雪が降りました!

2月9日。今日は一段と冷え込み、都内でも雪が降りました。

雪の結晶は肉眼でも見えるということで、さっそく観察。

↓うっすらと積もった芝生広場。


↓これ!写真の中央辺り。雪の結晶の形分かりますか?


積もると大変ですが、どこかうきうきしてしまう雪の日です。

園内の様子 | 更新日:2019.02.09

春を待ってます。

本格的に冷え込む季節です。
朝夕は吐く息も真っ白。

そんな中今日はチューリップの芽が出ていることに気づきました。

↓続々と芽が出てきました。



ソメイヨシノのつぼみも膨らみ始めていましたよ。

↓今年も美しい花を見せてくれそう…


寒い中でも植物たちは春に向けての準備を進めています。
公園に来た際は小さな小さな春の足音を探してみてください。

園内の様子 | 更新日:2019.01.19

野鳥観察の季節

園内の樹木の落葉がピークを迎えています。

樹木に葉が少なくなるこの季節、公園を訪れる野鳥の姿がよく見えます。

最近よく見かけるのが「ワカケホンセイインコ」。鮮やかな緑色の身体で、尾が長いのが特徴です。

↓園内で撮影したワカケホンセイインコ。尾の長いシルエットですぐにわかります。


このインコは飼い鳥として日本に持ち込まれたものが逃げるなどして野生化したものと考えられています。


園内で見られる野鳥はもちろんインコだけではありません。

写真が無くて残念なのですが、

ツミやタカなどの猛禽類や、コゲラ、シジュウカラなど、よく気をつけていると姿を見ることができます。
夕方になると、フクロウのような鳴き声も聞こえてきますが、まだお目にはかかれていません。

公園で珍しい鳥を見つけたら、ぜひスタッフにも教えてください!

園内の様子 | 更新日:2018.12.08

紅葉の季節です!

朝晩ぐんと冷え込んできました。

↓園内ではイロハモミジが美しく色づいていました。

↓目白通り沿いのイチョウ並木も素敵です。

↓ソメイヨシノも色とりどりの葉っぱを落としています。

冬本番前のカラフルな季節。
ぜひ公園へお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.12.07

タヌキを発見!

目白台は都会の中でも自然が多く残っています。公園の南側に面する樹林は、隣接する肥後細川庭園や椿山荘まで連なり、様々な生物の住みかとなっているよう。
公園ではみんなが帰った後、タヌキが散歩する姿を見られました。

↓南の出入口の近く。目の周りの黒い毛が特徴です。

↓ふわふわの丸い身体がとってもかわいらしいですね!

↓3頭で公園にやってきました。どうやら家族のようです。

あなたも夕方、もしかしたら会えるかも。
人間以外にも、様々なお客様が訪ずれる公園なのでした。

園内の様子 | 更新日:2018.11.01

たねダンゴの芽が出ました!

10/8の目白台運動公園フェスタで植えたたねダンゴから続々と芽が出ています。

↓たくさんの小さな芽。大きく育つといいな。



ほとんどすべてのたねダンゴから発芽が確認できました。
お花が咲くまで元気に育てていきたいと思います。

園内の様子 | 更新日:2018.10.15

落とし物かと思いきや

閉園後の公園を見回っていると…

↓あれ?誰かの落とし物かな?
↓だんだん近づいていくと・・もうお分かりですね




↓休憩中の猫でした。驚かせちゃったかな?


閉園後にもいろいろなお客様がお越しになる運動公園です。

園内の様子 | 更新日:2018.09.17

バッタを見つけたよ!

ショウリョウバッタを見つけました。

↓立派な足ですね!


バッタは自分の体長の数倍から数十倍の高さまでジャンプできるんだそう。
人間に置き換えてみるとそのジャンプ力に驚きます。

現代ではバッタの跳躍力だけでなく、昆虫の持つ様々な力をロボットや医療に活かす研究も
されているようです。

だんだん涼しくなってきて、セミの声もあまり聞こえなくなってきました。
今度はスズムシの涼しげな声が聞こえる季節がやってきます。

お外で遊ぶのにぴったりの季節。どうぞ公園へお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.09.11

オニヤンマ見つけました!

7月頃から、園内では気持ちよさそうに飛ぶトンボが見られます。

園内の樹林地を巡回していると…

オニヤンマを見つけました!

↓名前負けしない姿。とっても大きかったです。
img_2574 ひらひらと蝶のように飛ぶクロトンボも発見!

↓ほかのトンボとは一味違った優雅な飛び方をしていました。
img_2384
みんなも珍しいトンボがいないか探してみてね。

園内の様子 | 更新日:2018.08.06

セミが鳴いています。

ふと気が付くとセミの声。
公園では早朝からセミの大合唱が聞こえてきます。

園内には抜け殻もたくさん。運がいいと羽化前のセミに合うこともできます。

↓園内で見つけた抜け殻。よく見ると背中が割れているのが見えます。うまく羽化できたのかな?
img_2535

実はセミは種類ごと鳴き始めの時期がずれます。順番は以下の通り。

ニイニイゼミ→ヒグラシ→ミンミンゼミ→アブラゼミ→ツクツクボーシ

ヒグラシの鳴き声を聞くと、夏の終わりを感じたりしていましたが、意外と鳴き始めは早いんですね。

皆さんも公園にいらっしゃった際は、セミの鳴き声に耳を澄ましてみてください。

園内の様子 | 更新日:2018.07.30
ページの先頭へ戻る