ラベンダーソープをつくろうが開催されました!

最近はやっと梅雨らしく、雨の日が増えてきました。

この時期楽しみなのがラベンダーの開花。今年も公園ではラベンダーの摘み取りとクラフトを楽しめる「ラベンダーソープをつくろう」というイベントが開催されました。

今年は定員を2倍に増やし、たくさんの方に楽しんでもらおうと準備を進めていたのですが、当日は残念な雨模様。
ラベンダーの摘み取りには適さない天気でしたが、来てくれる方もきっといるはず!ということで雨の中決行することとなりました。
何人集まるかと心配していたのですが、開催時間になるとあらびっくり。第一回、第二回共に満員御礼となりました。
皆さんこのイベントを楽しみにしてくれていたようです。準備をしてきた甲斐がありました。

ラベンダーについてちょこっとだけお勉強してから、早速外に出て摘み取りを行います。
第一回では本降りの雨の中みんな頑張って摘んでくれました。

↓傘をさしながら摘み取り。
img_0570
↓1本ずつ丁寧に摘み取ってくれました。切る場所もばっちり!
img_0572
↓自分で摘んだラベンダーを持って記念撮影!
img_0633

摘み取り後は部屋に戻って石鹸作りです。ラベンダーのエキスと石鹸の元を粘土遊びの要領で混ぜ合わせます。
みんな思い思いの形を作って…世界に一つだけのオリジナル石鹸ができました。

↓お母さんに手伝ってもらいながら飾り付け。
img_0642
↓今年はうさちゃんの形が人気です。
img_0600
↓ドライラベンダーとキンセンカでカラフルに仕上がりました。
img_0677

梅雨空もへっちゃら。ハーブの香りに包まれたお部屋で、楽しく賑やかなイベントとなりました☆

イベント報告 | 更新日:2017.06.27

青空ヨガが開催されました!

風薫る5月、芝生広場では青空ヨガが開催されました。
当日は午前中から気温が上がり、真夏のよう…ケヤキやシイの木陰を借りてイベント開催となりました。

青空ヨガでは、赤ちゃん連れや妊婦さんも参加OK。初心者でも安心の内容で、無理せずヨガを楽しみます。
今回は日頃の疲れが出やすい首・肩・腰を中心に動かし、身体をほぐしていきました。

ヨガで大切なのは「呼吸」。いつもより大きく、意識を集中しながら鼻呼吸を行います。
先生の心地よい声を聴きながら、ポーズをとっていきます。

↓スタートは「ナマステ」のポーズから。サンスクリット語で「感謝」の意味です。
img_0347

↓先生を中心にみんなでポーズ。木漏れ日が気持ちいいですね。
img_0354

↓普段はしない動きが沢山出てきます。さすが先生は身体が柔らかい‼
img_0366

↓後半は立ち上がりいろいろな様々なポーズをとっていきます。こちらはお馴染みの木のポーズ。
img_0428

↓戦士のポーズ
img_0410

たっぷりと自分の身体と向き合って、最後はごろりと仰向けでリラックス。
鳥のさえずりや子ども達の笑い声の中、自分の内側に意識を集中していきます…

1時間という短い時間でしたが、日常生活で固くなった心と身体をほぐすことができたのではないでしょうか?

青空ヨガはこの秋にも開催予定です。

イベント報告 | 更新日:2017.05.21

目白台運動公園サッカークリニックが開催されました!

暖かい春の日差しが気持ち良い3月末。公園ではサッカークリニックが開催されました。

公園のフットサルコートを利用して、5・6歳児と小学校低学年のクラスに分かれてレッスンを行います。
幼児クラスでは、初心者の子でもボールと親しめるように、サッカーの技術を取り入れたゲーム感覚で取り組めるプログラムを行いました。コーチとも仲良くなって、みんなとっても楽しそうにボールを追いかけていました。

ある日の幼児クラスの様子をご紹介します。


↓フラフープを利用したウォーミングアップです。コーチが転がしたフラフープが倒れる前にキャッチします!
img_0028
↓2人1組で交互にボールを足でツンツン。足先で細かい動きができるようにします。
img_0049
↓フットサルコートのライン上をドリブルします。ゆっくりゆっくり足でボールをコントロールする練習です。
img_0052
↓ゴールからゴールへ!コーチにつかまらないように、上手にドリブルできるかな?
img_0066
↓最後は迫力満点の試合。思いっきりボールをキック。
img_0067
間近で見る子ども達の試合は、想像以上にスピード感たっぷりで、とても迫力があります。見学中の保護者からも歓声が。

子ども達がサッカークリニックを通じてより一層運動の楽しさを感じてくれていたら嬉しいです。


イベント報告 | 更新日:2017.04.03

わんわんしつけ教室が開催されました!

3月20日、目白台運動公園のわんわん広場で「わんわんしつけ教室」が開催されました。

愛犬とノーリードで遊ぶことができるわんわん広場でもっと楽しく過ごせるよう、基本のしつけトレーニングを行いました。

今回のしつけ教室では先生が愛犬とのドッグダンスを披露!息ぴったりの演技に会場も盛り上がります。
ドッグダンスとは、音楽に合わせて人と犬がダンスを行うドッグスポーツです。先生曰く、「待て」や「来い」などの基本のしつけができていれば、特別な訓練をしなくてもドッグダンスは誰にでもできちゃうとのこと。
そしてこのトレーニングが、愛犬との絆を深めてくれるんだそうです!

↓先生を見つめる愛犬「サン」。ダンスのスタートです!
img_9636
↓脚の間をくぐったり…
img_9640
↓先生の周りをぐるぐる走ったり…
img_9642
↓最後は先生にジャンプ!とってもキュートなダンスでした。
img_9645

さて、ドッグダンスを鑑賞した後は、早速愛犬とのトレーニングスタートです。
まずはアイコンタクトから。アイコンタクトは全てのしつけに必要な重要な項目です。
名前を呼ばれたら動きを中断して飼い主に集中することができるようにトレーニングします。
そう言えばドッグダンスの最中も、先生とサンはずーっとアイコンタクトをとっていましたね。

↓先生の顔をじっと見つめるサン。飼い主に集中していると、愛犬はスムーズに指示を聞いてくれます。
img_9648
↓参加したわんちゃん達、みんなばっちりアイコンタクトできています☆
img_9651
img_9655

アイコンタクトができたら、「待て」や「来い」の練習。
これらのしつけがしっかり出来ていると、たくさんのわんちゃんが集まるドッグランでのトラブル回避が出来て、安心に楽しく過ごせますね。

↓「待て。」にしっかり応えてます!
img_9682
↓褒めるタイミングも大切です。上手にできたらしっかり褒めてあげましょう。
img_9670

基本のトレーニングができたら、ドッグダンスに取り入れやすいターンやアラウンドも練習。
今日教わったしつけがしっかりできれば、お散歩やドッグランでの困った行動の解決にも繋がりますし、組み合わせによってドッグダンスも出来ちゃいそうです。

↓ぐるりとその場でターン!できました!
img_9678

最後はみんなで記念撮影をパチリ。

↓飼い主さんもわんちゃん達も頑張りました!
img_9688
飼い主さんも愛犬たちも楽しく過ごせたしつけ教室となりました。

イベント報告 | 更新日:2017.03.22

おやこガーデニングが開催されました!

日に日に春の日差しが感じられるようになってきました。
目白台運動公園では、今回で3回目を迎える「おやこガーデニング」が開催されました。

このイベントには親子一緒に作った寄せ植えを育てていくことで子ども達に草花や自然への親しみを深めてもらいたいという想いが込められています。

今回はママやパパにも嬉しいハーブの寄せ植えを、バスケットとココファイバーを使用して作成しました。

↓講師はNHK「趣味の園芸」でも活躍中の永江晴子先生。寄せ植えする植物についての講義からスタートです。
img_9329

植物の特徴や育て方を学んだら、早速作業開始です。
まずはオリジナルのピックづくり。今回は台紙に色鉛筆やマジックで植物の名前や絵を描いてもらったものをラミネート加工して使用します。

↓植物の名前と育て方を書いて…どれも個性あふれる素敵な仕上がりになりました。
img_9336

ピックづくりの次は、寄せ植えの鉢の準備です。
今回鉢になるのは、ワイヤーバスケット。内側に土がこぼれないようヤシの繊維を敷き詰めます。それからビニール袋を切り開いたものに水抜きの穴を開けて…後は土を入れれば鉢の完成です!

↓ヤシの繊維を敷き詰めたところ。ここが1番難しかったかもしれません。
img_9339

さて、おやこガーデニングでは、土づくりも子ども達の仕事。最初から肥料や堆肥がブレンドされている培養土は使用せず、
子ども達にそれらをブレンドする作業から挑戦してもらいます。

↓赤玉土とバーク堆肥、緩効性肥料を混ぜ合わせます。
img_9344

みんなで混ぜればあっという間!植物が喜ぶ土が完成しました。
部屋に戻って早速植え込みの作業に移ります。

↓親子で協力して植え込みます。
img_9350
↓植物は優しく取り出して…
img_9352
↓隙間なく土を入れていきます。どれどれ?先生のサポートもあってみんな上出来です。
img_9355
最後にピックをあしらって…とっても素敵に完成しました。

↓ワイルドストロベリーとチャイブ、フォックスリータイムの寄せ植えです。
img_9360
↓公園でも1つ育てていきます。
img_9388
上手に管理して、愛情たっぷりに育ててあげてくださいね☆

イベント報告 | 更新日:2017.03.06

防災フェスタが開催されました!

2月12日、目白台運動公園では、年に1度の「防災フェスタ」が開催されました。

園内では起震車や煙体験ハウスを始めとする様々な防災体験を行いました。

防災フェスタでは、公園の近隣町会の皆様と協力して創り上げています。
今年も小石川消防署、文京区防災課の方々のご協力もいただきながら、打ち合わせを重ねて当日を迎えることができました。

実際の災害時に大切なのは、自助(自分で自分の命を守ること)・共助(家族や地域コミュニティで互いに助け合うこと)と言われています。防災フェスタでは、自助に役立つ体験や知識を手に入れることと、町会や家族単位でイベントに参加することで、地域の皆さんが共助についての意識を高めることができる機会を作ることを目指しています。

↓公園入口の受付。たくさんの方で賑わっています。
dscf6640
dscf6667

↓多くの方が並ぶ起震車と煙体験ハウス。
dsc_1808
img_9036
↓起震車は何度乗っても慣れません。物に掴まっても立っていられないほどの震度7の揺れを体験します。
img_9121

今年度は新しい試みとして、小さい子供も参加できる「防災忍者」を開催しました。
5つの防災体験を忍者の修行に見立てて、クリアしていきます。

↓まずは「忍者走りの術」。ダンボールキャタピラーを使って、火災の時に低い姿勢で前進することを体験します。
dsc_1750
↓こちらは「動物変化の術」。地震・火災・津波の時の初期行動を、動物のポーズに当てはめて覚えます。
dsc_1772
↓「紙折りの術」では、災害時に利用できる紙食器を作成しました。
dsc_1636
dsc_1783
↓「縄縛りの術」では、親子で避難時にはぐれないためのロープワークを学びます。
dsc_1807
↓最後は「秘伝巻物作り」。忍者の巻物を模したパーソナルカードを作成します。実用面では、小さくて携帯しやすいものを改めてつくるのもいいですね。
dsc_1653
dsc_1658
↓各修行をクリアすると、シールがもらえます。みんなたくさんの修行をクリアできたかな?
dsc_1666

さて、防災フェスタ中盤では、人気の豚汁の炊き出しがふるまわれました。この豚汁は、園内のかまどベンチで温めています。普段はベンチとして使用でき、非常時は座面を取り外すことでかまどに変身するという防災機能です。

↓炊き出しには長蛇の列。
dscf6742
dsc_1864

↓かまどベンチで火を起こしています。
dsc_1896

豚汁で体が温まったら、防災体験も後半戦です。

↓AEDの使い方をおさらい。大塚警察の方々による防災展示もありました。
dsc_1834
↓多目的広場では消火器訓練・放水体験・大声測定などを実施しました。
img_9070
dsc_1706
dsc_1701
↓こちらは模擬消火栓を使用したスタンドパイプの取付講習。いざと言うとき使い方が分からないでは困ってしましますよね。
img_9055
↓毎年恒例の防災クイズも行われました。大人用は意外に難しいので、防災知識を高めるのには最適!
img_9072
まだ全部はご紹介出来ていませんが、盛りだくさんの内容でイベントを行うことができました。

備えあれば憂いなし。日頃の準備と、地域の協力体制の強化に役立てていただけたら嬉しいです。

イベント報告 | 更新日:2017.02.15

凧あげで科学を学ぼうが開催されました!

風通しの良い公園は本当に毎日寒いです。

外に出るのが億劫になってしまいそうな冬の日、目白台運動公園では毎年恒例の凧あげ作りのイベントが開催されました。
凧が飛ぶ仕組みを学びながら、実際に自分で凧を作り、公園の広場で飛ばして遊びます。

↓先生から、扇風機を使って凧が飛ぶ仕組みについてお話しがありました。
img_8660
↓鳥型のかっこいい凧。これはまだ開発途中とか…
img_8670

今日みんなでつくる凧はビニール製。まずはマジックでお名前と好きな絵を描いていきます。
どれも個性溢れる素敵なデザインになりました。

↓お絵かきタイム。
img_8672
↓大きくて元気な絵!空に上がっても見えるかな?
img_8676

絵が書けたら、竹ひごをつけて、糸としっぽを取り付けて…あっという間に完成です!

↓うまくできているか先生にチェックしてもらいます。
img_8680

さぁ、凧ができたらお待ちかねの外遊びタイム!
広場で実際に飛ばしてみます。

↓飛んだ飛んだ!
img_8685
img_8700
img_8706

毎年思いますが、この講座で作る凧は本当に良く飛ぶんです。先生曰く、ビニールのカッティングに秘訣があるのだそう。
お父さんお母さんも高く飛ぶ凧に嬉しそうでした。
この日は風も強すぎず、凧遊びには絶好のチャンス。子ども達は寒さに負けず元気に走り回ります。
いっぱい遊んで心も体も大満足のイベントとなりました。

↓最後はみんなで記念写真をパシャリ!
img_8713

近頃じゃ安心して凧を飛ばせる場所も少なくなっているよう。
皆さんも公園の広場で冬の風物詩「凧あげ」をぜひ楽しんでみてください。





イベント報告 | 更新日:2017.01.13

「Jリーガー&なでしこ選手がやって来る サッカークリニック」が開催されました!

年が明けての最初の開園日、目白台運動公園にはJリーガーとなでしこ選手がサッカークリニック開催のために
来園してくれました。
サッカー好きな子ども達にはこの上ない初蹴りのチャンスです。
多目的広場はサッカーウエアの子ども達でいっぱい!冬の寒さもへっちゃらです。

この日のサッカークリニックは、都立向丘高校の監督中村先生の指導の下、同校サッカー部員の皆さんと
現役のプロ選手が子ども達のサポートをしてくれます。

まずはウォーミングアップ。コーンを立ててボールの扱い方に慣れるところからスタートします。

↓足先をうまく使って…ボールをコントロールできたかな?
dscf1612

ウォーミングアップの後は、低学年と高学年チームに分かれてミニゲームを行いました。
Jリーガーやなでしこ選手も交じってプレイ。プロ選手と一緒にゲームができるなんてめったに無いチャンスです。

↓大人数でなでしこ選手に挑戦!
dscf1619
↓高校生のお兄さんもサポートしてくれています。
dscf1620

全体でのゲームも行い、みんなで思いっきりサッカーを楽しみました。

↓最後はプロ選手と集合写真をパチリ!いい思い出になったかな?
dscf1631
dscf1629
新年からたくさん走り回った子ども達。
憧れのJリーガーやなでしこ選手と会えたことで、運動がもっと好きになるきっかけになったら嬉しいですね。

イベント報告 | 更新日:2017.01.13

クリスマスリースをつくろうが開催されました!

クリスマスイブまであと1週間と迫った12月17日、公園ではクリスマスリース作りのイベントが開催されました。

今年は紙皿をベースに、紙ナプキンで作った花を付けていくリースに挑戦。
親子で楽しめるように、身近な材料でかわいく仕上げられるものを考えました。
公園のリース作りでは、園内の花壇で収穫した花のドライフラワーや、自分で摘んだ生葉のハーブなどを使用します。
そこで、子ども達にはリースの飾りを分けてくれた植物にお礼の意味を込めて、花壇のお手入れ作業を手伝ってもらってから
工作に移りました。

今回子ども達に行ってもらうお手入れ作業は、花壇の「マルチング」。花壇の地表に堆肥をまんべんなく蒔くことで、
土の保温・保湿などを行うための大切な作業です。

↓マルチングを行う子ども達。集中して頑張ってくれています。
img_8458
img_8457

花壇のお手入れが終わったら、リースの飾りにするラベンダーの葉を摘み取り、部屋に戻って工作スタートです。

↓ラベンダーの葉は自分で摘み取り。どれにしようかな?
img_8471

リースには、紙ナプキンで作った花を付けていきます。紅白のお花紙で作ったことがある人が多いのではないでしょうか?
紙ナプキンを小さく切り、1人13個ずつお花を作ります。

↓みんなで黙々とお花を作成中。
img_8511
↓絵の具で染めた色つきの紙ナプキンも用意しました。
img_8513
↓2つの色を重ねてお花を作る人も。
img_8521

お花をボンドで付けたら、後はドライフラワーとラベンダーをくっつけるだけ!今回はセンニチコウの赤いお花のドライフラワーを用意しました。ラベンダーはボンドではくっつきにくいので、グル―ガンでペタリ。

↓グル―ガンでラベンダーをくっつけます。
img_8538
みんなお気に入りができたかな?
img_8542

リースを飾る理由の1つには、新年に「幸福を呼び込む」といった意味合いがあるそうです。みんなのお家に素敵なクリスマスが訪れますように…。

イベント報告 | 更新日:2016.12.21

ネイチャーキッズが開催されました!

9月から連続で開催された、「目白台運動公園 ネイチャーキッズ」が11/27に、全3回の講座を終えました。

ネイチャーキッズは目白台運動公園ではお馴染みの講座。親子で公園の身近な自然と触れ合うことで、
子ども達の豊かな感性を育みます。今回は、パパやママに自然遊びを行う際のポイントをレクチャーする時間を設け、
3回の講座を通じて季節の移り変わりを感じながら、親子での自然遊びを楽しみました。

1回目は9月。まだ暑さも残る中での講座では、自然遊びの具体的なやり方や、子ども達への声掛けの方法などの基礎的な
部分をレッスン。普段何気なく通り過ぎている公園も、子ども達にとっては新しい発見に満ち溢れています。
改めてじっくりと子ども達の興味に向き合ってみると、色々な発見があったのではないでしょうか?

↓パパとママは子ども達の興味を引くものを一緒に楽しみます。
img_7584
img_7575

2回目の10月には、自然遊びの際の安全について、注意した方が良い生物や、パパやママの立ち位置などを学びます。
自然が多く残る公園には、蜂やムカデ、キノコなど、注意をした方が良い生き物がいるのも事実。自然と楽しく触れ合うには、
注意するべきものを正しく知っておくのが大切ですね。

↓2回目は公園全体を使って様々な形を見つけます。
img_8023
img_8024

最終回では身近な自然の知識についての講義。11月の公園は様々な形の落ち葉がたくさんあるので、落ち葉を使った遊び方を体験してみました。

↓子どものための落ち葉遊び。パパとママも体験してみます。意外と難しいかも…
img_8264

何気ない近所の公園の自然でも、子ども達は五感をフルに使って遊びます。
その時の驚きや喜びや集中の表情を笑顔で見つめるパパやママが印象的でした。
普段は仕事に家事に忙しいパパやママが、子ども達とじっくり向き合って遊ぶことで、ちょっと癒されたり、
自然遊びが好きになったり、普段の子育てに何かプラスの発見があったなら嬉しいです。

イベント報告 | 更新日:2016.12.04
ページの先頭へ戻る