凧あげで科学を学ぼうが開催されました!

風通しの良い公園は本当に毎日寒いです。

外に出るのが億劫になってしまいそうな冬の日、目白台運動公園では毎年恒例の凧あげ作りのイベントが開催されました。
凧が飛ぶ仕組みを学びながら、実際に自分で凧を作り、公園の広場で飛ばして遊びます。

↓先生から、扇風機を使って凧が飛ぶ仕組みについてお話しがありました。
img_8660
↓鳥型のかっこいい凧。これはまだ開発途中とか…
img_8670

今日みんなでつくる凧はビニール製。まずはマジックでお名前と好きな絵を描いていきます。
どれも個性溢れる素敵なデザインになりました。

↓お絵かきタイム。
img_8672
↓大きくて元気な絵!空に上がっても見えるかな?
img_8676

絵が書けたら、竹ひごをつけて、糸としっぽを取り付けて…あっという間に完成です!

↓うまくできているか先生にチェックしてもらいます。
img_8680

さぁ、凧ができたらお待ちかねの外遊びタイム!
広場で実際に飛ばしてみます。

↓飛んだ飛んだ!
img_8685
img_8700
img_8706

毎年思いますが、この講座で作る凧は本当に良く飛ぶんです。先生曰く、ビニールのカッティングに秘訣があるのだそう。
お父さんお母さんも高く飛ぶ凧に嬉しそうでした。
この日は風も強すぎず、凧遊びには絶好のチャンス。子ども達は寒さに負けず元気に走り回ります。
いっぱい遊んで心も体も大満足のイベントとなりました。

↓最後はみんなで記念写真をパシャリ!
img_8713

近頃じゃ安心して凧を飛ばせる場所も少なくなっているよう。
皆さんも公園の広場で冬の風物詩「凧あげ」をぜひ楽しんでみてください。





イベント報告 | 更新日:2017.01.13

「Jリーガー&なでしこ選手がやって来る サッカークリニック」が開催されました!

年が明けての最初の開園日、目白台運動公園にはJリーガーとなでしこ選手がサッカークリニック開催のために
来園してくれました。
サッカー好きな子ども達にはこの上ない初蹴りのチャンスです。
多目的広場はサッカーウエアの子ども達でいっぱい!冬の寒さもへっちゃらです。

この日のサッカークリニックは、都立向丘高校の監督中村先生の指導の下、同校サッカー部員の皆さんと
現役のプロ選手が子ども達のサポートをしてくれます。

まずはウォーミングアップ。コーンを立ててボールの扱い方に慣れるところからスタートします。

↓足先をうまく使って…ボールをコントロールできたかな?
dscf1612

ウォーミングアップの後は、低学年と高学年チームに分かれてミニゲームを行いました。
Jリーガーやなでしこ選手も交じってプレイ。プロ選手と一緒にゲームができるなんてめったに無いチャンスです。

↓大人数でなでしこ選手に挑戦!
dscf1619
↓高校生のお兄さんもサポートしてくれています。
dscf1620

全体でのゲームも行い、みんなで思いっきりサッカーを楽しみました。

↓最後はプロ選手と集合写真をパチリ!いい思い出になったかな?
dscf1631
dscf1629
新年からたくさん走り回った子ども達。
憧れのJリーガーやなでしこ選手と会えたことで、運動がもっと好きになるきっかけになったら嬉しいですね。

イベント報告 | 更新日:2017.01.13

新年明けましておめでとうございます!

皆様新年明けましておめでとうございます。
公園は1月4日より通常通り開園しています。
年明けの公園では毎年広場で凧あげを楽しまれる方が多く、冷たい風の中を元気に走り回る
子ども達の姿が印象的です。

冬至を過ぎ、ほんの少し日が延びたような気もしますが、冬はこれからが本番ですね。
毎日の寒さに春が来ることを忘れてしまいそうですが、そんな時は花壇の植物を観察することをお勧めします。

↓秋の植え付け時にはつぼみだったキンギョソウが開花し始めました。
img_8622
↓ビオラも株によっては花数が増え始めました。
img_8619
img_8623

草花は気温や日照時間に敏感で、季節の移り変わりをいち早く知らせてくれます。

さて、目白台運動公園では夏場と冬場で異なった種類の芝生を植えるので、1年中緑の芝を楽しめることが自慢です。
気温が下がって、多くの公園の芝生が枯れているところですが、こちらではまだまだ緑色の芝生が頑張っていますよ!

↓冬でも緑色の芝生広場です。
img_8617

今年もぜひ目白台運動公園で、たくさんの時間を過ごしていただければ嬉しいです。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

園内の様子 | 更新日:2017.01.05

チューリップの芽が出ました!

11月末に子ども達に手伝ってもらいながら植え付けを行ったチューリップの球根が芽を出しました。まだまだ冬本番が始まったばかりのようですが、一歩一歩春が近づいているのですね。
来年の成長を楽しみに…皆さんどうぞ良いお年を!

img_8604
img_8605

季節の植物 | 更新日:2016.12.28

ギンモクセイに実がなりました。

園内の生垣に利用され、秋になると何とも言えない素敵な香りを漂わせるキンモクセイ。オレンジの小さな花を見たことがあると思います。
では皆さん、「ギンモクセイ」はご存じですか?
ギンモクセイには、キンモクセイそっくりの白い花が咲きます。香りは弱めで花数もキンモクセイのように密集しては咲きません。
そんなギンモクセイに実がなっていました。

↓これがギンモクセイの実です。初めて見る方も多いのではないでしょうか?
img_8590
img_8591


キンモクセイやギンモクセイは中国原産の雌雄異株です。ですので、雄株と雌株が揃って初めて結実します。
江戸時代、初めて日本に輸入されたキンモクセイは雄株でした。その後も花付きの良い雄株ばかりが輸入され、挿し木で増やされたため、日本は雄株のキンモクセイばかりになってしまったと言われています。それにより、日本でキンモクセイの実を見ることは非常に難しいのですが、ギンモクセイは雌雄どちらの株も揃っているのですね。

この実は段々と黒く色付いていくということです。

季節の植物 | 更新日:2016.12.25

インコ

近年、都内各所で野生化したインコが繁殖して問題になりつつあるようです。
目白台運動公園にも20~30羽の緑色のインコの群れが飛来いたしました。
外来種が野生化して増殖すると生態系を崩してしまう恐れがありますのでかわいいからといってエサをあげたりしないように注意しましょう。
img_8295

img_8294

園内の様子 | 更新日:2016.12.22

クリスマスリースをつくろうが開催されました!

クリスマスイブまであと1週間と迫った12月17日、公園ではクリスマスリース作りのイベントが開催されました。

今年は紙皿をベースに、紙ナプキンで作った花を付けていくリースに挑戦。
親子で楽しめるように、身近な材料でかわいく仕上げられるものを考えました。
公園のリース作りでは、園内の花壇で収穫した花のドライフラワーや、自分で摘んだ生葉のハーブなどを使用します。
そこで、子ども達にはリースの飾りを分けてくれた植物にお礼の意味を込めて、花壇のお手入れ作業を手伝ってもらってから
工作に移りました。

今回子ども達に行ってもらうお手入れ作業は、花壇の「マルチング」。花壇の地表に堆肥をまんべんなく蒔くことで、
土の保温・保湿などを行うための大切な作業です。

↓マルチングを行う子ども達。集中して頑張ってくれています。
img_8458
img_8457

花壇のお手入れが終わったら、リースの飾りにするラベンダーの葉を摘み取り、部屋に戻って工作スタートです。

↓ラベンダーの葉は自分で摘み取り。どれにしようかな?
img_8471

リースには、紙ナプキンで作った花を付けていきます。紅白のお花紙で作ったことがある人が多いのではないでしょうか?
紙ナプキンを小さく切り、1人13個ずつお花を作ります。

↓みんなで黙々とお花を作成中。
img_8511
↓絵の具で染めた色つきの紙ナプキンも用意しました。
img_8513
↓2つの色を重ねてお花を作る人も。
img_8521

お花をボンドで付けたら、後はドライフラワーとラベンダーをくっつけるだけ!今回はセンニチコウの赤いお花のドライフラワーを用意しました。ラベンダーはボンドではくっつきにくいので、グル―ガンでペタリ。

↓グル―ガンでラベンダーをくっつけます。
img_8538
みんなお気に入りができたかな?
img_8542

リースを飾る理由の1つには、新年に「幸福を呼び込む」といった意味合いがあるそうです。みんなのお家に素敵なクリスマスが訪れますように…。

イベント報告 | 更新日:2016.12.21

ネイチャーキッズが開催されました!

9月から連続で開催された、「目白台運動公園 ネイチャーキッズ」が11/27に、全3回の講座を終えました。

ネイチャーキッズは目白台運動公園ではお馴染みの講座。親子で公園の身近な自然と触れ合うことで、
子ども達の豊かな感性を育みます。今回は、パパやママに自然遊びを行う際のポイントをレクチャーする時間を設け、
3回の講座を通じて季節の移り変わりを感じながら、親子での自然遊びを楽しみました。

1回目は9月。まだ暑さも残る中での講座では、自然遊びの具体的なやり方や、子ども達への声掛けの方法などの基礎的な
部分をレッスン。普段何気なく通り過ぎている公園も、子ども達にとっては新しい発見に満ち溢れています。
改めてじっくりと子ども達の興味に向き合ってみると、色々な発見があったのではないでしょうか?

↓パパとママは子ども達の興味を引くものを一緒に楽しみます。
img_7584
img_7575

2回目の10月には、自然遊びの際の安全について、注意した方が良い生物や、パパやママの立ち位置などを学びます。
自然が多く残る公園には、蜂やムカデ、キノコなど、注意をした方が良い生き物がいるのも事実。自然と楽しく触れ合うには、
注意するべきものを正しく知っておくのが大切ですね。

↓2回目は公園全体を使って様々な形を見つけます。
img_8023
img_8024

最終回では身近な自然の知識についての講義。11月の公園は様々な形の落ち葉がたくさんあるので、落ち葉を使った遊び方を体験してみました。

↓子どものための落ち葉遊び。パパとママも体験してみます。意外と難しいかも…
img_8264

何気ない近所の公園の自然でも、子ども達は五感をフルに使って遊びます。
その時の驚きや喜びや集中の表情を笑顔で見つめるパパやママが印象的でした。
普段は仕事に家事に忙しいパパやママが、子ども達とじっくり向き合って遊ぶことで、ちょっと癒されたり、
自然遊びが好きになったり、普段の子育てに何かプラスの発見があったなら嬉しいです。

イベント報告 | 更新日:2016.12.04

~お気軽ボランティア~苗を植えよう が開催されました!

日に日に寒さが増してくる11月。
公園では花壇のお花の植え替えが行われました。
寒さに耐えながら、来年の5月まで元気に花を咲かせてくれる植物を選び、
パンジー・ビオラ・カレンジュラ・ワスレナグサ・キンギョソウを植え付けました。
毎回子ども達が手伝ってくれます。

↓どのお花を植えようかな?
IMG_8229
↓お父さんと一緒に。綺麗に植えられました。
IMG_8230
↓植えた後は、お水をたっぷりと。
IMG_8237
↓よいしょ。小さい子も頑張ってくれました。
IMG_8242

↓綺麗に仕上がりました。
IMG_8257

11月の植え替えでは、チューリップの球根の植え付けも行います。
今年も300球近くをプランターに植えました。春には公園をカラフルに彩ってくれるでしょう。
チューリップの植え付けも、子ども達が頑張ってくれました。

↓球根を土の上に並べます。
IMG_8244
↓まっすぐ並べられるかな?
IMG_8246
↓お姉さん達は手馴れた手つきで。
IMG_8253
↓球根を並べたら、土を掛けてあげます。
IMG_8256

子ども達のお手伝いのおかげで無事終了。お手伝いに集まってくれた方々、ありがとうございました。
今後の成長を、楽しみに見守って下さい。

イベント報告 | 更新日:2016.11.28

チェリーセージ

今が見頃のチェリーセージは東コート付近の園路に咲いています。

IMG_8191[1]

赤い花がきれいですが、ハーブの仲間なので葉っぱから独特のさわやかな香りがします。

IMG_8189[1]

葉を指でやさしく擦ると香りが起ちますので是非チェリーセージの香りを楽しんでみてください。

IMG_20161116_131333_20161118141044

季節の植物 | 更新日:2016.11.18
ページの先頭へ戻る