ゴバンノアシの実が育っています!見どころ情報(11月2日号)

「ねったいかん」でゴバンノアシの実がついたのは初めてなので、
私たちもどうなるのか楽しみにしています。


ゴバンノアシ Barringtonia asiatica

受粉していない可能性もあるので、今後どうなるかわかりませんが、
成熟するとこんな感じになります。


ゴバンノアシの実 

青い宝石のような花が今年も咲きました。


ディコリサンドラ・ティルシフロラ  Dichorisandra thyrsiflora

冷室ではランの花がいろいろ咲いています。


フラグミペディウム カーディナル ウィルコックス  Phragmipedium Cardinale‘Wilcox’


デンドロビウム ’ネリースレード’ Dendrobium ‘Neliie Slade’


アングレクム レオニス  Angraecum leonis

回廊では春から咲きはじめ、香りを楽しませてくれたイランイランが
まだ咲いていますが、そろそろ見納めかも。


イランイラン  Cananga odorata

鮮やかな紫色のマメは、ラブラブ プルプレウス(ドリコス ラブラブ)。
アフリカ熱帯地域原産。日本でも千石豆(せんごくまめ)、
味豆(あじまめ)などと呼ばれ、食用にします。


フジマメ  Lablab purpureus (Dolichos lablab)

秋も深まり肌寒くなってきましたが、熱帯植物がたくさん見られる
「ねったいかん」に、ぜひおいでください。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.11.02
ページの先頭へ戻る