クリスマスツリーが賑やかになりました。

12月の初めにパークセンターにツリーを設置しました。
折り紙や画用紙でみんなに飾ってもらったのですが…

↓ 最初はこんな控えめな状態だったのが

↓ イヴにはこんなに賑やかに!

今年はお絵かきの飾りがたくさんで、遠目からも非常にカラフルなツリーが
出来上がりました。
中には短冊にサンタへのお願いを書いてくれた子も。
公園らしいツリーができて嬉しいです。

↓ お絵かきはオリジナリティーに溢れています。

↓ 難しい折り紙も、頑張って作ってくれました!

飾ってくれたみんな、ありがとう!
サンタさんには素敵なプレゼントもらえたかな?

園内の様子 | 更新日:2015.12.25

やっと咲きました!

9月に行われた「目白台運動公園フェスタ」で、子ども達に蒔いてもらったビオラが
やっと花を付けてくれました。
ブルーの控えめなカラーが優しい雰囲気です。

↓ 花壇のパンジー、ビオラはブルー系で揃いました。
ちなみに種から育てたビオラは「ビビ スパークブルー」という品種です。

↓ ちょっと失礼して、顔を上げてもらいました。


種から育った苗に花がつくのは、なんだか感動的。
ビオラの種って本当に小さいんです。
砂粒みたいな種が、しっかりとした苗に育つ様子は生命力に満ち溢れていました。

11月の終わりにこれまた子ども達に植え付けてもらった花壇の花も、
しっかり根を張り始めたよう。
冬の寒い間は成長がゆっくりですが、春はもっと大きくたくさんの花を付ける予定です。

↓ カラフルな花たち。北風に耐えながら綺麗に咲いています。

公園に来た際は、花壇の方にも足を運んでみてください。

季節の植物 | 更新日:2015.12.25

~花壇の贈り物~クリスマスリースをつくろうが開催されました!

もうすぐクリスマス!
パークセンターのツリーも、子ども達が作った飾りで日に日に賑やかになってきました。
そんな中公園では、最近はツリーと同じくらいポピュラーになってきたクリスマスリースづくりのイベントが
開催されました。

今回のイベントで作るリースには、公園の花壇で収穫したセンニチコウのドライフラワーを使用。
紙皿をベースにした簡単だけどちょっとおしゃれなかわいいリースです。

↓ スタッフで作った見本のリースです。さてみんなはどんなデザインにするのかな?


まずはリースを作る前に、花壇に収穫のお礼の意味を込めてみんなでお手入れをしてあげました。

本日のお手入れメニューは、「マルチング」。
堆肥で花壇の地表面を覆うことで、冬場の寒さや乾燥、霜柱などから植物を守ります。

↓ みんな集合!花壇にお布団をかけてあげましょう。

↓ さぁ、お手入れスタート!みんなで力を合わせて頑張ってくれました。仕上がりもバッチリです☆


お手入れが済んだらお楽しみのクラフトタイム!
みんな思い思いのリースを作ります。

↓ 子どもたちの真剣な眼差し…みんなの集中力に驚きでした。


リースができたお友達には、「松ぼっくりツリーキット」をプレゼントしました。
この松ぼっくりも、公園で採れたものなんです。

↓ 松ぼっくりも可愛いクラフトになります。

↓ 素敵なリースができたよ!


花壇で採れたハーブティも楽しみながらクリスマスが待ち遠しくなるイベントでした。

イベント報告 | 更新日:2015.12.21

ウォーキング教室が開催されました!

12月にしては暖かい日曜日に、文京区の歴史・文化を巡るウォーキング教室がが開催されました。

今回は目白台運動公園をスタートし、新江戸川公園、関口芭蕉庵、椿山荘、そして小石川後楽園を目指す3.5キロのコース。


まずは公園内芝生広場でウォーミングアップ


公園を出発してからは、途中で各スポットを散策!椿山荘の庭園です。
階段を上りながら紅葉を堪能します。


ゴール地点の小石川後楽園では登録ボランティアによるガイドです。
紅葉も一番の見ごろで混雑していましたが、参加者も大満足です!

文京区内には多くの史跡が存在しますので、
ウォーキングしながら巡ると、より楽しめるかもしれませんね。

イベント報告 | 更新日:2015.12.12

お気軽ボランティア 苗を植えようが開催されました!

昼間でも10℃を下回る寒い日が続いた今週。
雨の心配もあったのですが、週末は日差しが暖かな晴天となりました。

公園の花壇では、毎年2回、5月と11月にお花の植え替えを行っています。

今回は次の5月まで花を咲かせてくれるお花たち、
リナリア・ノースポール・デイジー・パンジー・ビオラの5種類を植え付けました。
カラフルで可愛らしい花ばかりです。

植え付けはいつも子ども達にお手伝いしてもらっています。やり方を覚えれば、簡単!
みんな手際よく植え付けてくれます。仕上がりもばっちり!!

↓どんどん植えていってくれてます。大人顔負けの集中力。


↓お水はたっぷりと。重たいジョウロで頑張ってくれました。


花壇の植え付けが終わったら、今度はチューリップ球根の植え付けです。
プランターに球根を並べ、土をかけていきます。

↓土の上に球根を置いていきます。その上から土をかけて完成!

花壇の苗はまだ小さいけれど、春にはぐんと大きくなります。
チューリップも春にはたくさん綺麗な花を咲かせてくれるでしょう…
今から楽しみですね!

お手伝いありがとうございました!


イベント報告 | 更新日:2015.11.28

色づいてます。

秋も深まり、冷たい風が吹いています。
公園では落ち葉の季節が到来しています。

芝生広場にもケヤキの落ち葉がたくさん。掃除をするそばから雪のようにたくさんの落ち葉が落ちてきます。

↓黄色っぽく色づいてきたケヤキ

↓芝生にもいっぱい。掃除をするのは大変だけど…子供たちは喜んでくれるかな?


常緑樹の多い公園で、紅葉している葉っぱはとても目立ちます。

↓サルスベリの木も綺麗に色づいていました。

↓園路にもたくさんの落ち葉!これはソメイヨシノの葉っぱかな?

↓こんなに綺麗なグラデーションが簡単に見つけられます。

これから楽しみなのはモミジです。
少し寒いけど、まだまだ日向はぽかぽか。
季節の色を探しに、ぜひ遊びにいらしてください。



園内の様子 | 更新日:2015.11.13

めじろだいネイチャーキッズが開催されました!

気持ちのいい秋晴れの空の下、めじろだいネイチャーキッズが開催されました。

親子一緒に公園の自然に触れて、楽しみます。

この時期はどんぐりや落ち葉の宝庫となる公園で、のんびりした時間を過ごしました。


↓どんな感触かな?「かさかさ」「つるつる」「ごつごつ」直接手で触れることで様々な自然の手触りを体験します。


↓どんぐりだ!公園をお散歩しながらたくさん宝物を集めました。


集めた宝物を使って、クリスマスオーナメントのクラフトにもチャレンジしました。

大人にとっては何気ない風景も、小さな子供たちにとってはたくさんの「初めて」に溢れているようです。
ママ達も、ゆっくりと子供たちの興味に向き合うことで、大人にとってもリフレッシュの機会になったのではないでしょうか?

イベント報告 | 更新日:2015.11.11

ヒガンバナ咲きました。

黄花と白花が先に咲いていた公園のヒガンバナ。

少し遅れて赤い花も咲き揃いました。

↓やっぱりヒガンバナと言えばこの色ですよね。

茎だけがひょろりと生えておりその先に鮮やかな花を咲かせる姿は、
他の植物と比べると、少し変わっていますよね。

ヒガンバナは球根植物です。
花が枯れた後に葉が出てきて光合成を行い、来年花を咲かすエネルギーを球根に貯めこみます。
葉が完全に枯れてしばらくすると、また秋に花が咲きます。
つまり葉と花が同時に出ていることは無いんですね。
ヒガンバナは「葉見ず花見ず」なのです。

日本では名前や言い伝えのせいか、少しマイナスイメージのある花ですが、
まとまって咲いているととても美しいです。
ヤブランの紫の花とのコントラストも申し分無し。
ぜひ見にいらしてください。

季節の植物 | 更新日:2015.09.21

秋の訪れ

9月ももう半ば。
だんだんと過ごしやすい気温になってきました。

公園では秋の訪れを感じさせる花が咲いています。


まずご紹介するのはフイリヤブランです。
いつもはなんだか地味な存在の彼らですが、秋に一斉に紫の花を咲かせます。
この時ばかりはと華やかな姿はついつい見とれてしまうほど。

↓フイリヤブランの花


そしてフイリヤブランの後ろには、コムラサキがこちらも紫の実をいっぱいにつけています。

↓鮮やかな紫の実がいっぱいに。とても可愛らしいです。


秋といえば、ヒガンバナを忘れてはいけません。
公園には赤・白・黄と3色のヒガンバナを楽しむことができます。


↓黄花(ショウギズイセン)


↓白花


↓赤花 もう少しで咲きそうです。

ヒガンバナはどれも鮮やかな色なのに、派手すぎず、上品ですよね。

季節の植物から秋の訪れを感じに、ぜひいらっしゃってください。



季節の植物 | 更新日:2015.09.14

目白台運動公園フェスタが開催されました!

9月5日(土)、公園では年に1度のお祭りイベント「目白台運動公園フェスタ」が開催されました。

季節の変わり目なのか毎日雨が降り続き、イベント当日の天気が心配されていましたが、
この日は雨の心配も無く午前中からぐんぐん気温も上がり、久しぶりに夏が戻ってきたようなお天気でした。

さんさんと降り注ぐ太陽のもと、園内では様々なプログラムが始まっていきました。

芝生広場では、ふかふかの芝生の上にたくさんの絵本を用意。子供たちが自由に本の世界を楽しめる
「原っぱ図書館」のできあがりです。
午前中には目白台図書館の方々による大型絵本の読み聞かせが行われる「原っぱのお話屋さん」も登場。
絵本にくぎ付けの子供たちの視線が何とも可愛らしいです。

↓原っぱ図書館と原っぱのお話屋さん


芝生広場ではその他にも、木陰でハンモックを体験できる「ゆらゆらハンモック」や「お花の種まき」など、
公園の自然を満喫するイベントが開催されました。
なかなか体験する機会の無いハンモックには長蛇の列ができました。最初は乗るのを怖がっていた子も、
ハンモックの気持ちよさにすぐに笑顔がはじけます。
種まきではビオラの種をを蒔きました。とっても小さい種を親子で協力して蒔いてくれました。
上手く育つことを願って公園で管理中です!

↓ゆらゆらハンモックとお花の種まき


午後の芝生広場では、竹とんぼ教室が大人気。刃物を使わず良く飛ぶ竹とんぼを自分で作れちゃうんです。
予定数はあっという間に終了。作った竹とんぼの飛距離を競う「竹とんぼ飛んでけチャレンジ」も
大いに盛り上がりました。
最近では竹とんぼの飛ばし方を知らない子がほとんど。
正しい飛ばし方を教えてもらうと、驚くほど高く、遠く飛ばせるんですね。

↓竹とんぼ教室と竹とんぼ飛んでけチャレンジ


一方、広々とした多目的広場では、「グラウンドゴルフ四区交流試合」や「ストラックアウト」
「キックターゲット」と言った、運動公園ならではの身体を使った運動イベントが目白押し。

グラウンドゴルフ交流試合では、文京区・板橋区・豊島区・新宿区のプレーヤーが集合。
スポーツを通じて様々な仲間に出会えるのって素敵ですよね。皆さんスコアはいろいろでしょうが、
他区の方々との交流で、いつにも増して楽しく、刺激的な試合ができたのではないでしょうか。

↓グラウンドゴルフ四区交流試合


ストラックアウトとキックターゲットはテレビなどでもお馴染みのゲームですが、今回はさらに
「ラダーゲッター」という少し聞き慣れないスポーツも登場。ひも付きボールを投げて、
はしごに引っかけるゲームです。
3種目の合計得点に応じて景品がもらえるイベントに、たくさんの子供達が集まりました。
腕自慢のパパ達の姿もちらほら…
種目ごとに得意不得意があって、大分苦戦された方もいたようです。
広場には一般開放部分も用意し、バランスボールやフラフープで自由に遊べるスペースも。

↓多目的広場は運動イベント目白押しです


スポーツイベントは屋外だけではありません。室内で行われた「カーレット」。
卓上版のカーリングと思っていただければ良いのですが、こちらも年齢関係なく白熱したプレーが
繰り広げられていました。

↓カーレット


ご紹介したほかにも、クイズラリーや体組成測定、高田老松町のちびっ子納涼大会等々…
地域の方々が本当にたくさん公園に集ってくださり、
赤ちゃんからお年寄りまで、世代を問わず人々が集う、元気な公園の姿を見ることができました。

↓事前申込制の人気スポーツイベントも満員御礼


↓他にもご紹介しきれないイベントがたくさんありました


今回の目白台運動公園フェスタを通じて、いつもとは少し違った公園の魅力を感じ取っていただけたなら嬉しいです。


イベント報告 | 更新日:2015.09.08
ページの先頭へ戻る