【開花情報】ルイジアナアイリス見頃 | 開花時期5月(2010年)

アサザ池は一面、黄色の花盛りとなり、山の小道では「ヤマボウシ」が咲き始めました。
コニファーの森ではカルミアのピンクの小花が満開です。
丘の上の花園はジギタリス、ゲラニウム、フロックス、フロミス、ムラサキセンダイハギなど次々と咲き競いでいます。
スイレン池ではルイジアナアイリスが見頃となり、スイレンとの取り合わせが美しい季節です。


★ ルイジアナアイリス Iris(Lousiana Group)
茶色、紫、ピンクの中間色がないまぜになり不思議な花色をつくりだしている水辺のアイリスです。
アメリカのルイジアナ州からミシシッピー川流域自生種をもとに改良された園芸品種で豊富な花色が特色です。
スイレン池の縁を彩り咲く花とスイレンは絵になる風景です。



★ スイレン‘ピンク グレープフルーツ’ Nymphaea‘Pink Grapefruit’
Strawn作出       作出年・交配親 不明
黄色からピンクへのグラデーションが美しく、きわだって目をひくスイレンです。



★ アサザ  Nymphoides peltata
ミツガシワ科  環境省レッドデータブック準絶滅危惧種
「アサザ池」ではキュウリの花によく似た黄色いアサザの花が咲き始めました。
間近でアサザの花の観察ができます。



★ クニフォフィア Kniphofia spp
南アフリカ原産の球根植物
トリトマとも呼ばれます。丘の上の花園にて開花。
黄色からオレンジ色のグラディーションが美しい珍しい形の花ですが開花期間が短いので、
写真撮影にはお早めにお越し下さい。



★ センダン‘フラッシュダンサー’
センダン科
フラッシュダンサーは黄色の美しい斑の入るセンダンの園芸品種です。
レンガの小道ではフラッシュダンサーの美しい新葉に加え、
植栽してから初めて涼やかな白と紫の花が花が咲きました。

開花情報 | 更新日:2010.05.29

【開花情報】ヒトツバタゴ見頃 | 開花時期5月(2010年)


★ ヒトツバタゴ  Chionanthus retusus
別名 ナンジャモンジャノキ
モクセイ科の落葉高木
長崎県対馬、岐阜、愛知の木曽川周辺に隔離分布する珍しい花木で、
3県の自生地は天然記念物に指定されています。
和名は一つ葉のトネリコ(タゴ)の意味でトネリコは複葉であるが、この木は托葉のない単葉である事によります。
何の樹であるのかわからないというので「なんじゃもんじゃ」と呼ばました。



★ ハクウンボク (白雲木) Styrax obassia   
エゴノキ科 日本及び、朝鮮半島、中国に分布する落葉小高木
エゴノキに似た白い花が房状に咲き、よい香りがあります。
ナツツバキと共に日本版「サラノキ」として、お寺に植栽されます。
これは、房状に咲く芳香のある白い花と大きな緑の葉がサラノキと似ていることによります。
丘の上の花園と山の小道の出会うところで上を見上げて花をご覧下さい。



★エゴノキ’エメラルド・パゴタ’ 
Styrax japonicus ’Emerald Pagoda’
エゴノキ科  園芸品種(日本、朝鮮、中国に分布。)



★チユウキンレン 地湧金蓮 Musella lasiocarpa(ムセラ・ラシオカルパ
バショウ科  中国南部からインドシナ半島の標高1000mから2500mの山の斜面に分布。
中国名は地面から現れる金色の蓮の意です。
レンガの小道で夏中咲いています。紅色の葉はタデ科のペルシカリア‘レッドドラゴン’Persicaria microcephala ‘Red Dragon’です。

開花情報 | 更新日:2010.05.18

【開花情報】デルフィニウム見頃 | 開花時期5月(2010年)

今季、初めての耐寒性スイレンがコミュニティ広場で咲き始め、ヒツジグサの水鉢も登場いたしました。
水辺ではキショウブ、カキツバタが咲いています。蓮群生地では早くも小さな蓮の浮き葉が漂い始めています。


★ デルフィニウム Delphinium cv.
キンポウゲ科
園芸品種で花が大きく美しいオーロラシリーズ
コミュニティ広場で60本、丘の上の花園で10本、石組花壇で10本開花しており、今が見頃です。



★ スイレン‘インナーライト’
コミュニティ広場のスイレン水槽で開花



★ ベニバナトチノキ Aesculus×carnea
トチノキ科
セイヨウトチノキとアメリカアカバナトチノキとの交配種といわれています。
琵琶湖の見える、コニファーの森でサーモンピンクの花が多数咲いています。



★オオデマリ‘ジェミニ’ Viburnum plicatum cv.
コニファーの森で美しいピンクや白のかわいらしいオオデマリが咲いています。



★ メリアンツス・コモスス Melianthus comosus
メリアンツス科  南アフリカ原産
煎じて打撲や傷を治すのに用いるようです。
丘の上の花園で背丈ほどの特異な草姿で、朱色の花が咲いています。

開花情報 | 更新日:2010.05.09

【開花情報】ハンカチノキ見頃|開花時期5月(2010年)

風薫る5月の園内はクルメツツジ、ベニバナトキワマンサク等が満開です。
待望のハンカチノキも咲き見頃となりました。人気の「春の山野草展」は
あす4日までです。

城山園長の「園内観察会」は明日 午前10時から1時間ほどです。


★ ハンカチノキ  Davidia involucrata
ハンカチノキ科
中国南西部の標高2000mの山地のみに分布する落葉高木。
花序の基部にあるハンカチノキの名のごとく2枚の大きな乳白色の総苞片が、樹の上部の方に見られます。
ジャイアントパンダの発見で有名なダヴィット神父が1867年四川省で発見。
神父の名にちなみダヴィディアとなづけられました。
丘の上の花園のモッコウバラの向かい側で上を見上げて下さい。見頃は1週間ほどです。



★ アメリカハナズオウ‘フォレスト・パンジー’Cercis canadensis ‘Forest Pansy’
マメ科
北アメリカ原産 落葉低木
ハンカチノキの隣で咲いています。



★ フジ
マメ科
今年は花がたくさんつきました。
丘の上の花園の芝生のところです。



★ フロックス‘ブルー パフューム’  Phlox divaricata ‘Blue Perfume ‘
ハナシノブ科
北米産のツルハナシノブの園芸品種。
丘の上の花園でブルーのクッションのように咲いています。



★ シャゼンムラサキ  Echium plantagineum
ムラサキ科   ヨーロッパ原産の1年草
コミュニティ広場のフラワーコンテナで開花中です。

「車前紫」とは?
「車前草」はオオバコの生薬和名で牛車や馬車の通る道端に多いことから、轍草とも呼ばれるそうです。
ヨーロッパの道端にたくさん咲いているムラサキ科の植物ということで
「車前紫」と相成ったと思われます。

開花情報 | 更新日:2010.05.03
ページの先頭へ戻る