2ヶ月ぶりのこの姿!

2月14日(土)、バレンタインデー。
皆さまの想いのつまったチョコレートは好きな人に受け取ってもらえましたか?


そして時を同じくして、14日はダイオウグソクムシのエサやりの日
私の愛情たっぷりつめ込んだアジの切り身を、ダイオウグソクムシにさし出したところ・・・。

モグモグモグ、とおいしそうに食べてくれました!
想いが通じた~!!!

やはり2ヶ月ぶりともなるとお腹がすいていたのでしょうか?
なんだかガツガツ感が以前よりも増している気がします。
たくさんのお客さまの視線が集まる中、私も食べてくれて非常にホッとしました。

「これを見るために、また来ました!」
「こんな近くで見れるなんて嬉しい!」

そんなお客様からの喜びの言葉もたくさんいただいて、私も嬉しい限りです。


そしてこんなご意見をいただきました。

「このダイオウグソクムシには名前はないの?」

そういえばそうですねぇ。
ダルちゃん、ムッちゃん、ボルタン、チュラとチャオ。
愛称をつけてあげた生きものがいる中、このコにはまだつけてあげてないなー。
ということで、近々ねったいかんのダイオウグソクムシの愛称募集しようかなと考えています
募集の仕方はまた後日告知させていただきます。


さてさて、次回のエサやりのタイミングも悩み中。
1ヶ月ごとのイベントに戻すか、2ヶ月に一度にしてがっつり食べてもらうか・・・。
こちらもまた日程が決まったら告知しますので、お楽しみに~。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.21

ミクロソリウムの増え方

この間の年末年始の休館中に、後輩Y君が水草水そうのリニューアルをしてくれました。




Y君は水草が大好きで、作業中は黙々と底砂を入れかえ、流木などをレイアウトし、新しい水草を1本1本植えておりました。
作業後には 「仕事だってことを忘れてしまいそうでした~」 と、完全に趣味に没頭する少年のよう・・・。
Y君のおかげで2本の水草水そうが新しくなりました。


その水草たちも1ヶ月以上が経過して、根を伸ばし、肥料を吸い上げてぐんぐんと育ってきています。


その中で、今回ご紹介したいのは 「ミクロソリウム」 という水草。
ミクロソリウムはシダの仲間で、水そうの中ではその大きく鮮やかな緑の葉っぱが印象的。
普通の水草は土の中に根を張るのですが、ミクロソリウムは流木や石に根を張ってくっついていきます。





水そうにいれた当初は一枚葉だったミクロソリウムも根を張り、少しずつ増えてきました。
増え方は2通りあります。



①根茎(こんけい)を伸ばしてその先に新しい葉っぱが出てくる



写真を見てみると、流木の上に伸びている緑の根茎から新しい葉っぱが出ていますね~。
今は小さな新しい葉っぱも、これからグググっと大きくなってきてくれるでしょう。




②葉っぱの裏の胞子のうから葉っぱが出てくる

ちょっと変な増え方です。
この写真を見てみて下さい。



葉っぱから根っこと小さな葉っぱが出てきているのがわかりますか?
そうなんです、葉っぱから新しい葉っぱが出てきて増えるのです!

葉の裏側の黒い点が「胞子のう」と呼ばれるもので、ここから新しい根と葉っぱが出てきます。




どうやら、新しい水そうに入れて環境が変わって水草もびっくりしちゃったんでしょうね。

「ここはどこだ~!ここで生き延びれるかな・・・念のため子株つけてこども増やしとくか・・・」

という感じでしょうか。
いろんな葉っぱから子株が出てきてますね~。



水草もよ~く観察するとおもしろいものです。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.17

ダイオウグソクムシが食べました!!

12月13日のエサやりで食べてくれなかったダイオウグソクムシに、この間ちょこっとごはんをあげてみました。

ドキドキしながら、まずはアジの切り身をつけていた海水をすこーし、水そうの中にたらしてエサのにおいをかがせます。
そーすると、モゾモゾ・・・とダイオウグソクムシ、動き出しました!


「いい反応来た!今だー!!!」

と、お口の近くに小さめのアジの切り身を置くと。

ガシッ!

エサをしっかりつかんで、モグモグモグ・・・。 食べてくれましたー!

ほっ・・・。

今回は小さめのアジの切り身でしたが、あっという間にたいらげて、もっと食べたい~と水そうの中をごそごそと動き回っていました。
これなら、まだ食べてくれそう。


ということで、2月はダイオウグソクムシのエサやり、復活いたします!


日程は2月14日(土)の15時半ごろ、いつもどおり「さかなのエサのじかん」のあとに行います。

おっと、その日はバレンタイン。
10時から先着150名様にはバレンタインプレゼントもありますよー。


さてさて、私の愛情たっぷりつまったアジの切り身、ダイオウグソクムシは受け取ってくれるかな~・・・。
私にとってはある意味、ドキドキのバレンタインになりそうです。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.08

おかしな生きもの

1月27日から始まった企画展「おかしな植物展」
企画展示室の一角には「おかしな生きものコーナー」もあります。




水槽の中にはお菓子の名前が入った名前を持つ魚たちがいます。
ダンゴウオにマンジュウイシモチ、チョコレートグラミー。


ダンゴウオ


マンジュウイシモチ


チョコレートグラミー



かわいい~。


この中でダントツに可愛いのはやっぱりダンゴウオだなー。
おなかの吸盤でピタッと水槽のいろんなところにくっついています。
クリクリおめめも超キュート、見つめられたらキュンキュンすること間違いなしです!




期間中、スタンプラリーに参加してくださったお客さまにはチョコレートをプレゼントします。
かわいいダンゴウオたちとお待ちしてまーす!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.01.30

ダイオウグソクムシのエサやりについて

毎月一度行っていたダイオウグソクムシのエサやりですが、実は昨年12月13日(土)のエサやりではまったく食べてくれず・・・
私の無敗伝説が破れてしまいました・・・がくり。



もしかしたら、月に一度は食べすぎなのか!?
数年間エサなしでも生きていた個体もいるくらいですからね~。

ということで、1月のエサやりは中止とさせていただきました。
楽しみにしていた方々、ごめんなさい!



2月のエサやりについては、様子を見て判断させていただきます。
食べそうな気配があったら、2月のどこかの土曜日で実施しますので、また後日お知らせいたします。


「楽しみにしてたのに~!見たい、見たい~!」という方、すみませんが今回は動画で勘弁してくださいませ。



You Tubeでご覧になる方はコチラ→



You Tubeでご覧になる方はコチラ→



あー、次のエサやり緊張するなぁ・・・。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.01.26

モクズショイの衣装チェンジ

新年明けましておめでとうございます

2015年初のつぶやき話、いってみよー!



1月前半の企画展は、「らんラン蘭展」
その展示室の一角に、お正月にちなんだ水そうを2つ置かせてもらいました。


笑う門にはフグ(福)来る!?ハリセンボン




お正月の遊びといえば、凧揚げ→タコアゲ→タコクラゲ


タコクラゲはクリスマスでも非常に好評だったので、再展示です!




そして、もう一種類、こちらの生きもの。



なんか見覚えありませんか?

そうです、クリスマス展でクリスマスの衣装を身にまとっていた「モクズショイ」
今度は今年の干支にちなんで、羊になりきっています!(笑)



羊に見えるかな~?


それでは皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.01.04

チンアナゴ

あっという間に2014年も終わりを迎えようとしています。
2014年はみなさま、どんな一年でしたか?

それでは、2014年最後のつぶやき話、いってみよー!


この間、2匹のチンアナゴがケンカをしていました。
普段はかわいらしいチンアナゴ。




ケンカのときは、口を大きく開けて、心なしか目もつりあがって見えます。
動画が取れたので、みなさま見てみてくださいな。






お互いの巣穴が近すぎるんでしょうね。

「ちょっと穴近くね?おまえどっか他のとこいけよー。」

「やだよー、オレだってここが気に入ってるんだから。おまえこそどっかいけよー。」

そう言っているみたいですね。



チンアナゴたちは、水そうの中でもごはんがたくさん流れてくるあたりに巣穴を作ることが多く、
ねったいかんの水そうでは、まんなかあたりで生活しているコがたくさん。

ケンカの翌日に水そうを見ると、やはり1匹が他のところにお引越していました。
夜の間にそーっとお引越を完了したようです。

ほどほどの距離感がイチバン、てことかな。


今年もたくさんのお客さまがねったいかんに遊びに来てくれて、本当に感謝しています。
皆さまの楽しんでいる姿や笑顔を見るととっても嬉しくて、頑張るぞー!となります。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆さま、良いお年を~!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.28

ハナイカの衝撃的なお食事シーン

展示のたびにお客さまを虜(とりこ)にする生きもの、ハナイカの展示がスタートしました。





小さくてカラフルなイカです。 みなさまが食べるスルメイカとはちょっと雰囲気が違いますね。
ハナイカは海底を歩くイカで、普段はじっとしていたり、海底をのろのろと歩いたり。

そんなハナイカも、ごはんの時間となると様子が変わります。


今回はエサを食べるシーンの動画がとれましたので、皆さまにも公開したいと思います!
ハナイカの衝撃的なお食事シーンはこれだー!!!




You Tubeでご覧になる方はコチラ→


どうですか? エサをねらっている動き。
エサをねらいながら にゅー っとのびる触腕(しょくわん)。





そして、シュパーン! と とらえる素早さ!!!

私も、ハナイカのこのお食事シーンは何度も見入ってしまいます。
たまりませんなぁー。

イカの寿命は一年。

現在展示しているハナイカたちも、人生のラストスパート、繁殖の時期です。
展示期間が1~3ヶ月と限られてしまうことが予想されるため、ハナイカをご覧になりたい方はお早めに遊びに来てくださいね。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.24

オシャレなカニ、モクズショイ

前回ご紹介したハリセンボンと同じ水そうで、とある生き物が一緒に暮らしています。

下の写真に写っているのですが、どこにいるかわかるかな?




アップにしてみましょう。




「サンタさんのこと!?」

そう思った方、もっとよーくサンタさんの周りを見てみて下さい。
カニさんが4匹、サンタさんのまわりをぐるりと囲んでいるのがわかりますか?





「モクズショイ」というカニさんです。

海そうやカイメンなどを体にくっつけて、擬態(ぎたい)しているカニです。
カモフラージュですね。
藻() や クズ を背負う (しょう) から、モクズショイ です。




さて、このモクズショイ、水そうのなかにたくさん毛糸を入れておくと、それをせっせと背中やあしにくっつけてしまいます。
今回はクリスマスに合わせて、と白との毛糸。
4匹の中でどのコがいちばんおしゃれかな?

ぜひお気に入りのモクズショイをみつけてみてくださいね!

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.18

12月のダイオウグソクムシのエサやり日程

12月のダイオウグソクムシのエサやりは、12月13日(土)に行います。

つまりあさって・・・直前の告知になってしまって本当にゴメンナサイ!
いつものように15時からの「さかなのエサのじかん」のあと、15時半ごろから行います。

いやぁ、13日の土曜日はイベントがもりだくさんですね~。

14時からは、ムッちゃんのツリー点灯式。



15時から、さかなのエサのじかん。


そしてそのあとダイオウグソクムシのエサやり


さらにさらに16時からは大人気イベント「トワイライトジャングル探検」!




13日は午後がなかなかアツイです。
ねったいかんを思う存分満喫できるはず!

皆さまのご来館をお待ちしております。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2014.12.11
ページの先頭へ戻る