ぷくぷくフグ展が始まっています!

5月26日(土)から、「ぷくぷくフグ展」がスタートしました!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-001

2階の企画展示室正面にはハリセンボンの仲間の水槽があります。
カリブ海にいるストライプトバーフィッシュは、
今まで見た事がない、という人もいると思います。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5-001

でも、私のお気に入りはヤセハリセンボン。
名前の通りハリセンボンより細くて、体の色が青っぽいのが特徴です。
実は、日本の水族館で展示したのは初めてかもしれない、というくらい”レア”なお魚なんです。


%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e3%83%a4%e3%82%bb%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%b3-001

ある日、開館前に水槽を点検していると、「ヤセハリセンボンが膨らんでいる!!」

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3%e8%86%a8%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%a0%e3%83%a4%e3%82%bb%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%b3-001

何が気に入らなかったのかわかりませんが、
まん丸に膨らんで針を立てていましたが、そのうち落ち着いて元の姿に戻っていきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4%e6%88%bb%e3%82%8b%e3%83%a4%e3%82%bb%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%b3-001

お客様に人気なのは、ハコフグの仲間たち。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%a6%e3%83%95%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%83%95%e3%82%b0-001

2本ツノのコンゴウフグやテングハコフグ、UFOみたいに泳ぐラクダハコフグなどが、
口をとがらせヒレをパタパタ動かして泳ぐ姿は「可愛い!」 の一言。

その他にも大きなトラフグや、世界最小のフグ「アベニーパファー」、
犬のような顔のコクテンフグなど25種類のフグの仲間たちを展示しています。

ぷくぷくフグ展は7月1日まで開催していますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2018.06.02

ジャカランダ、開花中です!(見どころ情報 6月2日号)

世界三大花木のジャカランダが開花しはじめました!

今年は冬の寒さが厳しかった影響か、枝先が枯れるなどして、
昨年に比べると残念ながら花がかなり少なくなってしまいました。
現在確認できているのは4房です。
高い位置で咲いているため、外の花壇からよりも館内の2階からの方が花は見えやすくなっています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%801%e3%80%80

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%802
ジャカランダ Jacaranda mimosifolia

温室内では、プルメリア オブツサやヘリコニア ロストラータが開花し始めています。
プルメリア オブツサは、落葉しない種類です。白くて大きめの花が特徴です。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%84%e3%83%bc%e3%82%b5
プルメリア オブツサPlumeria obtusa

ど派手な色をしているヘリコニア ロストラータ。
ロブスター(海ザリガニ)のハサミのような形をした苞(ほう)が魅力的です。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3%e3%80%80%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bf
ヘリコニア ロストラータ Heliconia rostrata

マレーハウス前では赤や緑のアンスリウムが開花中です。
赤や緑の花のように見える部分は花ではなく、
花を保護するための苞(ほう)です。仏炎苞(ぶつえんほう)といいます。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%801

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%802
アンスリウム Anthurium andreanum cv. 

冷室ではセロジネ パンデュラータが咲いています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bf
セロジネ パンデュラータCoelogyne pandurata

回廊ではプルメリアがいい香りをただよわせています。
温室のプルメリア オブツサとは違い、冬には落葉するタイプのプルメリアです。
種類によって香りも違うので、ぜひ香りも楽しんで下さい。


%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-001
プルメリア ルブラ系園芸品種Plumeria rubra cv.

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a8%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%a9%e7%b3%bb
プルメリア カリフォルニアサンセットPlumeria rubra ‘California Sunset’

香水などでおなじみのイランイランも開花しています。
エキゾチックな香りが楽しめますよ。花は、緑色から黄色に変化していきます。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a9%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3
イランイランCananga odorata

これから梅雨になりますが、赤、青、黄などカラフルな花が咲き始めているねったいかんで、
一足先に夏気分を満喫してください♪

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.06.02

香りのある花や珍しい花たちが咲いています!(見どころ情報5月11日号)

季節は初夏になり、春とはまた違った花が咲きはじめましたよ。

温室内、マレーハウスの近くではヤエサンユウカが咲いています。
夕方は、とくに香りますよ。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-001
ヤエサンユウカ  Tabernaemontana divaricata ‘Flore Pleno’  

冷室内では葉のない珍しいラン「無葉蘭」のなかま、
キロスキスタ ビリディフラバが咲きはじめました。
直径1センチくらいの可愛らしい花です。
花弁に縁取りが入るのも素敵です。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1-001
キロスキスタ ビリディフラバ Chiloschista viridiflava

いいにおいばかりではありません。
なにこれ!くさいよ!くさいにおいでハエなどを
呼んで受粉させるといわれます。
こちらもランの仲間のブルボフィルム レイシアヌムです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2-001
ブルボフィルム レイシアヌム Bulbophyllum leysianum

もうひとつランの仲間でいってみましょう。
マキシラリア テヌイフォリアです。
冷室の出口で、ココナッツのような甘い香りを放って待っています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3-002
マキシラリア テヌイフォリア Maxillaria tenuifolia

マキシラリアの向かいでは、
木立ベゴニアの園芸品種がさわやかな香りを放っています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4-001
木立ベゴニア 園芸品種 Begonia cv.

さらに冷室には、くるくるの変わった葉の植物があります。
しかも珍しいことに細長~い実がついている!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5-001
エスキナンサス ツィスター  Aeschynanthus ‘Twister’

毎年おなじみのメディニラの仲間たちが、
冷室をいろどっています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6-001
メディニラ マグニフィカ  Medinilla magnifica

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7-001
メディニラ スペキオサ   Medinilla speciosa

さらにマグニフィカとスペキオサの自然交雑種と思われるものもあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a8-001
メディニラ 交配種    Medinilla cv.

最後に。
回廊で目をこらすと、小さな花が!直径5ミリほどでしょうか。
あなたは見つけられますか?

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a9-001
ティランジア ウスネオイデス Tillandsia usneoides

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.05.11

キッズガーデナー活動報告 [11月~3月修了式]

1-min-001
冬かだん 3月の様子

4月から1年間に渡り、花だんづくりをメインに植物に関わる活動をしてきた
キッズガーデナーたちが3月に無事修了式を終えました。
あっという間の1年間。

今年は男子の人数が多かったので、にぎやかにぎやか。
いろいろなことがありましたが、一生懸命頑張り、冬花だんが完成しました!
みんなで頑張って植えた苗たち、元気に育っています。

夏花だんから冬花だんへの植替え作業をふり返ります。

11月。冬花だんの準備のため、夏花だんの解体。
まだ元気な苗はプランターに植え替えるため、根っこを傷めないよう、
気をつけながらの掘りおこし。
道も解体です。重いレンガも頑張って運びました。

2-min-001

3-min-001

4-001

12月。いよいよ花だんに植付けです。
図面を見ながら配置。パンジー、アリッサム、シロタエギク、ヘデラ、ハボタン。
たくさんの苗を植えました。寒い中、たくさんの苗を植えてみんなヘトヘト。
でも、最後まで頑張りました。

5-001

6-min-001

7-min-001

1月。3月の発表会に向けて準備。
発表会では、1年間の活動を発表をするため、
月ごとの担当者を決めました。

8-001

2月。発表用の活動記録づくり。
自分の担当した月の内容や感想を書いたり、写真を貼ったり、思い出しながらの作業。
それぞれ工夫をこらして仕上げました。

9-001

3月。発表会と修了式。
いつもの元気はどこへやら…。緊張しながらも、みんな一生懸命発表をしました。
お父さん、お母さんにどんな活動をしてきたか、よくわかってもらえたと思います。

10-min-001

この1年間でキッズガーデナーたちは、土にふれたり、よごれたり、
重いものを運んだり・・・そして、友だちとさわいだり…
いろいろな経験をして、たくましくなったと思います。

はじめての経験や、はじめて聞く言葉もたくさんあったと思いますが、
今では、植物の専門用語もすこし覚えて、立派なキッズガーデナーです。
サポーター達の成長も目覚ましく、たのもしくなりました。

昨年度のキッズガーデナーたちも4月からサポーターになる子が多く、頼りにしています。
そして、4月。今月から第3期生のキッズガーデナーのスタートです。
今年は、どんな花だんになるのでしょうか。
みなさん、お楽しみに!!

ねったいかんへお越しの際は、ぜひキッズガーデナーの花だんに注目してください。
入口はいる手前、右側にありますよ。
             
                                        (H 記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.04.04

体感水族館が今年も始まりました!

3月13日(火)から、春休み企画展「体感水族館」がスタートしました!

%e2%91%a0

この企画展示では名前の通り、
水族館のいきもの達と触れ合うことができます。
通常触れない生きもの達に触れるとあって、
2階の企画展示室はたくさんのお客様で賑わっております。

展示室正面には「クリオネ」のコーナー。
「流氷の妖精」とも呼ばれる、翼のような手を動かして
泳ぐ姿は、なんてかわいらしい!ぜひ、見に来て下さい。

%e2%91%a1

クリオネがすむ流氷の海を手で体感できるコーナーもあります。
ぜひ手を入れてみてください。

%e2%91%a2
裏側には標本のコーナーもあります。
どんなさわり心地かな?

%e2%91%a3

%e2%91%a4

生き物のタッチコーナーでは、期間中毎日
ヒトデ、ナマコ、クラゲ、ビルマムツアシガメの「ムッちゃん」に触れます!

%e2%91%a5

そして毎年恒例となった「ガラ・ルファの足湯コーナー」。
今年も大人気な様子で、休日は混み合いますのでお早めに!

%e2%91%a6

そして大人気の土日祝日限定イベントでは、今年は「ウミグモ」に触ることができます。
その他にもイガグリガニ、ヌタウナギ、オオグソクムシに触れるということで、長~い列ができます。

%e2%91%a7

%e2%91%a8

平日2:00~2:30と土・日・祝日11:00~11:30にはサメ・タコ・エイも触れます。

%e2%91%a9
その他にも、魚の漢字読みあてコーナーやチンアナゴの顔出しパネルなどもあります!

%e2%91%aa

%e2%91%ab

来て、見て、触って楽しめるイベント盛りだくさんの企画展。
しかも入館料のみでイベントの参加は無料!

4月8日まで開催していますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2018.03.25

ヒスイカズラ 咲きはじめました!(見どころ情報3月17日号)

あたたかくなりましたね。
温室内の植物も春の訪れを感じてか、うごきはじめています。
ぜひ、ねったいかんの花や実を探しにお散歩にいらして下さい。

青緑色の不思議な花、ヒスイカズラ。上のほうから咲きはじめました。
今年の冬は寒かったので心配しておりましたが、つぼみもたくさんついています。

%e5%86%99%e7%9c%9f1-001

%e5%86%99%e7%9c%9f2-001
ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys


ねったいかん初開花のサラカ タイピンゲンシスは上のほうで、ひっそり咲いています。
上を見上げて探してくださいね。

%e5%86%99%e7%9c%9f3-001
サラカ タイピンゲンシス Saraca thaipingensis

ナツメヤシの花茎も元気にニョキニョキ伸びています。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-001
ナツメヤシ Phoenix dactylifera

幹に直接実をつける幹生果のジャボチカバ。
今なら、つぼみ、花、実を同時にご覧いただけます。

%e5%86%99%e7%9c%9f5-001

ジャボチカバ Myrciaria cauliflora


オオシロソケイ(エンジェルウィングジャスミン)。
上のほうで咲いているので気づかず通り過ぎてしまいますが、
歩いているとほのかに香りがします。香りを感じたら見上げてみて下さい。

%e5%86%99%e7%9c%9f6-001
写真6 オオシロソケイ(エンジエルウィングジャスミン)  Jasminum nitidum

カカオ、パラミツも元気に成長中。
両方とも縦の長さ15センチ位です。

%e5%86%99%e7%9c%9f7-001
カカオ Theobroma cacao

%e5%86%99%e7%9c%9f8-001
パラミツ Artocarpus heterophyllus

雲霧林ゾーンではカクチョウランや根茎性のベゴニアが咲いています。
メディニラ マグニフィカのつぼみも開きかけています。
花粉症の方はつらい季節だと思いますが、こちらのゾーンは霧でシットリ。
ちょっとホッとする空間です。

%e5%86%99%e7%9c%9f9-001
%e5%86%99%e7%9c%9f10-001
カクチョウラン Phaius tankervilleae

%e5%86%99%e7%9c%9f11-001
根茎性ベゴニア Begonia cv.


%e5%86%99%e7%9c%9f12-001
メディニラ マグニフィカ Medinilla magnifica

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.03.17

ねったいかんはランが花盛り!(見どころ情報2月17日)

ねったいかんでは、冷室を中心に今ランが花盛りです。
入り口の風除け室では、たくさんのシンビジウムがお出迎えをしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-001
入口からエントランスに入ると、ファレノプシス、オンシジウム、デンドロビウムなどのランが
彩を競い合っているようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1-001

水族館を出て階段を上った左手に、食虫植物のような不思議なランが咲いています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2-001
パフィオペディルム セントマリー Paphiopedilum Hassallii ‘Saint Mary’


絞め殺しの木(アコウ)の向かい側にもたくさんのランが咲いていますが、
デンドロビウム キンギアヌムが見ごろを迎えようとしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3-001
紫の花がデンドロビウム ベリー オダ Dendrobium Berry‘Oda’
白い花がデンドロビウム キンギアヌム アルバDendrobium kingianum var.alba


カカオノキを過ぎると冷室の手前にも、かんざしのようなランが咲いています!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4-001
デンドロキルム コッビアヌム Dendrochilum cobbianum

いよいよ冷室に入ると、階段の下と中央部に、
今年もカクチョウランが咲きはじめました。
ツルが飛んでいるように見えますか?

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5-001
カクチョウラン Phaius tankervilleae

冷室には、その他にもたくさんのランが開花しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6-001
デンドロビウム ‘ネリースレード’ Dendrobium ‘Nellie Slade’

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7-001
ディネマ ポリブルボン Dinema polybulbon

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a8-001
デンドロキルム テネルム Dendrochilum tenellum

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a9-001
セロジネ フラッキダ Coelogyne flaccida
…etc.

立春も過ぎ、暦の上ではもうすぐ春ですが、まだまだ寒い日が続きそうです。
「ねったいかん」ならランを見ながら、暖かく過ごすことができますよ。

(MI記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.02.17

「ツバキ展~冬を彩るオリエントローズ~」開催中!!

暦の上では立春も過ぎましたが、毎日冷たい北風が吹きつけ、
天気予報によると当分は寒さが続きそうですね。
風邪などひかないように気をつけてくださいね。

ねったいかんでは1月23日(火)~2月25日(日)の期間で「ツバキ展」を開催中です。
冬の花の少ない時期に咲くツバキは古くから日本人に愛され、
「茶花の女王」の異名も持つほど茶道ではかかせない花です。
今回は江戸時代に日本からヨーロッパに伝わり、
「オリエントローズ」と呼ばれ海外でも人気の外国種のツバキに焦点をあて、
ツバキの新たな魅力をご紹介しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f1-001

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

「ツバキという植物はない?!」「ツバキとサザンカの違い」ってご存知でしたか?
展示ではツバキについての知識や歴史、茶の湯との関わり、
実は縁起の良い花など、椿についてパネルで紹介しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f3-001

%e5%86%99%e7%9c%9f4-001

また、世界中のツバキを実物やプリザーブドフラワー、パネルで紹介しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f5

%e5%86%99%e7%9c%9f6-001

その他にもツバキの葉や香りを楽しんでいただくコーナーや、
椿油ができるまでを記録したVTRを放映するコーナーもあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f7-001

%e5%86%99%e7%9c%9f8-001

また、ツバキを使ったいろいろな商品を展示し、一部の商品は2階の受付で販売もしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f9-001

%e5%86%99%e7%9c%9f10-001

もちろん、ツバキの苗の販売もしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f11-001

期間中は以下のイベントも企画しています。
ご来館、お待ちしております。

2/10(土)「紙で作る可憐なツバキ」10:00~、14:00~各回20名 

%e5%86%99%e7%9c%9f12-001

2/11(日)「椿油入り石けん作り」14:00~ 30名
2/12(月祝日)「バレンタインプレゼント」10:00~ 
100名にお菓子をちょこっとプレゼント

  (MI記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.02.07

「梅が咲き始めました!」( 見どころ情報1月25日号)

ねったいかんの花壇で、梅の花が咲き始めました。
先日降った大雪にも負けず、蕾もたくさんつけています!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e3%82%a6%e3%83%a1%ef%bc%88%e7%b4%85%e5%85%ab%e9%87%8d%e5%92%b2%ef%bc%89
ウメ(紅八重咲)Prunus mume

温室の中では、赤色でフワフワしている不思議な花、
カリアンドラ ハエマトケファラが開花しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9
カリアンドラ ハエマトケファラ(オオベニゴウカン) Calliandra haematocephala

パラミツやカカオは実が成長して大きくなってきています!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%84
パラミツ Artocarpus heterophyllus

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%82%aa
カカオ Theobroma cacao

冷室では、たくさんのランが開花しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%80
バンダ Vanda cv.

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%80%80%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%82%a6%e3%83%a0
デンドロキルム グルマケウム Dendrochilum glumaceum

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a0
デンドロキルム プロピンクム Dendrochilum propinquum

セロジネは、いろんな品種をご覧いただけます。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%82%a2%e3%83%8a
セロジネ マッサンゲアナ Coelogyne massangeana

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a8%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2
セロジネ インテルメディア Coelogyne intermedia

冷室に植栽されているカクチョウランは蕾が少しずつ膨らんできています!!
開花が楽しみです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a9%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%80%80%e8%95%be
カクチョウラン蕾 Phaius tankervilleae


ラン以外にも冷室では、可愛らしいオレンジ色のシャクナゲが花を咲かせています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%aa%e3%83%ad%e3%83%89%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%a8
ロドデンドロン クリスティアナエ Rhododendron christianae

冬は寒くて外にでかけるのは辛い!という方もいらっしゃると思いますが、
寒い日や雨の日もねったいかんなら温室があるので、暖かい中ゆっくり過ごすことができます。

ぜひお越しください。

(K.H記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.01.25

「らん・ラン・蘭展2018」開催中!!

冷たい北風が連日吹きつけ、東京も冬本番といったところですね。

ねったいかんでは1月2日(火)~1月14日(日)の期間で
「らん・ラン・蘭展2018」を開催中です。 

img_6100-001
        
今回はランの香りに注目した展示コーナーがあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f1

いい香りだけでなく、臭いにおいでハエを呼ぶもの、夜に香りが強くなり、
夜行性の蛾(ガ)を呼ぶもの、ランのさまざまな香りが体験できます。
香りの人気投票も実施中です!

%e5%86%99%e7%9c%9f2-001

ぜひあなたのお気に入りの香りを見つけてください。

神代洋らん友の会の会員の方々には、今年も出展していただきました。
愛好家の方々の自慢の一鉢をご覧ください。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-001

%e5%86%99%e7%9c%9f3-001

当館の植物画教室で描かれた、ランの絵も参加者のご厚意で展示しております。

%e5%86%99%e7%9c%9f5-001

%e5%86%99%e7%9c%9f6-001

洋ランとはちがった楽しみ方、魅力のある、東洋蘭の世界もご紹介しております。
花だけでなく、葉や、飾り鉢などを総合的に観賞する、独特の世界をお楽しみください。

%e5%86%99%e7%9c%9f8-001

%e5%86%99%e7%9c%9f7-001

もちろん販売もあります。ラン各種、多数ご用意しております。
ぜひ、ご利用ください。

%e5%86%99%e7%9c%9f10-001

%e5%86%99%e7%9c%9f9-001

色とりどりの華やかなランで一足早い春を感じてみませんか。
ご来館、お待ちしております。

(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.01.05
ページの先頭へ戻る