「ヒスイカズラが咲き始めます!」 見どころ情報(3月16日号)

暖かい日が続いたと思うと、急に寒くなったり。風邪をひかないよう、注意しましょう。
ヒスイカズラの花がもうすぐ開花します。


ヒスイカズラ Strongylodon macrobotrys

3月の末から4月上旬には見ごろを迎えると思いますので、
お見逃しなく。 

他にもきれいな花が咲いています。

 ペトレア・ヴォルビリス Petrea volubilis


ファレノプシス Phalaenopsis
 

シンニンギア・レウコトリカ(断崖の女王)Sinningia leucotricha

温室の外ではデイコの花も咲き始めました。



 ブラジルデイゴ Erythrina speciosa

トロピカルフルーツの花も咲いています。

 ジャボチカバ Myrciaria cauliflora
木の幹が花とツボミでおおわれています。


ピタンガ Eugenia uniflora
小さくてかわいらしいカボチャのような実がなります。

今、“ねったいかん”のあちこちで新しい芽が芽生えています。

 トレベシア パルマタ Trevesia palmata
大きな葉っぱも迫力がありますが、雪の結晶のような新芽もぜひご覧ください。


セイロンニッケイ Cinnamomum verum
葉っぱが赤いのは新芽の時だけです。

 
パラゴムノキ Hevea brasiliensis
独特のかわいらしい新芽が見られるのは、この時期だけです。
その他にも、この時期ならではの新芽が芽生えていますので探してください。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.03.16

こぼれ話「2018年度キッズガーデナーまとめ(7月~発表会)」 (3月19日号)

キッズガーデナーのこぼれ話もしばらくぶりになってしまいました…
来年度はもう少し回数を増やさねばと反省しております。
さて、2018年4月から始まったキッズガーデナーも先日、3月9日に発表会を開催し、
無事に今年度が終了いたしました。
キッズガーデナーとサポーターたちが自分の担当の作業を発表してくれました。
我々スタッフも1年間の出来事が思い出されて、感慨深いものがあります。

それでは、まだご紹介していなかった、7月から順に作業をご紹介していきましょう。
〇7月…夏花壇作り
サルビア4色とミニヒマワリを植えました。暑い中、頑張って完成させました。

 1か月後になったら、お花も咲いてきて立派になりました!

〇9月…チューリップの球根を植えつけます。深さは大丈夫かな…

12月に作る、冬花だんのためにみんなでデザインを考えています。

カラフルで面白い形のデザインができましたよ。力作です。

〇11月…夏花だんの解体です。 冬花だんを作るために苗をみんなで抜いていきます。

雑草を抜くのも忘れずに…

肥料をまいて、耕して、ならしたら、植える準備はOKです。

〇12月…いよいよ冬花だん作りです!
みんなで考えたデザインをもとにして、太陽、月、星型の花だんになりました。

実際に苗を並べてみてから、植えつけ開始。

ついに完成です。その次の写真は3月に撮影したもの。きれいに咲きました!

1年間本当によく頑張りました!来年度もキッズガーデナーをよろしくお願いします!(M記)

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2019.03.26
ページの先頭へ戻る