サクラ、いい感じです!

なかなか咲き進まなかった公園のサクラですが、連日暖かい日が続いたためか、一気に見ごろを迎えています。
今週末がお花見のベストタイミングかもしれません。

↓綺麗に咲いています。
IMG_5660
IMG_5657
IMG_5656
皆様のご来園をお待ちいたしております!

季節の植物 | 更新日:2016.03.31

開花情報

暖かな春の陽気が続いています。
目白台運動公園のソメイヨシノは樹によって開花の具合がまちまちなようで、
8分咲きから3分咲きといったところでしょうか。一番の見ごろは4月の初旬くらいになりそうです。

ソメイヨシノと同時にチューリップの開花も始まりました。
このチューリップは11月の末に子どもたちに植えてもらったもの。
プランター1つにつき1色にして球根を植えたのですが…ちゃんと同じ色が咲くかな?
何色の花が出てくるのか楽しみです。

↓可愛い赤!パッと目を引きます。
IMG_5620
↓つぼみの先が薄く色づいています。
IMG_5622

パークセンターの裏側にあるベニバナトキワマンサクもたくさんの花を付けています。

↓このポンポンのような花を枝中に咲かせています。
IMG_5629

芝生広場にある八重のシダレザクラも咲き始めました。
ソメイヨシノとは違った美しさがあります。

↓少し濃い桃色に、八重の花びらが華やかです。
IMG_5628

園内には、もう一種類「アマノガワ」というサクラもあるのですが、そちらはまだまだつぼみの状態でした。

様々な花が見られる春の公園へ、ぜひお越しください。


季節の植物 | 更新日:2016.03.31

おやこガーデニングが開催されました!

昨年度からスタートした、親子で寄せ植えを楽しむ講座「おやこガーデニング」。
今年は春のお花をバスケットに寄せ植えしました。

まずは寄せ植えを行う際のチェックポイントや、植える花の性質を勉強。
今回は5種類のお花を用意しました。

↓今回寄せ植えに使ったお花たち。イングリッシュデージーと、その他2種類を選んでもらい計3種類を寄せ植えしました。
(左からイングリッシュデージー・ネメシア・ローダンセマム・ディモルフォセカ・ベロニカオックスフォードブルー)
花の種類
どの花もそれぞれ個性があって素敵なのですが、ネメシアが人気だったようです。
ひらひらした薄い花びらがとても可愛らしいですよね。もう少し数を用意しておけば良かったです。

お花を選んで配置を決めたら、今度は寄せ植えの名札をつくってもらいます。
ピックよりも自由に文字や絵が描けるように、少し大きめの紙を用意しました。
水に濡れても大丈夫なように、ラミネートをします。

↓この日はちょうどイースターだったので、ウサギとイースターエッグの名札にしました。
寄せ植え名札 ブログ用
↓お花の名前や、寄せ植えにした日にちなど、大切な情報を書き記しておきます。
名札作り


さあここからメインイベントの土作りです。
おやこガーデニングでは市販の培養土は使用せず、自分たちでブレンドして寄せ植え用の土を作ってもらいます。
この作業には子供たちの力が必要不可欠!土と堆肥と肥料をとにかくよ~く混ぜ合わせます。

↓結構大変な作業なのですが…子供たちの集中力には毎回感心します。
IMG_5588
↓自分たちで作った土で、バスケットに寄せ植えしていきます。
IMG_5589
↓ペットボトルで作った土入れを使っています。お手製でも、移植ごてより作業がしやすいです。
IMG_5590
↓上手に植えられました。
IMG_5593

↓個性的な寄せ植えが出来上がりました。どの作品もとっても素敵でしたよ!
寄せ植え作品

お家に持って帰った後も、大切にお世話をしてあげると、ますます愛着が湧くはずです。
この寄せ植えが、植物をもっと身近に大切に感じてくれるきっかけとなれたら嬉しいです。

イベント報告 | 更新日:2016.03.31

「わんわんしつけ教室」が開催されました!

春の訪れを感じさせる暖かな日に、園内のわんわん広場で「しつけ教室」が開催されました。

講師はTVチャンピオン「ダメ犬しつけ王選手権」で優勝されたこともあるHAPPINESSDOGの稲垣亜衣先生。
8か月など比較的フレッシュなワンちゃんたちが参加されました。
IMG_5450

ワンちゃんと上手にコミュニケーションをとるために「ほめる」ことは大事ですが、タイミングや方法にはコツがあります。
声で名前を呼んで、手をたく基本から始まり、手の平を出して「待て」と言って一緒にフリーズする時間をつくるとか、
「おいで」をしてごほうびを与えたら「よし」と言ってすぐ離れるなど、いくつかのコツを披露いただきました。
IMG_5456

参加者の皆様は最後まで熱心に講師の説明に耳を傾け、質問されていました。
IMG_5457

イベント報告 | 更新日:2016.03.27

サクラ咲き始めてます!

まだまだ寒い日もありますが、昼間は暖かな日差しが降り注ぐ日が増えてきました。

太陽の光をたっぷりと浴びて、公園の植物も春を感じたのでしょう。
たくさんの花や新芽が公園を彩り始めました。

皆さんお待ちかねのソメイヨシノも、ポツリポツリと花を咲かせています。
だいたい3分咲き程度でしょうか?

↓今にも咲きそうなソメイヨシノのつぼみ。
IMG_5480
↓今年も上品な色の花を見せてくれました。
IMG_5489
↓幹の部分にも小さく花が…
IMG_5481
お花見は3月以降がちょうど良いかもしれません。

ソメイヨシノ以外にも、園内では様々な植物の花を見ることができます。

↓満開のユキヤナギ。雪が積もったように真っ白な花をたくさんつけます。
IMG_5482
↓これはアセビという植物です。漢字の当て字で「馬酔木」と書きます。
草食動物が食べると、酔ったように足をふらつかせたことから名づけられたとか…
IMG_5486
↓子ども達が植えたチューリップの球根も、間もなくつぼみが付きそうです。
IMG_5474
ぐるりと公園を一周するだけで、様々な春の息吹を感じられそうです。

季節の植物 | 更新日:2016.03.25

めじろだいネイチャーキッズが開催されました!

このところの暖かさが嘘のようにキーンと冷たい空気が身に沁みるなか、公園ではネイチャーキッズが開催されました。

今回も園内の自然に親子一緒に触れ合います。

↓日曜日ということもあってパパの姿も。たくさんの親子が集まってくれました。
IMG_5371
↓自然と触れ合う前に、まずは親子でスキンシップ。ママやパパとハグ!寒くてもくっつくと暖か。
IMG_5372

心も体もほぐれたら、まずは芝生広場で樹にタッチ。感触を楽しみます。
そういえば木肌って大人もわざわざ触りませんよね。
樹の種類によってつるつるだったりざらざらだったり…大人からも「おぉ~」と発見の声。

↓順番にいろんな樹に触ってみます。
Book1

その後は園内を移動しながら生き物を探すビンゴに親子で挑戦します。
お花やどんぐりを探して大冒険。たっぷり寄り道しながら、子どものペースで探してみます。
この日はミノムシを見つけたお友達もいました。

↓あ!お花!いい匂いしたかな?
IMG_5385
↓子どもと自然を楽しむこんな仕掛けも…厚紙の枠で景色を切り取って見ています。
IMG_5400

公園でいつも何気なく見過ごしている自然は、子ども達にとっては発見や遊びの宝庫です。
五感をフル回転させてそれらを楽しむことで、子どもの感性は豊かに育っていくんですね。

ネイチャーキッズは今後も開催予定です。
目白台運動公園で子どもたちの驚きや発見を一緒に見守りませんか?

イベント報告 | 更新日:2016.03.15

春が近づいています。

ポカポカとした暖かい日が増えてきました。
3月の公園では、様々な植物がつぼみをつけて開花の時を待っています。

園路を歩いているとふんわりと甘い香りがしています。
いち早く春の訪れをつげるジンチョウゲが咲いていました。

↓とてもいい香りのジンチョウゲ。薄いピンクが可愛らしいです。
IMG_5327
↓白花のジンチョウゲのつぼみも、今にも咲きそうです。
IMG_5331


よく見るとこんな花も。

↓とげとげのヒイラギナンテンにもこんな愛らしい花を咲かせるのですね。
IMG_5333

みんなで植えた花壇の花や、チューリップも、元気に育っています。

↓種から育てていたビオラ。太陽を浴びて満開です!
IMG_5326
↓花壇のノースポールは2倍以上に大きく育っています。
IMG_5336
↓チューリップも、開花が待ち遠しいですね。
IMG_5334

お散歩がてら公園に春を感じにいらして下さいね。
この後も、春の開花情報をお楽しみに!


季節の植物 | 更新日:2016.03.02

防災フェスタが開催されました!

バレンタインデーの2月14日、目白台運動公園では「防災フェスタ」が開催されました。
毎年近隣の町会や消防署、区の防災課などと協力して開催しているイベントです。
今年も早くから打ち合わせを行い、準備をしてきたのですが、なんと当日の天気予報は雨。
しかも春一番の強風予報!
イベント開始直前まで内容を組み立て直し、一部変更はあったものの、なんとか開催することができました。

昨年大行列だった煙体験ハウスは中止になってしまいましたが、今年は起震車が登場!
震度7までの地震の揺れを体験できます。

↓子ども達は楽しそうですが、大人はドキドキ…しっかり掴まっていないとすぐ飛ばされてしまいそうな激しい揺れです。


お馴染みの消火器訓練やAED体験も決行です。

↓定期的に訓練をすることで、いざと言うとき慌てずに行動できますね。

↓心臓マッサージは人の命が懸る重要な訓練。皆さん真剣な顔つきです。


これらの他にもさまざまな訓練や展示が行われました。

↓左から大声測定・防災クイズ・放水訓練


そしてお楽しみの豚汁炊き出しも。

↓たっぷり200人前!


防災は地域の繋がりが大切。いざと言うときは、自助・共助の体制を確立しておくことが重要です。
地域一体となって、防災意識が一層高まったイベントでした。

イベント報告 | 更新日:2016.02.16

初雪

1月18日(月)。
17日の夜から降った雪が公園を真っ白に染めました。

芝生の広場にもテニスコートにも雪が積もっていましたが、ちょっと心配だったのが花壇の花。
花壇にもしっかりと雪が積もっていました。

↓背の低い花たちは雪に埋もれています。寒そう…

↓少し背丈のあるリナリアは、雪の重さでばったりと倒れてしましました。


植物の生命力は思っている以上に強く、雪が溶けるととりあえず復活。
完全に雪の下に埋もれていたデージーやパンジーもちゃんと花を付けています。
ただ倒れたリナリアはすぐには戻らなかったので、見た目はともかく添え木で守ってやることにしました。

↓竹と麻ひもで囲いを設置。

もう少し株がしっかりするまでは、添え木を付けたまま様子を見ていこうと思います。

園内の様子 | 更新日:2016.01.25

ロウバイの花

今日は冬らしく、少し外を歩くだけで手足がかじかむ寒さです。
こんな気温だと春がいっそう待ち遠しくなりますね。

公園ではロウバイが寒さを和らげてくれるような暖かな色の花をいっぱいに付けています。

↓控えめで愛らしい花をたくさん付けています。

↓樹によって花色も違います。こちらは少し濃い黄色です。


ロウバイは姿だけでなく香りも素敵。
近くを通りがかるだけで、ふわりと甘い香りが漂います。

ロウバイの足元を見ると綺麗な赤い実が。マンリョウです。

センリョウ・マンリョウは正月の縁起物としても有名ですが、実はこの他にも
ヒャクリョウ・ジュウリョウ・イチリョウという和名を持つ植物があります。

マンリョウの名の由来としては、「センリョウよりもたくさんの実をつけるから。」だそうで。
それぞれ実の量に違いがあるようです。

↓マンリョウも実を真っ赤に染めました。


寒い季節に綺麗な色を見せてくれるロウバイとマンリョウのおかげで
着実に春が近づいているのを感じ取れました。

季節の植物 | 更新日:2016.01.25
ページの先頭へ戻る