見浜園に桂垣(かつらがき)が完成しました!

みなさまこんにちは!
新しい元号が発表されましたね。新しい元号は「令和(れいわ)」
日本最古の和歌集、万葉集の梅の花の歌より三十二首の序文から引用したものだそうです。
世の中にも新しい風が吹くのでしょうか。


そんななか見浜園に新しい垣根が完成しました!

こちらは「桂垣(かつらがき)」お茶室の松籟亭の周りを囲っています。
使っている竹は京都より取り寄せた「さらし竹」です。職人さんが手間隙かけて加工をしたものだそうです。
見浜園にお越しの際はぜひご覧ください。

ではまた次の投稿まで!

※見浜園内は現在修繕工事を行っている場所がございます。
詳しくはこちら。

お知らせ | 更新日:2019.04.01
ページの先頭へ戻る