竹柵を青竹で作り変えました!

庭園の古くなった竹柵を、作り変えました。青竹は、みずみずしく気持ちがいいですね!




このさわやかな竹の青は、時を経るに従って薄緑から薄茶、茶色へと変化して行きます。
金属製の柵に比べて寿命は短いですが、朽ちてきたらまた組み直せばまた青々とした姿を蘇らすことが出来ます。
完成したら終わりではなく、継続して手入れしていくという日本の美意識を感じます。

園内の様子 | 更新日:2015.02.25

今月の盆石 2月

「山ノ端の日の出」


製作:石州流 

海の向こうの山のからでる、日の出の景です。
手前の砂がきらきらと、明るい希望が輝いているような作品です。

写真では、きらきらが伝わっていないのが残念…
ぜひ、実物をご覧ください。
盆石は、赤鳥庵内に展示しています。
ご興味があるかたは、遠慮なくぜひ見にいらしてください。

園内の様子 | 更新日:2015.02.07

雪で薄化粧しました。

1月30日(金)は朝から雪模様。
目白庭園も今冬初冠雪です。

六角浮き見堂の屋根も真っ白。

雪吊りの効果はいかがかな?

午後からは雪も雨に変わり、お客様の歩行路はしっかり確保されています。

皆さまのご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2015.01.31

今月の盆石 1月

「曙光」


製作:石州流 

雪山に新年の太陽の光があたり、赤く輝いている景です。
新年にふさわしいおめでたい作品です。

盆石は、赤鳥庵内に展示しています。
ご興味があるかたは、ぜひ見にいらしてください。

園内の様子 | 更新日:2014.12.27

今月の盆石 12月

「冬の海」


製作:石州流 

盆石は、赤鳥庵内に展示しています。
ご興味があるかたは、ぜひ見にいらしてください。

園内の様子 | 更新日:2014.12.25

雪吊りが完成しました。

紅葉の葉っぱはすっかり落ち、葉がついている木も残り数本…
秋が終わり冬を迎える準備が整いました。庭園の装いはすっかり冬です。


園内の様子 | 更新日:2014.12.06

池清掃が終了しました。

池の水をすべて排水し、約二日間かけて高圧水流で池底を洗浄し
きれいになったところで給水開始。

底石が透けて見えます。

六角浮き見堂の土台がまだ半分見える水位です。

水が溜まりカルキを抜いて、鯉を池に戻します。

水槽から戻り、ゆうゆうと泳いぐ鯉たちです。

清掃期間中は、臨時休園・立ち入り制限等ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
秋の深まりとともに、ますます美しくなる目白庭園!
皆様のお越しをお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2014.10.22

池の清掃を実施します。

目白庭園が秋の装いを迎える前に、池の清掃を実施します。
平成26年10月14日(火)~10月18日(土)


先ずは鯉の仮住まいの水槽を設置。

池の水を徐々に抜きます。

めったに見られない池の中から撮影した写真です。

鯉たちのお引越し。

酸素を水槽に送っています。

すっかり排水されました。

高圧水流で藻を清掃します。

清掃期間は5日間です。
期間中は庭園の入場不可(14日定休日、15・16日臨時休園日)や、
立ち入り区域が制限されることがございます。
皆様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、
ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

園内の様子 | 更新日:2014.10.15

10月中旬の園内の様子です

池のほとりのニシキギが少し赤く色付きました。
(撮影10月10日)

紅葉の美しさを錦に例えてその名がついたそうです。
(撮影10月10日)

秋本番を前に準備に入ったかのようですね。

こちらは六角浮き見堂の前で拾ったどんぐりです。
(撮影10月10日)

長屋門に置いてありますのでお持ち帰りください。

園内の様子 | 更新日:2014.10.11

今月の盆石 10月

「湖上の秋」


製作:石州流 

遠くの山がほんのりと赤く色づきました。秋の風を感じる風景です。

盆石は、赤鳥庵内に展示しています。
ご興味があるかたは、遠慮なくぜひ見にいらしてください。

園内の様子 | 更新日:2014.09.30
ページの先頭へ戻る