【開花情報】サラノキ、ぺトレア、トキワネム、ユキワリソウ展|開花時期3月(2010年)

園内はトサミズキの淡いクリーム色の花が咲き、
シダレウメ、チューリップ、クリスマスローズ、イオノプシジウム等が開花しています。


★ サラノキ
毎日少しづつ開花数はふえていますが、現在は全体の1~2割ほどの開花と思われます。
花房もかなり枝垂れてきましたのでこれからどんどん咲いていきます。



★ サラノキの蕾
一番下にある蕾はすぐ目の前で見られる位置にありますが、
こちらは3月下旬~4月上旬の開花予定です。



★ ペトレア Petrea volubilis
クマツヅラ科
メキシコから中央アメリカにかけ原生する常緑ツル性の植物。
青紫色の花が咲くのでムラサキツクバネカズラの和名があります。
5枚のツクバネのような萼の上に小さな濃い紫いろの花が咲き、
花びらが散った後は萼片が花のように残ります。
この萼片を高い位置から落としますとクルクルとツクバネのように舞い落ちます。
英名は Queen’s wreath  「女王の花輪」です。
アトリウムにて鉢植で展示してあります。



★ トキワネム  Calliandra selloi
マメ科
ブラジル東南部原産
カリアンドラの1種で周年開花します。ネムノキの花の形に似ています。
アトリウムにて開花しております。



★ ユキワリソウ展
早春の陽ざしに花開き、いち早く春の訪れを告げる、
スプリングエフェメラルのひとつであるユキワリソウの展示をロータス館にて開催中です。
北近江雪割草の会の皆様の丹精を込めた花色豊富な約150鉢のユキワリソウをご鑑賞下さい。
14日(日曜日)までの展示となります。

開花情報 | 更新日:2010.03.12
ページの先頭へ戻る