目白台運動公園サッカークリニックが開催されました!

暖かい春の日差しが気持ち良い3月末。公園ではサッカークリニックが開催されました。

公園のフットサルコートを利用して、5・6歳児と小学校低学年のクラスに分かれてレッスンを行います。
幼児クラスでは、初心者の子でもボールと親しめるように、サッカーの技術を取り入れたゲーム感覚で取り組めるプログラムを行いました。コーチとも仲良くなって、みんなとっても楽しそうにボールを追いかけていました。

ある日の幼児クラスの様子をご紹介します。


↓フラフープを利用したウォーミングアップです。コーチが転がしたフラフープが倒れる前にキャッチします!
img_0028
↓2人1組で交互にボールを足でツンツン。足先で細かい動きができるようにします。
img_0049
↓フットサルコートのライン上をドリブルします。ゆっくりゆっくり足でボールをコントロールする練習です。
img_0052
↓ゴールからゴールへ!コーチにつかまらないように、上手にドリブルできるかな?
img_0066
↓最後は迫力満点の試合。思いっきりボールをキック。
img_0067
間近で見る子ども達の試合は、想像以上にスピード感たっぷりで、とても迫力があります。見学中の保護者からも歓声が。

子ども達がサッカークリニックを通じてより一層運動の楽しさを感じてくれていたら嬉しいです。


イベント報告 | 更新日:2017.04.03

開花情報!

桜の開花する時期になりました。

2017年の開花は例年より少し遅めになる模様。
公園のソメイヨシノも、まだ0.5分咲きと言ったところでしょうか。
桃色に色づいたつぼみが開花のタイミングを見計らっているようです。

31日・1日とお天気が悪い予報もあるようなので、お花見は4月に入ってからが良いかもしれませんね。

11月に植えたチューリップも段々と開花を始めています。

お花見に、お散歩に、どうぞ公園へ足をお運びください。

↓まとまって咲いている部分がありました。この枝以外はまだほとんど咲いていません。(3月29日撮影)
img_0017
↓チューリップも咲きました。今年は何だか丈が短い?!
img_0013
img_0014

季節の植物 | 更新日:2017.03.29

つくしんぼう

生えてました。

春ですね。

img_9583

季節の植物 | 更新日:2017.03.24

わんわんしつけ教室が開催されました!

3月20日、目白台運動公園のわんわん広場で「わんわんしつけ教室」が開催されました。

愛犬とノーリードで遊ぶことができるわんわん広場でもっと楽しく過ごせるよう、基本のしつけトレーニングを行いました。

今回のしつけ教室では先生が愛犬とのドッグダンスを披露!息ぴったりの演技に会場も盛り上がります。
ドッグダンスとは、音楽に合わせて人と犬がダンスを行うドッグスポーツです。先生曰く、「待て」や「来い」などの基本のしつけができていれば、特別な訓練をしなくてもドッグダンスは誰にでもできちゃうとのこと。
そしてこのトレーニングが、愛犬との絆を深めてくれるんだそうです!

↓先生を見つめる愛犬「サン」。ダンスのスタートです!
img_9636
↓脚の間をくぐったり…
img_9640
↓先生の周りをぐるぐる走ったり…
img_9642
↓最後は先生にジャンプ!とってもキュートなダンスでした。
img_9645

さて、ドッグダンスを鑑賞した後は、早速愛犬とのトレーニングスタートです。
まずはアイコンタクトから。アイコンタクトは全てのしつけに必要な重要な項目です。
名前を呼ばれたら動きを中断して飼い主に集中することができるようにトレーニングします。
そう言えばドッグダンスの最中も、先生とサンはずーっとアイコンタクトをとっていましたね。

↓先生の顔をじっと見つめるサン。飼い主に集中していると、愛犬はスムーズに指示を聞いてくれます。
img_9648
↓参加したわんちゃん達、みんなばっちりアイコンタクトできています☆
img_9651
img_9655

アイコンタクトができたら、「待て」や「来い」の練習。
これらのしつけがしっかり出来ていると、たくさんのわんちゃんが集まるドッグランでのトラブル回避が出来て、安心に楽しく過ごせますね。

↓「待て。」にしっかり応えてます!
img_9682
↓褒めるタイミングも大切です。上手にできたらしっかり褒めてあげましょう。
img_9670

基本のトレーニングができたら、ドッグダンスに取り入れやすいターンやアラウンドも練習。
今日教わったしつけがしっかりできれば、お散歩やドッグランでの困った行動の解決にも繋がりますし、組み合わせによってドッグダンスも出来ちゃいそうです。

↓ぐるりとその場でターン!できました!
img_9678

最後はみんなで記念撮影をパチリ。

↓飼い主さんもわんちゃん達も頑張りました!
img_9688
飼い主さんも愛犬たちも楽しく過ごせたしつけ教室となりました。

イベント報告 | 更新日:2017.03.22

ヒュウガミズキが咲き始めました。

園内のヒュウガミズキが咲き始めました。

↓黄色く色付いたうすい花びらがとても愛らしいです。
img_9522
テニスコート近くの桜並木沿いにはヒュウガミズキとレンギョウが交互に植えられており、春には一本の黄色い道のように花が咲き揃います。

↓桜の桃色と黄色い花のコントラストが美しい園路。まだ寂しい冬の様子です。
img_9523
↓桜の蕾も膨らみ始めました。
img_9533

花満開の春が楽しみです。

季節の植物 | 更新日:2017.03.13

おやこガーデニングが開催されました!

日に日に春の日差しが感じられるようになってきました。
目白台運動公園では、今回で3回目を迎える「おやこガーデニング」が開催されました。

このイベントには親子一緒に作った寄せ植えを育てていくことで子ども達に草花や自然への親しみを深めてもらいたいという想いが込められています。

今回はママやパパにも嬉しいハーブの寄せ植えを、バスケットとココファイバーを使用して作成しました。

↓講師はNHK「趣味の園芸」でも活躍中の永江晴子先生。寄せ植えする植物についての講義からスタートです。
img_9329

植物の特徴や育て方を学んだら、早速作業開始です。
まずはオリジナルのピックづくり。今回は台紙に色鉛筆やマジックで植物の名前や絵を描いてもらったものをラミネート加工して使用します。

↓植物の名前と育て方を書いて…どれも個性あふれる素敵な仕上がりになりました。
img_9336

ピックづくりの次は、寄せ植えの鉢の準備です。
今回鉢になるのは、ワイヤーバスケット。内側に土がこぼれないようヤシの繊維を敷き詰めます。それからビニール袋を切り開いたものに水抜きの穴を開けて…後は土を入れれば鉢の完成です!

↓ヤシの繊維を敷き詰めたところ。ここが1番難しかったかもしれません。
img_9339

さて、おやこガーデニングでは、土づくりも子ども達の仕事。最初から肥料や堆肥がブレンドされている培養土は使用せず、
子ども達にそれらをブレンドする作業から挑戦してもらいます。

↓赤玉土とバーク堆肥、緩効性肥料を混ぜ合わせます。
img_9344

みんなで混ぜればあっという間!植物が喜ぶ土が完成しました。
部屋に戻って早速植え込みの作業に移ります。

↓親子で協力して植え込みます。
img_9350
↓植物は優しく取り出して…
img_9352
↓隙間なく土を入れていきます。どれどれ?先生のサポートもあってみんな上出来です。
img_9355
最後にピックをあしらって…とっても素敵に完成しました。

↓ワイルドストロベリーとチャイブ、フォックスリータイムの寄せ植えです。
img_9360
↓公園でも1つ育てていきます。
img_9388
上手に管理して、愛情たっぷりに育ててあげてくださいね☆

イベント報告 | 更新日:2017.03.06

大型プランターを設置しました。

関東地方では春一番も観測され、だんだんと春の気配を感じられるようになってきました。
日当たりの良い公園では、風の無い昼間はポカポカと暖かく過ごせます。

さて先日、公園の出入口に大きなプランターが設置されました。
公園の花壇のお手入れを手伝ってくださるガーデンサポーターさん達が、季節の可愛いお花を植え付けてくれています。

↓正面出入り口に鎮座しています。
img_9186
img_9191

このプランターは、一見陶器のように見えますが、実はよくできたプラスチック製。
水持ちが良く、軽くて丈夫と三拍子そろったプランターです。


↓一番外側からスィートアリッサム・パンジー・シロタエギク・ストックです。
img_9189
img_9188
今はまだ隙間が空いていますが、春にはスィートアリッサムがプランターからこぼれるように成長し、中心のストックにかけて高さが出ていくようなデザインになっています。チューリップとクロッカスの球根も植えたので、春には華やかな姿を見られることでしょう。

早く暖かくならないかしら。成長が楽しみです。

公園にお越しの際には、可愛らしい春の花々の成長をご覧ください。

園内の様子 | 更新日:2017.02.20

防災フェスタが開催されました!

2月12日、目白台運動公園では、年に1度の「防災フェスタ」が開催されました。

園内では起震車や煙体験ハウスを始めとする様々な防災体験を行いました。

防災フェスタでは、公園の近隣町会の皆様と協力して創り上げています。
今年も小石川消防署、文京区防災課の方々のご協力もいただきながら、打ち合わせを重ねて当日を迎えることができました。

実際の災害時に大切なのは、自助(自分で自分の命を守ること)・共助(家族や地域コミュニティで互いに助け合うこと)と言われています。防災フェスタでは、自助に役立つ体験や知識を手に入れることと、町会や家族単位でイベントに参加することで、地域の皆さんが共助についての意識を高めることができる機会を作ることを目指しています。

↓公園入口の受付。たくさんの方で賑わっています。
dscf6640
dscf6667

↓多くの方が並ぶ起震車と煙体験ハウス。
dsc_1808
img_9036
↓起震車は何度乗っても慣れません。物に掴まっても立っていられないほどの震度7の揺れを体験します。
img_9121

今年度は新しい試みとして、小さい子供も参加できる「防災忍者」を開催しました。
5つの防災体験を忍者の修行に見立てて、クリアしていきます。

↓まずは「忍者走りの術」。ダンボールキャタピラーを使って、火災の時に低い姿勢で前進することを体験します。
dsc_1750
↓こちらは「動物変化の術」。地震・火災・津波の時の初期行動を、動物のポーズに当てはめて覚えます。
dsc_1772
↓「紙折りの術」では、災害時に利用できる紙食器を作成しました。
dsc_1636
dsc_1783
↓「縄縛りの術」では、親子で避難時にはぐれないためのロープワークを学びます。
dsc_1807
↓最後は「秘伝巻物作り」。忍者の巻物を模したパーソナルカードを作成します。実用面では、小さくて携帯しやすいものを改めてつくるのもいいですね。
dsc_1653
dsc_1658
↓各修行をクリアすると、シールがもらえます。みんなたくさんの修行をクリアできたかな?
dsc_1666

さて、防災フェスタ中盤では、人気の豚汁の炊き出しがふるまわれました。この豚汁は、園内のかまどベンチで温めています。普段はベンチとして使用でき、非常時は座面を取り外すことでかまどに変身するという防災機能です。

↓炊き出しには長蛇の列。
dscf6742
dsc_1864

↓かまどベンチで火を起こしています。
dsc_1896

豚汁で体が温まったら、防災体験も後半戦です。

↓AEDの使い方をおさらい。大塚警察の方々による防災展示もありました。
dsc_1834
↓多目的広場では消火器訓練・放水体験・大声測定などを実施しました。
img_9070
dsc_1706
dsc_1701
↓こちらは模擬消火栓を使用したスタンドパイプの取付講習。いざと言うとき使い方が分からないでは困ってしましますよね。
img_9055
↓毎年恒例の防災クイズも行われました。大人用は意外に難しいので、防災知識を高めるのには最適!
img_9072
まだ全部はご紹介出来ていませんが、盛りだくさんの内容でイベントを行うことができました。

備えあれば憂いなし。日頃の準備と、地域の協力体制の強化に役立てていただけたら嬉しいです。

イベント報告 | 更新日:2017.02.15

桜のつぼみ

なんだか暖かい日が続いています。

春の気配が感じられる公園では、今年もソメイヨシノに沢山のつぼみが見られるようになりました。

img_9014
梅の開花が今年は早いようで、ソメイヨシノも早めに開花となるのでしょうか?
今から楽しみです。

季節の植物 | 更新日:2017.02.06

目白台運動公園マスコットキャラクター お名前大募集

公園利用者の方からの公募で決定した目白台運動公園のマスコットキャラクターの愛称を募集します!

みんなに覚えてもらえるような、親しみやすい素敵な名前を付けて下さい。

大賞に選ばれた方には図書券5,000円分を贈呈します。

沢山のご応募お待ちしております!


〇応募締切:2017年2月28日必着

〇発表:2017年3月末予定(大賞 1点)

※応募について詳しくは添付のチラシをご覧ください。

イベントのお知らせ | 更新日:2017.01.23
ページの先頭へ戻る