紅葉が見ごろを迎えています。

11月下旬になり、紅葉が見ごろとなりました。



とても綺麗です。

赤鳥庵からの眺めは

また格別です。

赤鳥庵を除いて園内は、9時から17時まで無料でご覧いただけます。

なお、12月2日までのライトアップ期間中は入園料200円で、
17時半から21時まで(最終入園20時半)開園いたします。

また、ライトアップ期間中に赤鳥庵にご入館いただけるイベントもございますので
イベント情報をご覧いただくか、お問い合わせください。

一年のうちでも今、目白庭園は最もきれいな季節を迎えました。

(撮影:すべて11月27日)

昼と夜の異なる美しさをご覧にぜひお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.11.30

11月下旬の園内の様子です。

11月も下旬になりました。

園内では恒例の
「【秋の庭園ライトアップ】11月23日(金・祝)~12月2日(日)」の
準備が進められています。
主役の木々の様子は…

赤や

黄色が

次第に増えてきました。
今からとても楽しみです。
(撮影:すべて11月18日)

もう一つのお楽しみは、今年の5月から11月までにご応募いただいた
【目白庭園フォトコンテスト】の55点の作品の展示と投票です。


ご来園いただいた皆様の投票で、グランプリが決定いたします。
赤鳥庵下の池の前に展示してありますので、ご来園の際はお気に入りの作品に
一票投じてください。

目白庭園は今、秋の装いをまといつつあります。
夜間ライトアップの前に、日中の美しさもご覧にぜひお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.11.18

色づく園内です。

恒例の【秋の庭園ライトアップ】(11月23日~12月2日)まで
あと1か月を切りました。

園内は次第に色づき始めました。


木によっては

とても目立つ赤です。

赤鳥庵の中から六角浮き見堂を見てみましょう。

先端から少しずつ色の変化が進んでいるようです。

ススキも「おいでおいで」とお招きしています。

(撮影:すべて10月28日)

次第に深まる秋。木々の紅葉の移り変わりをご覧にお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.10.30

ホトトギス三景です。

目白庭園でご覧いただける山野草のホトトギスをご紹介します。

こちらはジョウロウホトトギスです。

釣り鐘状の黄色い花です。

内側に赤紫の斑点があります。


白さが際立つシロホトトギスです。

こちらは上向きに咲きます。

黄色い斑点がアクセントです。

以前もご紹介したタイワンホトトギスです。

淡い紫色に紅紫の斑点があります。


撮影:すべて10月14日

色々なお花の見比べも楽しめます。
ぜひ目白庭園に足をお運びください。

園内の様子 | 更新日:2018.10.20

10月中旬の園内の様子です。

10月も中旬になり、園内も次第に秋めいてきました。

以前一輪だけご紹介したシュウメイギクですが

たくさん咲いています。

秋といえば実りの季節です。
こちらはカリンです。黄色いおおきな楕円形です。

こちらも以前ご紹介した柿です。

比べてみるとかなり色づきましたね。


今年も11月末から12月初旬にライトアップを予定していますが



今から楽しみな目白のお庭です。
撮影:10月12日

秋を探しにぜひ目白庭園にお越しください。
ご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2018.10.13

秋分を迎えた園内の様子です。

猛暑の夏も過ぎ去り、いよいよ秋の到来です。
お彼岸に合わせるようにヒガンバナが咲いています。

背高いシュウメイギクも数輪開きました。

中央が黄色いこの時期(秋明菊)のお花です。

こちらも中央が黄色いのですが

周囲が薄紫色のシオンです。
素敵な色合いです。

園内には柿もあります。

次第に色づくのが楽しみですね。
(撮影:すべて9月23日)

皆様のご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2018.09.27

園内が秋めいてきました。

9月も中旬となりました。
街中では半袖の方が次第に少なくなってきたでしょうか。

園内も秋模様です。

こちらはミヤギノハギです。

萩という字は草冠に秋と書きますね。
植物も自分の季節を心得ているようです。

紫の花を咲かせているのはタイワンホトトギスです。

この時期の園内を彩る山野草です。
長屋門の入り口を入るとすぐに目につきます。

サルスベリもまだ見頃が続きます。


お出かけやすい気候となりました。
皆様のご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2018.09.22

サルスベリが見頃です。

8月も下旬になりました。
異常な夏の暑さも立秋を過ぎ、そろそろおさまってくるのでしょうか。

img_2912
園内では今サルスベリが見頃を迎えています。
木肌がつるつるしていることから、猿も滑るといった名前の由来も。
img_2915
また、長い間花を楽しめることから百日紅とも表記します。
img_2914
撮影:すべて8月24日

今頃から秋にかけて薄紅のお花を咲かせますので、
ぜひご覧にお越しください。

園内の様子 | 更新日:2018.08.25

夏のお花のご紹介です。

今年は気温が40度を超える地域があったり、
台風が東から西に向かうなど異常な気候となっています。
暑さに負けず咲いている庭園のお花をご紹介します。

こちらはヒオウギです。
img_2865
葉は長く扇状に広がっています。
img_2867
オレンジ色が夏の暑さを象徴しているかのようです。

こちらはレンゲショウマです。
img_2868
4cmほどの薄紫色の花が涼やかです。
img_2872

長屋門を入ってすぐ目に入るのがカワラナデシコです。
img_2876
細い茎の先に花を咲かせます。
img_2875
あまりに可愛いので、「撫でし子」から命名されたという説もあります。

もう8月です。
緑、池、滝流れが少しは暑さを忘れさせてくれますよ。
img_2884

撮影:すべて7月30日

皆様のご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2018.08.02

ユリが咲きました。

関東地方では例年になく6月に梅雨が明け、長い夏が始まりました。
7月の到来を待っていたかのように2種のユリが咲きました。

こちらはヤマユリです。
img_2666
花弁が外に広がり、直径20cmほどの大きさになります。
img_2667
その優雅な姿から「ユリの王様」と呼ばれています。

こちらも大型のユリ「オニユリ」です。
img_2668
ヤマユリと違い花弁がオレンジ色です。
img_2669
暗紫色の斑点が特徴です。

撮影:すべて7月3日

緑が多く、滝から池に流れる水などで少しは涼を感じられる園内です。
皆様のご来園をお待ちいたしております。

園内の様子 | 更新日:2018.07.05
ページの先頭へ戻る