speciosa


ヤスミニフロルムシャクナゲです。ジャスミンのような良い香りがします。
学名のjasminiflorumは「ジャスミンのような花の」という意味です。

写真2ヤスミニフロムシャクナゲ
ロードデンドロン・ヤスミニフロルム(ヤスミニフロルムシャクナゲ)
Rhododendron jasminiflorum


不思議な葉の形をしています。学名のpalmataは「拳」という意味で、
英名ではsnowflake(雪の結晶)plantという呼び名がついています。
皆さんは何の形に見えますか?

写真3
トレヴェシア・パルマタ Trevesia palmata



マレーハウス前のカカオの木に実がなりました!順調に育っています。
大きくなるのが楽しみですね。

写真4-001
カカオ Theobroma cacao


ビワモドキのツボミです。実にも見えますね。咲いたその日のうちにしぼんでしまう儚い(はかない)一日花です。
また一斉には咲かないため、なかなか開花しているところに巡り合えないかもしれません。
ぜひ咲いている姿を見てみたいものですね。

写真5-001
ビワモドキ Dillenia indica



回廊のセイロンライティアの花が咲いています。真っ白で星型のような花が愛らしいですね。
スリランカの高山に自生しているそうです。

写真6-001
セイロンライティア Wrightia antidysenterica

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.09.29

キッズガーデナー第6回目 花壇の配置換えと植え替え

第6回目のキッズガーデナーが9月3日(土)に行われました。

キッズガーデナーの子どもたちは夏休みが終わっても元気いっぱいです!
今回のキッズガーデナーは、カーネーションチームの花壇の配置換えと植え替えを行いました。

実は残念なことに、7月にカーネーションチームの花壇に植えたペチュニアが、
先日の台風の雨の影響で傷んで枯れてしまったのです。
また、花壇の右下は雨だれが落ちて花が傷んでしまうことが判明したので、
これまでの大きな円が一つだった花壇を小さめの円二つにすることで、
雨だれが落ちる場所を避けた花壇に作り直すことにしました。

写真① 枯れたペチュニア

まず、最初に葉っぱチームも協力して花壇のレンガを外し、花壇内の枯れたペチュニアを抜いていきました。

写真② レンガ外し

写真③

次に移植ゴテで花壇の土を耕してやわらかくします。

写真④ 土を耕す

耕し終えたら、花壇の大きさを決めてレンガを埋め込んでいきます。
浅く埋めるとレンガがグラついてしまうので少し深めに埋め込みます。

写真⑤

レンガを埋め込んだ後は花の位置を決めて、いよいよ植え込みです!

写真⑥ 植え込み

そして出来上がった花壇がこちら!!花が少ないので少し寂しいですが可愛らしい花壇ができました。

写真⑦ 出来上がり

ペチュニアの代わりに植えたのは「黄花コスモス」「カーネーション」です。秋を感じさせてくれる花ですね。
最後に、先月のキッズガーデナーで種まきした、苗の様子です。

写真⑧

写真⑨

大分、大きくなりました。そろそろ植え替えです。
コスモスにパンジー、ハボタン!これからの生長が楽しみです!
皆さんも秋の花を育ててみてはいかがでしょうか。

                                                               (K.H記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.09.25

「アジアンリゾート展」はじまりました!

9月になったというのに、まだ暑い日が続きそうですね。
そんな暑い日には、ねったいかんで開催中のアジアのリゾートの展示コーナーがオススメです。

写真1-001  

アジアンな音楽や香りに包まれた、アジアのビーチリゾートのような癒しの空間をご用意しました。
置物、水鉢、笠などをおりまぜて、ヤシなどの観葉植物やハイビスカスを使ったアレンジなど、
緑豊かなアジアングリーンの空間でゆったりとした気分を味わってください。

入り口には、色あざやかなサンゴ礁の海を水槽で表現!


写真2-001
会場の中央には「癒しのコテージ」をご用意しました。天蓋を付け、中にソファー席を設置した、
リゾートホテルのラウンジのような空間で、ゆっくりお過しください。

写真3-001

写真4-001

「コテージ」のとなりはプライベートビーチです。ヤシの木とヤシの実、⾙殻、
サンゴの砂浜をデッキチェアーに寝そべって眺めることができます。

写真5-001

もう一つのテーマはサンゴです。サンゴとはどんな生きものか、
サンゴをとりまく生物たちについてDVDとパネルで紹介しています。

写真6-001

写真7-001


毎週火曜、木曜日の午後3時から4時はサンセットタイムを実施中。
リゾートの夕暮れをイメージした空間でくつろぎながら、ハンドバスが体験できます。


写真8-001

9月22日(木) 秋分の日は、「ココヤシの実(缶詰)の試食」もあります。
①午前の部 10時45分~11時45分、②午後の部 1時45分~2時45分
各回先着50名様の定員となっております。
整理券配布は、1回目10時15分、2回目1時15分からとなっております。
10時45分から3時までアジアンティーのサービスも実施します。
いずれも地下ホールで行います。


「アジアンリゾート展」は10月2日(日)まで開催していますので、「ねったいかん」にぜひ遊びに来てくださいね。

(M.I記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.09.09

キバナクチナシの花が咲きました(見どころ情報 8月24日号)

キバナクチナシの花が咲きました。日本でよくみられるクチナシの仲間です。
あまい香りも楽しめますよ。

写真1-001
キバナクチナシ Gardenia carinata


サンゴバナもきれいな花を咲かせています。
フラミンゴプランツとも呼ばれ、集まっている花のひとつひとつをよく見ると、フラミンゴのようにも見えます。

写真2-001
サンゴバナ Justicia carnea


オオゴチョウは沖縄の三大名花の一つでもあります。
チョウが群がって舞っているようにも見える花が魅力的です。

写真3-001
オオゴチョウ Caesalpinia pulcherrima


現在サンジャクバナナに実がついています。
まだ緑色をしていますが、これから黄色くなるでしょう。色づいたら食べてみたいですね。

写真4-001
サンジャクバナナ Musa acuminata ‘Dwarf Cavendish’


ココナッツとしても親しまれるココヤシの実も順調に大きくなっています。

写真5-001
ココヤシ(わい性)Cocos nucifera ‘Golden Malay’



植物館の外、自転車置き場奥に植栽されているブーゲンヴィレアが、色鮮やかな花を咲かせています。
とてもきれいですので、こちらもぜひ見に来てくださいね。

写真6-001
ブーゲンヴィレア  Bougainvillea cv.

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.08.25

キッズガーデナー第5回目は、花壇の手入れと種まきをしました!

連日暑い日が続いておりますが、いかがおすごしでしょうか。
ねったいかんのキッズガーデナーたちは、夏の暑さにも負けず、とっても元気です!

先日8月6日(土)に第5回目の作業を行いました。もう5回目…、早いものです。
この日に行われたのは、冬花の種まきと前回みんなで作った花壇の手入れです。

まず最初は、種まきです。
ビニールポットに土を入れて、ハボタンとパンジーどちらも種を3粒ずつ。
小さいからなくさないように気をつけて…


写真1種まき-001

写真2種まき-001

最後にそっとジョウロで水をあげました。いきおいよくやると種が流れてしまいますよ…

写真3水やり-001

続いて花壇の手入れです。植えつけて1ヶ月たったので、肥料をあげました。
これを「追肥(ついひ)」といいます。

写真4施肥-001

続いて、花がら取りです。咲き終わった花は、つんであげないと種ができてしまい、株が弱ってしまいます。
マリーゴールドは背が高くなりすぎたので、切りつめました。

写真5花がら取り-001

写真6花がら取り-001

写真7切りつめ-001

暑い中、お疲れ様でした!

作業の後は、おやつタイム。
いつもはおかしを食べながら植物のお話をみんなでするのですが、今回は「チョコっとバナナクイズ」と題して、
簡単なバナナクイズを楽しみました。

では、実際にキッズガーデナーたちに出したクイズを一つご紹介!
みなさんは分かりますか?

問題)森の中にある野生のバナナにはタネがある○か×か?



正解)○ 


みんなが食べているバナナには種がないけど、それは種のあるバナナから、突然変化して生まれたものなんだ。種がないから食べやすいよね。



最後に、種をまいて10日後のようすは…

写真8ハボタン発芽-001

写真9パンジー発芽-001

上はハボタン、下はパンジーです。
だいぶ、発芽しましたね。パンジーのほうが発芽がおそいです。
大きくなるのが楽しみですね。みんな、また来月、元気な顔を見せてね!
(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.08.18

ジャワフトモモの実がなりました(見どころ情報 8月13日号)

回廊にあるジャワフトモモに実がなりました。
別名レンブともいい、リンゴと梨を合わせたような味で、爽やかな酸味がします。
もう少し熟したら、試食に出そうと思います。

写真1-001
ジャワフトモモ Syzygium samarangense


同じく回廊にあるプルメリアがきれいな花を咲かせています。
ハワイの伝統的な装飾品のレイの材料として使われ、女性の髪に飾られます。

写真2-001
プルメリア Plumeria rubra cv.


優しいピンク色の花のベゴニア そよ風です。甘い香りがするのでぜひ嗅いでみて下さい。

写真3-001
ベゴニア そよ風 Begonia ‘Soyokaze’


こちらもピンク色をした花でマレーシャクナゲといいます。パステルカラーの花が特徴です。

写真4-001
マレーシャクナゲ(園芸品種)Rhododendron cv.


見た目がかわいらしい実のアメダマノキ。星形の小さな実ですが酸味が強く加工用とされています。

写真5-001
アメダマノキ Phyllanthus acidus

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.08.13

自由研究おたすけノート

8月にはいりました。夏真っ盛り!
ねったいかんの夏は…
まずは、エントランスでお魚たちがお出迎え。今映画で話題のお魚にも会えますよ。

写真1-001

そして、昆虫博!昆虫にふれあえるコーナーは、毎年子供たちに大人気。
日替わりでアトラスオオカブトやクワガタなどにさわれます。

写真2

でも…子供たちも遊んでばかりはいられない。
夏休みといえば、宿題や自由研究。
ねったいかんでは、自由研究おたすけノートをご希望の方にお配りしています。

写真3-001

今年のテーマは、魚「くち」! 植物「葉っぱ」!
ノートを持って観察しながら館内をまわると、いつもと違う発見があるかもしれませんね。
観察ポイントにはサイン表示があります。じっくり見て、書いて、そして考えてみましょう。
サザナミフグの歯は何本かな?

写真4-001

写真5-001

いろいろな葉っぱの葉脈も観察してみてください!

写真6-001

写真7-001

写真8-001

葉っぱの形や大きさも観察。
ハート型や三角、細長い、いろいろあります。
ねったいかんで一番大きな葉っぱはヤシ類。だいたい4~5メートル。
逆に一番小さい葉っぱは、ピレア ミクロフィラ。なんと5ミリほどです。

写真9-001

写真10-001

ぜひ、自分の目で確かめに来てください。
ねったいかんの夏休みは遊びも勉強もできて一石二鳥ですよ。
お待ちしています。

(H 記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2016.08.04
ページの先頭へ戻る