【開花情報】サラノキ(2005年4月)

サラノキの実と花を同時にご覧いただけます。





サラノキの花は、下の枝でわずかですが、まだ咲いています。
樹の上部や中ほどではサラノキの実が結実して大きくなり、肉眼でも見えるようになりました。
羽根突きの羽にそっくりな3枚の大きな翼をもつ実が多数ついています。
花をご覧になる方は、お早めにおこし下さい。

開花情報 | 更新日:2005.04.21

【開花情報】サラノキに実がつきました(2005年4月)

最初に開花し始めた最上部の枝の一部と中ほどの枝に翼のある実がついていますが、
肉眼では見えにくいので望遠レンズか双眼鏡の使用をお勧めします。

だいぶ花数は少なくなってきていますので、お早めにお越し下さい。
あと、1週間ほどは咲いていると思われますが、気象状況に左右されます。

開花情報 | 更新日:2005.04.09

【開花情報】サラノキ(2005年4月)


日本ではみずの森でしか咲いていないサラノキの花が、
今までになく 樹全体に多数の花が開花しました。

2月1日に最初の開花が認められ、低温続きのため開花がゆっくり進み、
3月中旬より、樹高6mの木が花盛りとなりました。

現在、下の方の枝まで開花し、小さな淡い黄色の星形の花が目の前でよく見えるようになりました。
あたり一面芳香が漂いジャスミンティーにも似た香りが楽しめます。

咲くそばから花びらが散っていますので、時により、お釈迦様が涅槃に入られた時のように、
サラノキの花びらが 降り注ぐ場面に遭遇するかもしれません。

2月中はまだ青々としていたサラノキの葉は、開花が進むと同時に黄変して、古い葉を落とし、
薄い黄色の星形の花の房がしだれ、樹全体が柔らかな黄緑色となりました。
次第に花数は少なくなってきています。下の枝にはまだ蕾がついていますので、
4月上旬までお楽しみいただけますが、お早めにお越し下さい。

開花情報 | 更新日:2005.04.01
ページの先頭へ戻る