新たなスタート

秋葉原の某アイドルグループのメンバーが次々と卒業していくなか、
目白庭園のアイドルもついに卒業の時期を迎えました。

昨日まで6羽全員揃っていた子ガモ達。今朝よりとうとう5羽になりました。


いたずらばかりするので、「早く飛んで行きなさい!」なんて声を掛ける
こともありましたが、いざとなると寂しいのが親心・・・義親心?

たまには里帰りして元気な姿を見せてね。
特に目印を付けているわけではないので、ココで産まれた子かどうか
見分けはつかないのですが・・・。

ともあれ、立派な成鳥になるんだよ~!

※画像には親ガモも含まれています


庭園を訪れる動物 | 更新日:2013.07.17

シンクロナイズドスイミング~!

ある日園内の池では・・・。


『いち・に・さん』


『にい・に・さん』


『さん・に・さん』

久しぶりにブログに登場した子ガモ達による、
まるでシンクロナイズドスイミングのような光景が(笑)

恐らく池底に何らかの生き物がいて、子ガモ達が気になっているのだと
思いますが、少し潜って、息つぎしてまた潜るのを何度も繰り返しています。

水面からのぞくお尻と、パタパタ動く足を見ていると、何だか笑ってしまいます^^


昨年以前にもこのような光景は何度も目撃しているのですが、
なぜか不思議なことに親ガモはやらないようなのです。

好奇心旺盛な子ガモ達ですが、見た目はすっかり大人に成長。


『もう可愛いなんて言わせないよ~。』


飛行訓練も始まっています。
今月中に巣立つ子は現れるかな?

訓練中の様子を写真におさめることが出来れば、是非またUPしたいと思いますが、
この暑さで長時間池に張りつくのは、ちょっと辛い・・・。

皆様も熱中症には十分お気をつけ下さい。

庭園を訪れる動物 | 更新日:2013.07.11

イベント報告 七夕キャンドルホルダーつくり

6月30日(日)にキャンドルホルダーを作るイベントを行いました。



赤・青・黄・白の4色の絵の具を混ぜ合わせてそれぞれ好みを色を作り、
空き瓶の内側に塗って作りました。
たった4色の絵の具でいろいろな色が出来上がるのがとっても面白いですね。
塗り方も丁寧に指で点々と色を置きながら塗ったり、大胆に塗ったりと
それぞれ個性が出てとてもステキなキャンドルホルダーが出来上がりました。

東京の夜空は、街の灯りが明るすぎて天の川など小さい星が見えにくくなっています。
これを光害と言い、星を見てにくくするだけでなく、夜行性の動物や人間にも
いい影響がありません。
生活に必要な灯りってどのくらいかな、みんなで考えながらキャンドルホルダーを作りました。



七夕の夜は、オリジナルのキャンドルホルダーに入ったろうそうくに灯りをつけて、
過ごしてみてくださいね。


イベント報告 | 更新日:2013.07.04

キノコがにょきにょき

昨日から降り続いた雨も上がり、気持ちの良い朝。

園内を巡回していると、昨日までは目立たず、特に気づかなかった
ある物がにょきにょき。


そこにも・・・


あそこにも・・・


ここにも・・・


そう。キノコなんです。


ジメジメしたこの時期の日陰は居心地が良いのでしょう。
様々な形をした、複数の種類のキノコが生えてきました。

可食種なのかどうか見分けの難しいものもあると聞きます。
遊びに来てくれた子ども達が誤って口に入れてしまったら大変!
ということで、スタッフ2名で手分けをして園内をぐるりと回り、
ひとつひとつ採っていくことに。

そして本日の収穫の一部がこちら!


美味しそうに見えますか?
元々キノコ嫌いな筆者にとっては、気分の悪くなる画像です・・・。


これからも皆様が安全に庭園散策をして頂けるよう、頑張ります!!

園内の様子 | 更新日:2013.06.27

オカメザサの新芽がにょきにょき

一雨ごとに雑草があっという間に伸びる時期になりました。
庭園のスタッフも頑張って雑草抜きをしているのですが、なかなか追いつきません。

長屋門を入って目の前にオカメザサがあります。背が高くなりすぎないように、
新芽を摘まんで高さを保っています。この摘む作業が作業が大好きなスタッフがいます。
写真の通りいつもちょいちょい摘まんでいます。



おかげでこの場所はいつも綺麗なのですが、先日2,3日お休みをしました。
すると、オカメザサもやるもんで、この隙にといわんばかりに、にょきにょき伸びてしまいました。


オカメザサのたくましさはすごいですね。

なので、今日は、例のスタッフとぷちぷち新芽摘みをしました。
なかなかこの作業はクセになるようで、一緒に手伝ってくれた子供達もお昼を忘れて、
もくもくと摘んでいました。


おかげでこんなにきれいになりました。

オカメザサは、笹という名前が付いていますが、竹の仲間なんですよ。
梢がすぐに剥がれるのは竹の特徴です。
だから新芽を摘むときスポッと抜けるのですね。


園内の様子 | 更新日:2013.06.25

☆イベントのご紹介☆

目白庭園で開催される、6月・7月のイベントをご紹介します。

■七夕キャンドルホルダー作り■


ホルダーとなるビンの内側に、アクリル絵の具を指を使って
大胆に色付けしていきます。
グラデーションの美しいキャンドルホルダーがどなたでも簡単に作れますよ。

子どもだけでなく、大人も気軽に楽しめるイベントです。

参加費も300円とお手頃な価格で赤鳥庵に入ることができます♪
お散歩の休憩にいかがですか?

<開催日時>
平成25年6月30日(日) 13:30 ~ 15:00
<参加費>
300円


→詳細はこちら←


***************************************************************************

■第24回赤鳥寄席■


目白庭園の大人気イベント!
桂文治師匠による落語会を七夕に開催いたします。

たっぷり2時間半の盛りだくさんな内容となっており、
文治師匠直々に噺の解説を行って下さることも!!
(時間は進捗状況により若干変動することがございます)

落語を観覧されたことのない方もお気軽にご参加下さい。

※事前申込み制のため、定員(100名)に達し次第締め切らせて頂きます。
※和室のため、座布団席となります。

<開催日時>
平成25年7月7日(日) 14:00 ~ 約2時間半程度
<参加費>
1,000円


→詳細はこちら←


現在夏休みに向けた子ども達のイベントを企画中!
詳細が決まり次第、HPにてお知らせいたします。


イベントのお知らせ | 更新日:2013.06.20

大きくなったね。

前回の子ガモ情報から約10日間・・・。

子ガモ達は今・・・。


『でーん。』

こんなに大きくなっちゃいました。

3週間位前にご紹介したカモ団子の時と同じ岩でくつろいでいるのですが、
写真を見比べると成長具合がよくわかりますね。

<3週間前>



ここで問題。お母さんガモはどれでしょう~???

正解は、左から2番目でした^^


雛毛も随分生え変わってきましたね。


真ん中の、のび~ってしてる子にご注目。
見づらいのですが、翼を少し広げているのがわかります。

まだまだ小さな翼です。飛行訓練はもう少し先かな~。

庭園を訪れる動物 | 更新日:2013.06.19

初夏の花、綺麗です!

梅雨の真っ只中。
室内から外に出ると、蒸しっとした空気にげんなりしてしまいますね。

目白庭園の園内も、雨上がりなどは特にムシムシしますが、
滝の音、池の間を抜ける風、その風になびく笹の葉・・・などなど、
ひとときの涼感じさせてくれますよ♪

そして初夏の花が美しく咲いております。

■クチナシ■

芝生広場のクチナシは八重咲きで、毎年蕾がたっぷり。
花は雨が降るとすぐに痛んでしまうのですが、
まだこれから咲いてくれそうな蕾がたくさんあります。
近くを歩けば、甘い香りに誘われてしまいますよ^^


■ビヨウヤナギ■

鮮やかな黄色の花が満開です!
園内のいたるところで楽しむことができます。


■ヒメシャラ■

新緑の葉っぱから小ぶりな花が見え隠れ。
控えめな咲き方が、日本庭園にマッチしているな~。
と勝手に思っています。



雨上がりの園内は、植物好きな方にはおススメなんです!
一層鮮やかに見えるので・・・、ムシムシ覚悟で是非お越し下さいね(笑)

花情報 | 更新日:2013.06.18

親子でお散歩♪

園内に人が少ない時間帯、
池からあがり、園路をお散歩するカルガモ親子に
遭遇することがあります!


お母さんガモの後ろに付いて、ヨチヨチ歩く姿は
なんとも可愛らしいです。


子ガモ達は現在、翼が進化中!
やわらかい雛毛の中から、立派な翼が生えてきました!


とはいえ、翼はまだとても小さくて、広げても「バサバサ!」といった
迫力はなく、「パタパタ。」といった感じです。


雛達が池に登場してから約1ヶ月。
着実に大人の階段を昇っています!

庭園を訪れる動物 | 更新日:2013.06.08

ガクアジサイが開花しました。

目白庭園には、ガクアジサイが1株あります。



普段、雨は嫌だなぁと思ってしまうのですが、この時期は、
しっとりと雨に濡れたアジサイの姿を見たくて、雨が降らないかなぁと思ってしまいます。

こんなにいいお天気が続きますと、梅雨ならではの風情を見せる前に
大事な1本のガクアジサイが終わってしまわないか心配です。



ガクアジサイは両性花(完全花)と装飾花(不完全花、中性花)の
2種で構成されています。
中央の小さい星形のものが集まっている部分が、
両性花といい生殖能力のあるいわば花の本体で、雄しべと雌しべを持ちます。

周りの大きな花びらのようなもの(実は、これは萼で中央の丸い点が花)を装飾花と言います。
これは、雄しべや雌しべが退化しており、実を結ぶことは、ありません。

アジサイは、装飾花だけで構成されているまん丸の大きなものもありますし、
株によって色や形がいろいろ違いのある見比べるととっても楽しい花です。
庭園のアジサイと他の公園のアジサイは何が違うかなと観察し、
お気に入りを見つけてみるのも面白そうですね。

花情報 | 更新日:2013.06.06
ページの先頭へ戻る