イベント報告 第29回赤鳥寄席(4/11)

今回で29回目を迎えました!


桂文治師匠とファンの皆様のおかげでこんなに長く続けてこられました。ありがとうございます。


そして、すっかりおなじみの春風亭昇々さん。昇々さんのために、立ち見でもいいと、熱心なファンの
方もいらっしゃいます。さすがです!!


今回は、最後に出囃子教室もありました。
この落語家さんにはこの出囃子と、解説も付けてくださいました。
落語家さんは、裏では太鼓をたたいているとは、知りませんでした。
裏話も聞け、いつもより豪華な会となりました。

さて、記念すべき第30回!!は、夕方の開催です。
8月1日(土)18:00からを予定しています。
詳細が決まり次第、HP等でご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。



イベント報告 | 更新日:2015.04.15

イベント報告 赤鳥コンサートチェロと癒しの調べ~夜桜(4/5)

コンサートが続いています。
こちらは夜にしっとりと大人ための癒しコンサートです。


シダレザクラをライトアップしたお庭を背景に、チェロとクレセントか奏でる癒しの音楽にうっとり…


<Crescent クレセント>
前回のコンサートで山崎さんが作ってくださるとおっしゃっていました目白庭園のテーマ曲「華 ~hana」を、
初お披露目していただきました。
目白庭園に流れるやさしいおだやかなイメージによく似合う素敵な曲です。こんな素敵な曲を作っていただき感動です。


<チェロ:河村治>
チェロの音色は、やはり素敵ですね。
ゆったりとした空間に、すっかり癒されました。

イベント報告 | 更新日:2015.04.15

イベント報告 フルート四重奏で楽しむ春のクラシックコンサート(4/4)

目白通りのフルートオカリナ教室のタニテックから4名の演奏家をお呼びしました。
赤ちゃんから楽しめる演奏会には、たくさんの親子が参加してくれました。


演奏者から「子どもたちの演奏途中のはしゃぎ声や鳴き声は、すべて声援」という言葉や、
「泣いても笑ってもお互い様」という温かい言葉にみなさん、一安心…
曲の途中で踊り出す子どもいたりと、とても和やかなコンサートとなりました。


赤鳥庵の名前の由来は、鈴木三重吉が子供のための文学雑誌「赤い鳥」から来ています。
三重吉は、子ども達の本物の文学を与えたい、子ども達の純正なこころを育てたいと
考えていました。その意思を受け、私たちもこどもたちのために!と、
たくさんの素敵なコンサートを用意して待っています。

次回の開催は7月を予定しています♪
詳細は、決まり次第HPでお知らせいたします。しばらくお待ちください。

イベント報告 | 更新日:2015.04.15

イベント報告「赤い小鳥ちゃんたちへ~横木富美江のぴよぴよ絵本広場」

今年最後の絵本広場が終了しました。
みんないい子でお座りして熱心に読み聞かせに耳を傾けてくれてありがとうございました。



今回は、サプライズで素敵な企画を用意してくれました。
細長い風船から、あっという間に可愛いくまさんが完成し、こどもの大人もびっくりな嬉しいプレゼントになりました。


絵本広場は、赤鳥庵の名前の由来となった、鈴木三重吉が創刊した日本で最初の児童文学雑誌「赤い鳥」の
思いを受け、子供たちの純粋な心を育てたいと考え、毎月素敵なお話を子どもたちに届けています。
毎月第3木曜日の11時から開催しています。
次回は1月15日(木)です。ぜひお越しください。

イベント報告 | 更新日:2014.12.18

イベント報告「夏休みイベント」②

夏休み期間中いろいろ子供向けイベントを開催していましたが、
すっかりアップが遅れおります…
一気にご紹介いたします。こんなことしてましたーまだまだあります。

7月29日 「親子で盆石体験♪砂と石で風景を描いてみよう」
赤鳥庵内に毎月、盆石を製作して頂いている石州流の家元浅井濤子先生と、大澤恵美子先生を
お呼びして、盆石を体験を行いました。
盆石とは、砂と石を使ってお盆の上に風景を描く日本の伝統芸術で、床の間などに飾るものです。


家元に直接指導して頂ける機会は、めったにないのでこれはかなり貴重な体験です!

お盆と向き合い、黙々と作業を行います。

立派な盆石が完成しました!

砂と石は、貼り付けていないので風が吹くと壊れてしまう繊細さに、日本のわびさびを感じます。

毎月、季節の盆石を赤鳥庵内で展示ししています。
1つのお盆の上で、はかない・繊細な自然や力強い自然の風景が描かれています。
ご興味があるかたは、ぜひ窓口にお声掛け下さい。

イベント報告 | 更新日:2014.09.08

イベント報告「夏休みイベント」①

夏休み期間中いろいろ子供向けイベントを開催していましたが、
すっかりアップが遅れおります…
一気にご紹介いたします。こんなことしてましたー

7月21日 「くるくる回す円盤アニメーション作り」
豊島区には、漫画家を志す若者の聖地といわれる「トキワ荘」がありました。
そんなつながりから、オリジナルアニメをつくるイベントを開催しました。
アニメーションの原理を学んだあとは、オリジナルのくるくるアニメを作ってみました。
おにぎりがコロコロ転がるアニメやスイカをパクパク食べて笑顔いっぱいになるアニメなど
面白い作品が次々出来上がりました。


赤鳥庵からは偉大なアニメーターが誕生するかな♪


8月8日 「第3回こども茶道体験」
すっかり定番のこども茶道教室は、第1回目から欠かさず参加してくれる子もいます。
お友達のために、互いにお茶を点てあいました。


おいしくいただいてもらえるように、上手に茶せんを動かしています。
お茶を点ててみてどうでしたか?とみんなに聞いてみたら、
「楽しかった!!」と明快な返事が返ってきました。
点てたお茶の向こうに、おいしいと喜んでくれる笑顔が、こども達にはちゃんと見えていたのだと思います。
年中行事をはじめとする日本文化や挨拶の大切さ、お互いを思いやる心など、茶道はいろいろ教えてくれます。
これからも茶道を通し、子ども達になにか感じてもらえればいいなと思っています。


イベント報告 | 更新日:2014.09.07

イベント報告「プリザーブドフラワー教室」

8月27日(水) 夏色のさわやかなプリザーブドフラワーのアレンジメントを作りました。

夏休みだったので、小学校1年生もお母さんと挑戦してくれました。
バランスも形もばっちりなアレンジメントが完成しました。


どこに飾ってくれたのかな♪

次回の開催は、11月5日(水)10時から
本物のヒバと、赤いシックなリボンを使った大人の女性のために
クリスマスリースを作ります。

イベント報告 | 更新日:2014.09.06

5月のイベント報告② 『第3回落語に親しむ会 こども寄席』

ゴールデンウィークに、もう一つ子供たちに日本文化体験をしてもらいました。
こどものための落語会です。

金原亭龍馬師匠をお呼びし、まずは、「ふとんがふっとんだ」のような短いダジャレからスタート。


慣れたところで、ちょっと長めの噺を一つ。
落ちに気付いてないかな…?最後の落ちを師匠自ら解説してしまうという、普段の目白庭園では考えられない落語会です。
子供たちは、説明を聞いて、「そういうことかー!」と納得ししてから大笑い。大人たちもそんなかわいい子供たちの姿を見て大笑いしていました。


子供たちには、慣れない落語は難しいかな…と不安でしたが、「おーい、八っつぁんよー」などと、よく通る声で話し始めると、
みんはは一瞬で江戸時代にタイムスリップ。そしてぐいぐいとその世界に引き込まれていくのがわかります。
落語は、想像でその話の中に飛び込みます。テレビやゲームのように視覚から入っていくことが多い今の時代に、笑って想像力を鍛えられて…落語ってすごい!!

イベント報告 | 更新日:2014.06.07

5月のイベント報告① 『第2回こども茶道体験』

まずは、「真・行・草」のお辞儀とお茶とお菓子のいただき方をお勉強しました。

先生が一つ一つ道具を清め、お客様のためにお茶を点て、お客様は感謝していただくという一連の流れを説明しながらみんなに見てもらいました。

美しい日本文化の動きや、挨拶の大切さ、お互いを思いやる心などの茶道の良さが伝わったかな?
みんな、きちんと正座して聞いています。


茶道の心学んだところで、お友達のためにお茶を点ててみました。

子供たちは、「抹茶がおいしかった!」だけではなく「日本の伝統文化を体験でき、これからもっと日本の良さを知りたい」と、
日本文化に興味を持ってくれた様子です。
みんなにお茶の楽しさが伝わってよかったと感激するとともに、伝統を次の世代に伝えることの重さを感じました。



イベント報告 | 更新日:2014.06.07

イベント報告 「4月21日(月) 押し花教室」

着物の形をしたの和紙に、着物をデザインするように押し花をのせていきます。


大胆な物や、繊細なお花の使い方をしたものなど、思い思いの着物のデザインが完成しました。


完成した後は、お茶を一服しながらどんな思いで作ったかみなさんの前で新作着物発表会!?をしました。
こんなデザインの着物が実際にあったら素敵ですねー


みなさんの作品です。

お花を使ってあれこれ考えることは、心にも頭にも気持ちのいい事だそうです。
今回の講師は、写真にちょこっと写っているピンクのエプロンの方々です。NPP法人東京フラワーセラピー研究会(東京地区)に
所属しており、お花を使ったいろいろなボランティア活動などをしています。
お花と関わりながら社会貢献をする素敵な活動です。ご興味がある方はぜひ調べてみてください。

イベント報告 | 更新日:2014.04.22
ページの先頭へ戻る