草津市立草津川跡地公園 ai彩ひろば(区間2)・de愛ひろば(区間5)

草津川跡地公園について

公園概要

草津市内を東西に流れていた旧草津川は、まちよりも高い位置を流れる「天井川」としてかつて全国的にも有名でした。川としての役割を終えた今、全長約7kmにわたる「緑軸」となる公園として整備され、草津市の新しいスポット・公園として生まれ変わります。琵琶湖からJR東海道新幹線までを6つの区間にわけ、区間2から区間5までの各区間には「草津川跡地利用基本計画(平成24年10月策定)」に基づき設定されたテーマをもとに整備がされています。
この全6区間のうち、今回平成29年4月1日に【区間2】と【区間5】が開園しました。

多くの人々が集う場所として

草津川跡地公園のうち、メロン街道から浜街道までの約1.2kmが「ai彩ひろば(区間2)」、JR琵琶湖線から市道大路16号線までの約0.8kmが「de愛ひろば(区間5)」となっています。
草津川跡地公園の緑軸を、これからの草津市のまちづくりの基軸として捉え、多くの市民でにぎわう公園を目指し、さまざまな市民活動団体や民間事業者等、多様な主体によるにぎわいを創出していきます。また、公園を利用する多様な団体で組織する「草津川跡地公園管理運営会議」や下記の3つの部会を定期的に開催することによって、公園を利用する市民や団体の方からの声を公園運営に反映していくことでスパイラルアップを図り、常に市民ニーズに対応した公園づくりを目指します。

草津川跡地整備事業とは

草津川跡地は、平成14年に旧草津川が廃川となり、生まれた広大な空間です。草津市では、草津川跡地をまちづくりの資源として活用しようと、平成23年5月に草津川跡地利用に関する「基本構想」、平成24年10月には「基本計画」を策定して、草津川跡地の整備を進めてきました。整備後の草津川跡地には、多くの人が訪れ、利用いただくことによって、にぎわいとうるおいが創出される空間づくりを行っています。
草津川跡地整備事業に関する基本計画や整備工事の概要などは、草津市のホームページをご覧ください。

所在地
草津川跡地公園 ai彩ひろば(区間2)
にぎわい活動棟(案内所・管理事務所)
〒525-0061 滋賀県草津市北山田町3268番地1
TEL 077-568-2941 FAX 077-568-2949(受付時間 9:00~17:00 月曜・年末年始を除く)

草津川跡地公園 de愛ひろば(区間5)
にぎわい活動棟(案内所・管理事務所)
〒525-0032 滋賀県草津市大路2丁目4番11号
TEL 077-562-5010 FAX 077-562-5092(受付時間 9:00~17:00 火曜・年末年始を除く)
開園時間
24時間(終日開放)
運営(指定管理者)
草津川跡地公園パートナーズ(指定管理者)
・代表企業:西武造園株式会社
・構成員:日本観光開発株式会社
ページの先頭へ戻る