のんびりサロンが開催されました。

目白庭園の不定期イベント「のんびりサロン」
6月28日に開催されました。
img_0313
普段はご予約いただかないと入室できない赤鳥庵の和室で
のんびりくつろいでいただく催しです。
img_0311
撮影:6月28日

池に面した和室でゆっくり、すてきなひとときをお過ごしいただきました。
この日は八女茶かブレンドコーヒーをお選びいただきました。

次回は7月13日(木)13時からを予定しております。

お知らせ | 更新日:2017.07.03

「バレンタインアレンジメント」が開催されました。

バレンタインデーが4日後に近づいた2月10日、「バレンタインアレンジメント」が開催されました。
img_8847

テーマは【大切な方へ思いを込めて】です。

バラやカーネーションなどのお花を使います。
img_8857

2枚の小皿にオアシスをはさみ、カットしたお花をアレンジしていきます。
img_8861

お一人ずつの思いが、独自のかたちに仕上がっていきます。
img_8855

そしてチョコレートを添えて、完成です。
img_8878

img_8877


img_8879

皆さんの思いが大切な方に届きますように!
img_8880

イベント報告 | 更新日:2017.02.12

12/20 ハーブ教室 イベント報告

161220 ハーブ教室

12月20日(火)
maka 樫田 幸枝さん
http://makaherb.tumblr.com)
ハーブ教室のイベントが行われました。

今回、庭園スタッフの伊原
参加させていただきました!
というわけで、さっそくハーブ教室体験レポートです!


午前は…
161220 ハーブ教室

お部屋に入ると
ふわっといい香りが…!

03

たくさんのハーブがお出迎え。

04

フレッシュハーブの
アロマディフューザー!
たちまち室内はいい香りに。

05

ヒノキとスギの違いって??
お客さんの質問にmakaさんが解説。
実は赤鳥庵の玄関前にも
ヒノキとスギが生えているんです、、!

06

それぞれのハーブの効果、効能についての解説。
それぞれの香りを確認して
つぎはいよいよ、オリジナルのブレンドを作ります。

07

どのハーブをどれくらいブレンドするか、、
自分だけのオリジナルティー!
迷ってしまいますね!

08

ちょっと息抜きに
セルフサービスのハーブティー。
こちらはmakaさんのオリジナルブレンド。
ほかほか、体の芯から温まります。

09

10

オリジナルティー完成!
それぞれ個性がでますね。


午後は…
161220 ハーブ教室

ハーブの精油を使って
オリジナルのマッサージオイルを作ります。

12

精油は植物がもつ効能を凝縮したもの。
西洋では、お薬として使われているのです。
使用する上での注意点などの説明。
とはいえ、今回使用するものは
間違えて使うと危ないほど強いものではないのでご安心を。

13

精油の香りをチェック!
どれをどれくらいブレンドしようか、、
いよいよ、自分好みのオイルを作ってゆきます。

14

オイルが完成したら
次は、ハンドマッサージ!
makaさんにご伝授いただきます。

15

最後に二人一組で
マッサージ!
自分でするのも気持ちいいけれど
人にしてもらうのも最高!
いい香りに包まれて
すっかり癒されたのでした。



余談…

目白庭園には
十三重の塔の脇に
カリンの木があります。

今年も立派な実をつけていたのですが
makaさんがスロップ漬けをつくってくれました!

16

なんと、ブレンドハーブ入り。
これは美味しくなるはずだ!!!!

17

18

床の間に置かれるカリン、、笑
ありがたさ倍増なのでした。

もしかすると、次回のハーブ教室にて
みなさんで試飲できるかもしれません!!!
わくわく。


とてもたのしい1日でした!

お越し下さったみなさん
ありがとうございました。

また、次回もぜひいらしてください。

イベント報告 | 更新日:2016.12.22

7/22 親子で浴衣を着よう!これなら自分で着付けできる!イベント報告

7/22(金)倉田靖子先生(財団法人民族衣装文化普及協会)をお呼びし、浴衣の着付け体験教室を行いました。

「綺麗に着る」方法を丁寧にレッスンしました。
着た時に皺がよってしまったり、中心がずれてしまったりするとせっかくの柄が台無しになってしまいますもんね。

IMG_7474
IMG_7478

皆さん、綺麗に着ることができました。涼しげですね~
IMG_7480

帯の締め方もいろいろあります。やはり仕上げの帯で雰囲気が決まりますね。
IMG_7481
やっぱり和装っていいですよね~!
日本の民族衣装を、さっと着て街に繰り出せるようになるとかっこいいですね。

イベント報告 | 更新日:2016.07.23

8月のイベント報告

夏休み期間中、目白庭園では様々な催しを行っていました。
まとめてご報告します。

□第30回赤鳥寄席 8/1(土)
記念すべき30回目は、初めての夜に開催しました。
いつも通り大笑いが外まで響く盛り上がりでした。(次回からは、通常通り日中の開催となります。)

□赤鳥コンサート「チェロと癒しの調べ」 8/2(日)
河村治さん(チェロ)とクレセント(ピアノとギター)の優しい音楽にすっかり穏やかな気持ちになりました。
クレセントは目白庭園をイメージした「華」という曲を作曲して下さったのです。
池の上を流れる風のような優しい曲です。いつかCDになるといいな♪
次回は秋の庭園ライトアップで演奏決定しました。イベント情報をご覧ください。



□子ども茶道体験 8/9(日)
日本の伝統文化、茶道を体験していただきました。
保護者の方へ心を込めてお茶を点てています。

夏休みに、気軽に茶道を体験しに来ていただき、日本の伝統や「おもてなし」の心を感じていただければ嬉しいです。


イベント報告 | 更新日:2015.09.05

イベント報告 5/6第4回こども茶道体験

5月6日(水・祝)に開催しました。

今回で4回目の茶道体験は、毎回参加してくれる子どもも増えてきましたので、
「お茶碗の扱い方」についてお話しました。

お茶をいただくとき、ぐるぐるお茶碗を廻すのって不思議ですよね?
お茶碗には正面があります。お茶を点てる人は、お客様にお茶碗のいちばんきれいな部分が見えるようにお出しします。
お客様は出されたお茶碗のいちばんきれいな部分をちょっとずらして飲んでいるのです。
茶道には日本人特有の細やかな心遣いが満載ですね。

みんなもうまく手の上でちょっと廻してから飲んでいます。

お友達のために心を込めて、抹茶を点ててみました。
お茶を出す時は、もちろんいちばんきれいな面を向けてあげていますよ。


次回の開催は、8月9日(日)です。
夏休みに、ぜひ日本の伝統文化・茶道を体験してみませんか?
茶道を通じて、あいさつの大切さ、相手を思いやる心を感じてください。

イベント報告 | 更新日:2015.06.15

イベント報告「赤い小鳥ちゃんたちへ・・・横木富美江のぴよぴよ絵本ひろば」

毎月第3木曜日にお楽しみいただいている「横木富美江のぴよぴよ絵本ひろば」が
今月も21日に開催されました。


未就学児と保護者、読み聞かせに興味のある方々にご参加いただきました。


みんなで身振り手振りで楽しそうですね。
6月は18日の11時からの開催になります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

イベント報告 | 更新日:2015.05.24

イベント報告 第29回赤鳥寄席(4/11)

今回で29回目を迎えました!


桂文治師匠とファンの皆様のおかげでこんなに長く続けてこられました。ありがとうございます。


そして、すっかりおなじみの春風亭昇々さん。昇々さんのために、立ち見でもいいと、熱心なファンの
方もいらっしゃいます。さすがです!!


今回は、最後に出囃子教室もありました。
この落語家さんにはこの出囃子と、解説も付けてくださいました。
落語家さんは、裏では太鼓をたたいているとは、知りませんでした。
裏話も聞け、いつもより豪華な会となりました。

さて、記念すべき第30回!!は、夕方の開催です。
8月1日(土)18:00からを予定しています。
詳細が決まり次第、HP等でご案内いたしますので、もうしばらくお待ちください。



イベント報告 | 更新日:2015.04.15

イベント報告 赤鳥コンサートチェロと癒しの調べ~夜桜(4/5)

コンサートが続いています。
こちらは夜にしっとりと大人ための癒しコンサートです。


シダレザクラをライトアップしたお庭を背景に、チェロとクレセントか奏でる癒しの音楽にうっとり…


<Crescent クレセント>
前回のコンサートで山崎さんが作ってくださるとおっしゃっていました目白庭園のテーマ曲「華 ~hana」を、
初お披露目していただきました。
目白庭園に流れるやさしいおだやかなイメージによく似合う素敵な曲です。こんな素敵な曲を作っていただき感動です。


<チェロ:河村治>
チェロの音色は、やはり素敵ですね。
ゆったりとした空間に、すっかり癒されました。

イベント報告 | 更新日:2015.04.15

イベント報告 フルート四重奏で楽しむ春のクラシックコンサート(4/4)

目白通りのフルートオカリナ教室のタニテックから4名の演奏家をお呼びしました。
赤ちゃんから楽しめる演奏会には、たくさんの親子が参加してくれました。


演奏者から「子どもたちの演奏途中のはしゃぎ声や鳴き声は、すべて声援」という言葉や、
「泣いても笑ってもお互い様」という温かい言葉にみなさん、一安心…
曲の途中で踊り出す子どもいたりと、とても和やかなコンサートとなりました。


赤鳥庵の名前の由来は、鈴木三重吉が子供のための文学雑誌「赤い鳥」から来ています。
三重吉は、子ども達の本物の文学を与えたい、子ども達の純正なこころを育てたいと
考えていました。その意思を受け、私たちもこどもたちのために!と、
たくさんの素敵なコンサートを用意して待っています。

次回の開催は7月を予定しています♪
詳細は、決まり次第HPでお知らせいたします。しばらくお待ちください。

イベント報告 | 更新日:2015.04.15
ページの先頭へ戻る