世界のヤシ展始まりました!

みなさんは熱帯といったらどんな風景を思いうかべますか?
青い海にココナツジュース、ハイビスカス、プルメリアの花、ヤシの木などを
想像される方が多いのではないでしょうか。

今回の展示では、特にヤシに注目し世界中のヤシをご紹介しています。
実際に展示室では、15種類のヤシを見ることができます。



また、ヤシの木は人の生活に欠かせない植物で、食べ物や加工品、生活雑貨など
あらゆるものに実や葉、幹などが使われています。
特にアブラヤシからとれるパーム油は、扱いやすいため様々な加工品に使われていて、
私たち日本人にとっても生活に欠かせないものとなっています。



実際にいろいろなヤシの実も展示しています。



展示を見た後はぜひ南国に行った気分で写真も撮ってみてください。
貸衣装もあるので、楽しい思い出の1枚になりますよ!



寝っころがれるイスもあります。腰かけてしまうとなかなか動けないかもしれません。



子供達には塗り絵や絵本が読めるキッズスペースも用意しています。



ねったいかんの温室にも約10種類のヤシが植えられていて、実際に見ることができます。
ヤシの樹名板にはヤシ展のマークがついているので、ぜひ探してみてください。



さらに、世界のヤシ展の期間中の土曜・日曜日、祝日限定(9/22,23,24,29,30、10/6,7,8)で、
喫茶室クレアでココナッツミルクが入った「オモシロイカレー」を食べることもできます。
ぜひ、オモシロイカレーも食べて、ねったいかんでヤシを満喫してくださいね。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.09.22

なかよし

急に涼しくなって皆さんも最近眠いという方も多いのではないでしょうか。
生きもの達も日が短くなり、早寝のようです。

今日5時30分頃館内の見回りをしていたら、温室の池水そうで
ヒマンチュラチャオプラヤとボルネオカワガメが仲良く休んでいました。



自然の中ではこんな姿があるのかは分かりませんが、
同じ水そうにすんでいる仲間として、お互い安心しきっている様子でした。

ボルネオカワガメは目を閉じると、まぶたが真っ白で、
まるで白目のようですね。


もしかすると、夕方にねったいかんに来ると2匹の仲が良い姿が見られるかもしれません。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2018.09.21

今年もビワモドキのツボミがつきました!(見どころ情報9月5日号)

9月に入り、暑さもだんだん収まってきましたね。
今年の暑さはさすがに熱帯植物にとっても厳しかったようです。
最近では、真夏とちがう花やツボミが見られるようになってきました。

今年もビワモドキのツボミがつきました。昨年より2か月ほど遅れての着蕾です。
数は少ないですが、その分大きな花が咲くといいですね。ブリッジから見られます。


ビワモドキのツボミ Dillenia indica


昨年の開花の様子です。


ビワモドキの花

ゴバンノアシの花は夜咲いて、朝には落ちてしまいますが、
早めに来館すると落ちずに残っていることがあります。
花からは独特の甘い香りが漂ってきます。


ゴバンノアシ Barringtonia asiatica

ベゴニアの仲間のコウトウシュウカイドウが清楚な花を咲かせています。
石垣島、西表島などに自生し、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。


コウトウシュウカイドウ Begonia fenicis

ココヤシの花が咲いています。下の方についている丸いのが雌花でここが実になります。
うまく実ってくれるといいのですが。


ココヤシ(わい性)Cocos nucifera ‘Golden Malay’

ここからは冷室に咲く花を紹介しましょう。

フラグミペディムはランの仲間です。次々と下からツボミが出てきます。


フラグミペディウム ‘ウィルコックス’ Phragmipedium ‘Wilcox’

マレーシャクナゲも咲いています。


ロドデンドロン ゾエレリ Rhododendron zoelleri


ロドデンドロン‘サンセット’ Rhododendron ‘Sunset’


ロドデンドロン‘プリンセス アレキサンダー’
Rhododendron ‘Princess Alexandra ’ 


夏が終わっても、まだまだ楽しめますよ。

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2018.09.06
ページの先頭へ戻る