おかしな植物展始まっています!

らん・ラン・蘭展が終わってヤレヤレ?と思っているうちに、日も少しずつ延び、
早春の花がお花屋さんに並びはじめましたね。
とはいえまだ外の風は冷たいので、ぜひ、温かなねったいかんの「おかしな植物展」に遊びに来て楽しんでくださいね。
姿や形、生態や名前のおかしな植物、またお菓子になる植物!を展示しています。

一口に姿や形がヘンといってもみんなそれぞれ個性があっておかしいのですが、
イチバンおかしいのはあなたです!
という声もありますがそれは置いといて。 本題に入ります。




名前のおかしい木・・・アアソウカイ、サラダノキ、オウソウカ、ソーセージノキなど

生態や形がおかしい植物・・・幹や根で光合成しているといわれるバオバブやバンダ、幹や葉がプックリとしている多肉植物、
                   脱皮や擬態をするリトープス、虫に食べられるのではなく、虫を罠にかけ栄養にする食虫植物、
                   睡眠運動をするカラテアやマメ科の植物など

お菓子な植物・・・バニラ、カカオ、アーモンド、サポジラ(チューインガムノキ)、チェリモヤ(アイスクリームノキ)など






また、スタンプラリーを完成させると芥川製菓さんのメダルチョコがもらえます



温室内には植栽スタッフ(もとちゃん、石ちゃん、H(かおるん)、こばりん)おすすめのおかしい植物パネルもありますので
みて・みて・みて・下さい。
本当はどの植物もとてもおもしろいので、今後少しずつ紹介していきますね。



今回の展示では日本食虫植物愛好会(JCPS)、国際多肉植物協会(ISIJ)、芥川製菓(株)の皆さんにご協力をいただきました。
(感謝)
                                      

K記

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2015.01.28
ページの先頭へ戻る