【開花情報】懸崖菊、ニンニクカズラ見頃| 開花時期11月(2012年)

懸崖菊が見頃となりました。
噴水周りとロータス館入口の懸崖仕立ての小菊の良い香りが秋の陽ざしの中に漂います。
ロータス館に入ると洋ランの甘い香りにつつまれます。11月4日まで秋の洋ラン展を開催しております。


★ 懸崖菊
コミュニティ広場の噴水周りを巡る可愛らしい懸崖菊


★ ニンニクカズラ Mansoa alliacea
ノウゼンカズラ科 熱帯アメリカ原産のつる植物
花は良い香りがします。
花以外の葉や茎、根はニンニクのニオイがします。
熱帯植物ですが、鉢で戸外栽培をしました。みずの森のゲートを入って右手に展示しております。


★ エランテムム・ウォッティ  Eranthemum wattii
キツネノマゴ科
インド原産
紫のビロードを思わせる小花が多数咲きます。
秋も遅くなって独特の青紫の可憐な花を咲かせます。アトリウムのアクアリウム前で鉢展示しています。
別な品種に青い花色のルリハナガサ Eranthemum pulchellum があります。



★ 秋の洋ラン展  草津市長賞
カトレア マキシマ



★ 秋の洋ラン展 展示風景
滋賀洋らん会会員により丹精こめて育て上げられた、
カトレヤ、パフィオペディルム、バンダ、オンシジュームなど約200鉢を展示しております。

開花情報 | 更新日:2012.10.31

【開花情報】ツワブキ、ドンベヤ・バージェシアエ見頃| 開花時期11月(2012年)

懸崖菊が満開となったみずの森園内です。
太鼓橋のたもとや森の小道で黄色のツワブキが見頃となりました。
正面花壇の球根ベゴニアも色鮮やかになってきました。


★ ツワブキ Farfugium japonicum 艶蕗   
キク科
園内各所で黄色の明かりをともしたように、明るいツワブキの花が見頃です。
葉につやがありフキに似ていることで名づけられました。
若い茎はゆでて食用に、葉はあぶってやけどや傷に貼るなど民間薬として用いられました。



★ 球根ベゴニアと宿根メネシア
正面の秋花壇は秋も深まり色鮮やかになってきました。



★ ドンベヤ・バージェシアエ  Dombeya burgessiae
アオイ科
南アフリカ東部原産
晩秋に開花する一重のドンベヤです。
地上部は枯れますが戸外で越冬します。家庭でも栽培・観賞のできるドンベヤです。
今はアトリウムにて鉢展示しております。
ドンベヤは冬の温室の代表花木で年末年始にかけて豪華なドンベヤ・ウァリチーが咲き、
白い花のドンベヤ・チリアケア、赤紫色の ドンベヤ‘セミノール’と続きます。



★ ウナズキヒメフヨウ 赤花  Marubabisucus arboreus var. mexicanus
アオイ科
メキシコからコロンビアにかけて分布
蕾の時は上を向いていますが、次第に下を向き、花は開ききらずに、下垂して咲きます。
これ以上花は開かないのが不思議なところです。
アトリウムにて鉢展示しております。



★ ムクナ・ベネッティ  Mucuna bennettii
マメ科
ニューギニア原産のツル植物
燃えるような真っ赤な花が房になり下垂して咲く、美しいムクナ・ベネッティの蕾が大きくなりました。
今年もたくさん蕾がつきました。花の見頃は11月半ばから12月初めまでが見頃と思われます。

開花情報 | 更新日:2012.10.31
ページの先頭へ戻る