ダイオウグソクムシが食べました!!

12月13日のエサやりで食べてくれなかったダイオウグソクムシに、この間ちょこっとごはんをあげてみました。

ドキドキしながら、まずはアジの切り身をつけていた海水をすこーし、水そうの中にたらしてエサのにおいをかがせます。
そーすると、モゾモゾ・・・とダイオウグソクムシ、動き出しました!


「いい反応来た!今だー!!!」

と、お口の近くに小さめのアジの切り身を置くと。

ガシッ!

エサをしっかりつかんで、モグモグモグ・・・。 食べてくれましたー!

ほっ・・・。

今回は小さめのアジの切り身でしたが、あっという間にたいらげて、もっと食べたい~と水そうの中をごそごそと動き回っていました。
これなら、まだ食べてくれそう。


ということで、2月はダイオウグソクムシのエサやり、復活いたします!


日程は2月14日(土)の15時半ごろ、いつもどおり「さかなのエサのじかん」のあとに行います。

おっと、その日はバレンタイン。
10時から先着150名様にはバレンタインプレゼントもありますよー。


さてさて、私の愛情たっぷりつまったアジの切り身、ダイオウグソクムシは受け取ってくれるかな~・・・。
私にとってはある意味、ドキドキのバレンタインになりそうです。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.08

ミクロソリウムの増え方

この間の年末年始の休館中に、後輩Y君が水草水そうのリニューアルをしてくれました。




Y君は水草が大好きで、作業中は黙々と底砂を入れかえ、流木などをレイアウトし、新しい水草を1本1本植えておりました。
作業後には 「仕事だってことを忘れてしまいそうでした~」 と、完全に趣味に没頭する少年のよう・・・。
Y君のおかげで2本の水草水そうが新しくなりました。


その水草たちも1ヶ月以上が経過して、根を伸ばし、肥料を吸い上げてぐんぐんと育ってきています。


その中で、今回ご紹介したいのは 「ミクロソリウム」 という水草。
ミクロソリウムはシダの仲間で、水そうの中ではその大きく鮮やかな緑の葉っぱが印象的。
普通の水草は土の中に根を張るのですが、ミクロソリウムは流木や石に根を張ってくっついていきます。





水そうにいれた当初は一枚葉だったミクロソリウムも根を張り、少しずつ増えてきました。
増え方は2通りあります。



①根茎(こんけい)を伸ばしてその先に新しい葉っぱが出てくる



写真を見てみると、流木の上に伸びている緑の根茎から新しい葉っぱが出ていますね~。
今は小さな新しい葉っぱも、これからグググっと大きくなってきてくれるでしょう。




②葉っぱの裏の胞子のうから葉っぱが出てくる

ちょっと変な増え方です。
この写真を見てみて下さい。



葉っぱから根っこと小さな葉っぱが出てきているのがわかりますか?
そうなんです、葉っぱから新しい葉っぱが出てきて増えるのです!

葉の裏側の黒い点が「胞子のう」と呼ばれるもので、ここから新しい根と葉っぱが出てきます。




どうやら、新しい水そうに入れて環境が変わって水草もびっくりしちゃったんでしょうね。

「ここはどこだ~!ここで生き延びれるかな・・・念のため子株つけてこども増やしとくか・・・」

という感じでしょうか。
いろんな葉っぱから子株が出てきてますね~。



水草もよ~く観察するとおもしろいものです。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.17

2ヶ月ぶりのこの姿!

2月14日(土)、バレンタインデー。
皆さまの想いのつまったチョコレートは好きな人に受け取ってもらえましたか?


そして時を同じくして、14日はダイオウグソクムシのエサやりの日
私の愛情たっぷりつめ込んだアジの切り身を、ダイオウグソクムシにさし出したところ・・・。

モグモグモグ、とおいしそうに食べてくれました!
想いが通じた~!!!

やはり2ヶ月ぶりともなるとお腹がすいていたのでしょうか?
なんだかガツガツ感が以前よりも増している気がします。
たくさんのお客さまの視線が集まる中、私も食べてくれて非常にホッとしました。

「これを見るために、また来ました!」
「こんな近くで見れるなんて嬉しい!」

そんなお客様からの喜びの言葉もたくさんいただいて、私も嬉しい限りです。


そしてこんなご意見をいただきました。

「このダイオウグソクムシには名前はないの?」

そういえばそうですねぇ。
ダルちゃん、ムッちゃん、ボルタン、チュラとチャオ。
愛称をつけてあげた生きものがいる中、このコにはまだつけてあげてないなー。
ということで、近々ねったいかんのダイオウグソクムシの愛称募集しようかなと考えています
募集の仕方はまた後日告知させていただきます。


さてさて、次回のエサやりのタイミングも悩み中。
1ヶ月ごとのイベントに戻すか、2ヶ月に一度にしてがっつり食べてもらうか・・・。
こちらもまた日程が決まったら告知しますので、お楽しみに~。

水族館担当スタッフのつぶやき話 | 更新日:2015.02.21

ハートの葉を探して!

少しずつ日がのびて、春が近づいている感じですね。

今、ねったいかんでは「おかしな植物展」開催中です。
バレンタインデーは終わりましたが、ホワイトデーも近いし、一年も待てない!いつでもバレンタインデー!という人もいる?


そんなこんなで今回はハート型のはっぱ。


まずは、かわいい植物ハートホヤ。 ホヤ・カーリーというつる性植物です。
ハート型の葉が、かわいいですね!  





ほかにもハートの葉・・・? 

温室の中を探してみましょう。



まず見つけたのは、マングローブの中のサキシマハマボウ。 なんとなくハートに見える? 





お次は、ちょっと大きなフリル付きのハート。フィカス・ウンベラータ





ポトスの葉もよく見てみると、かわいらしいハート型がチラホラ。
葉っぱもみな同じ形ではなく、少しずつちがいますね。 種類もいろいろ。 ライムとマーブル。






こちらはプックリとかわいらしいハート。アカリファ・ウィルケシアナ





また、また発見!!!つる性でドンドン伸びるキンマの葉もハート型!





かわいいピンクのハート!見つけました!! アンスリウム
ピンクの部分は花ではなく苞。花は棒状の部分に多数つきます。





ちょっとスペードっぽい??  でも、今回はおまけしてハートの仲間にいれましょう。
アリストロキア・エレガンス。 パイプカズラとも呼ばれ、不思議な花が咲きます。





ハイビスカスの葉のなかにもハートっぽく見えるものが…ギザギザハート!!




けっこうあるものですね。 無理やり・・・なものもありますが・・・。
テーマを決めて探しながら歩いてみると、いつもと違う見え方がして楽しいかもしれません。
みなさんもハートの葉、探してみませんか? もっとたくさん見つかるかもしれませんよ。
  
 さて、お次はどんな葉っぱを探そうか・・・? 


                                             ( H 記 )   

植物担当スタッフのこぼれ話 | 更新日:2015.02.22
ページの先頭へ戻る