サンタンカ・ダフィーの花が咲いています!(見どころ情報9月4日号)

温室ではサンタンカ・ダフィーの花が咲いています。
サンタンカは沖縄の三大名花の一つで、
江戸時代に大陸から琉球経由で日本に渡来したと言われています。
虫さんも遊びに来ていました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-001
サンタンカ・ダフィー  Ixora duffii 

温室内ではシマオオタニワタリが葉を広げています。
葉の裏の胞子のう群がきれいです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1-001
シマオオタニワタリ Asplenium nidus

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2-001
シマオオタニワタリアップ Asplenium nidus

パフィオペディルムはランの一種です。
名前は女神のスリッパ(サンダル)を意味しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3-001
パフィオペディルム Paphiopedilum cv.

斑入りパイナップルの実がなっています。
休憩室と展示室を結ぶ、回廊でご覧いただけます。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4-001
斑入りパイナップル   Ananas comosus ‘Variegata’

休憩室では緋牡丹が日向ぼっこをしています。
このサボテンは瑞雲丸の突然変異で生まれたものです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5-001
緋牡丹  Gymnocalycium mihanovichii ‘Hibotan’


雲霧林ゾーンでは、メディニラ・スペキオサが実をつけています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6-001
メディニラ・スペキオサ  Medinilla speciose

シャクナゲも色とりどりの花を咲かせています。
ぜひねったいかんに見にいらっしゃって下さい。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7-001
マレーシャクナゲ プリンセス・アレキサンダー Rhododendron vireya ‘’Princess Alexandra’

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a8-001
マレーシャクナゲの仲間 Rhododendron vireya cv.

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2017.09.04
ページの先頭へ戻る